記事履歴

 
 
【Vol.774】温故知新「秋ジャズ特集」 / サックス纐纈歩美 ライブ音源紹介 / ドラマー石若駿 新宿PIT INNへご招待 / akikoイベント今週開催! / Bob Jamesサイン入りブックレットプレゼント
  • 発行日 2018-10-11
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2018年10月11日 Vol.774
こんにちはJJazz.Netです。

今年はBOSSA NOVAが誕生して60周年だそうで。1959年のジョアン・ジルベルトの「Chega de saudade」が基点となっているそうです。ボサノヴァのNovaはポルトガル語で「新しい」、Bossaは「隆起、こぶ」を意味するそうで、当時の音楽の流れの中ではかなり洗練された新しい感覚のサンバ。若者を夢中にさせました。かのカエターノ・ヴェローゾはこの当時18歳。この新しい音楽、ボサノヴァを耳にして人生が変わったとも彼は告白しているそうです。その後1964年にブラジルは軍事政権が誕生し、カエターノ・ヴェローゾやジルベルト・ジルなどはトロピカリア・ムーブメントに突入。国内では優雅な歌詞や曲調は鳴りを潜めて体制批判と闘争のブラジリアンロックに流れも変化。BOSSA NOVAは国外へ・・・アメリカヨーロッパへと広がって行きます。

このあたりはJJazz.Netで連載していた林伸次さんによる『The Textbook Of Bossa Nova』を辿っていくと、より当時の時代背景やターニングポイントを知れて大変勉強になります。改めて今読み返して見ても本当に素晴らしいテキスト(林さんの知識量半端ない!)。まだ見れますので興味のある方は是非、お気に入りに入れておきましょう。

そしてそんなタイミングで来週発売されるのが、纐纈歩美さんの8thアルバム『O PATO』。デビュー30周年にあたる小野リサさんがこのタイミングで初のプロデュースを手がけたこのアルバム。上記の時代背景の流れを感じつつ東洋へも受け継がれてきたBOSSA NOVAの60周年をじっくり味わうのには最高の1枚です。今回の「Jazz Today」では、そんな纐纈さんの先月行われた温故知新ライブイベントの模様を紹介中。ウェストコーストの雰囲気がじっくりと味わえてしまうかなり贅沢なライブです。是非チェックを。

さて、今週はいよいよ12日金曜日にakiko「ジャズを詠む」のスペシャルイベントが開催。そして13日土曜日には『和 Meets JAZZ』が開催。ということで、JJazzスタッフも準備でわらわらしております。『和 Meets JAZZ』ではJJazz.Netも収録をやったりブースを出したりします。どちらのイベントもJJazz.Netオリジナルグッズの販売も予定しているので、来られる方は是非チェックして下さいね。

TEXT: 弘島憲

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「温故知新 神無月 - AUTUMN JAZZ-」
10月10日 update
世代を超え愛されてきたヴィンテージジャズ。ジャズ・スタンダード・ナンバーの数々をお送りします。今回は秋を彩る楽曲を特集。「Autumn Leaves」「AUTUMN IN NEW YORK」「I Remember April」など、色づく季節に映える珠玉のジャズスタンダードナンバーをお送りします。年月をかけ受け継がれる音の響き・・・そんな深みを楽しむ贅沢な時間をお過ごし下さい。
新番組 「JazzToday - 纐纈歩美 LIVE」
10月10日 update
進化するジャズの姿を、リアルに体験する、Jazz Today。拡張し混在するジャズのイメージをとらえるライブシリーズです。今回は、Jazz.Netの番組「温故知新」初のリアルイベントの模様をお送りします。今も受け継がれ愛されるスタンダードナンバーを個性的なジャズミュージシャンたちがどう表現するのか?そんなジャズの醍醐味を現代進行形でとらえたい、という思いからスタートしたこのイベント。今回はその第一回目としてフィーチャーした、アルトサックス奏者、纐纈歩美のライブをお送りします。
新番組 「JAZZY MONSTERS powered by CASIO CT-X」
10月11日 update
2018年3月-4月にJJazz.NetにてON AIRし多くの反響を呼んだ、当番組を2018楽器フェアCASIOブースCT-Xステージにて再演決定!
現代JAZZシーンでモンスター級の実力を誇るキーボーディスト、3名がJAZZ界の偉人達が残した素晴らしいマスターピースを紹介。そしてスペシャルセッションではその名曲達を現代的解釈で弾いてしまうというスペシャルなTALK & SESSIONプログラム。
※この番組は再放送となります。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
新宿PIT INNへリスナーご招待! [PRESENT]
新宿PIT INNへリスナーご招待!
東京のリアルなライブが楽しめるJAZZの老舗「新宿ピットイン」へ、JJazzリスナーのみなさまをご招待する「Pit Inn Live Invitation」。今回は「石若 駿3DAYS」の最終日へご招待です!
トピック [NEWS]
「akiko「ジャズを詠む」スペシャルイベント10/12(金)@HOCUS POCUS(東京・永田町)が決定!」
JJazz.Netの番組「ジャズを詠む」のスペシャルイベントを東京・永田町のドーナッツショップ、HOCUS POCUSで行います。開放的な空間でドーナッツ片手に観覧できるライブイベント。番組の世界を是非体感してください。
トピック [NEWS]
『和 Meets JAZZ』2018年10月13日(土)に増上寺にて開催!
日本が誇る和文化と、世界共通語であるジャズが融合した上質な空間を五感で"体感""体験"できるアートフェスティバル、『和 Meets JAZZ』2018が今年も行われます。昨年に続き我々JJazz.Netも会場のBGMなど担当します。また今年はJJazz.Net「TOKYO JAZZ MAP」のナビゲーター、Jamesも司会として参加!ジャズをキーワードに和文化を体感できるこのイベント。会場も東京タワー近くの増上寺ということでロケーションも最高なので是非お越しください。

またPeatixサイトにて事前割引のチケットを販売しています。
トピック [NEWS]
「Kids meet Jazz! @iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ 10/14(日)開催!」
プロデューサー、ゴンザレス鈴木さんが手がける親子参加型のファミリーコンサート「Kids meet Jazz!」が初めてiTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズで開催されます。出演はマヤ・ハッチさんや塩田哲嗣さんといったプロのジャズミュージシャン!ディズニーやジブリの名曲を演奏します。当日はタップダンスや英語のレッスンなども交えて行われるということでお子さんのコンサートデビューに最適のイベントです。
[NEWS]
Barbara Morrison GINZA Jazz and Blues Festival
今なお精力的に活動を続け衰えること知らない伝説のジャズ - ブルース・シンガー、バーバラ・モリソンの来日公演が決定!LAで活躍中の日本人ギタリスト大岡遊をバンドリーダーに、LAでのセッションそのままにお届け。また東京とマニラで活躍する女性ジャズ・ヴォーカリスト、Charitoをゲストシンガーに迎えスペシャルなステージでお送りします。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらう新コンテンツ。今回は気鋭のジャズギタリスト、井上銘さんの「My First Jazz」。
プレゼント [PRESENT]
Bob Jamesサイン入りブックレットを抽選で3名様にプレゼント!
須永辰緒がナビゲートする番組「夜ジャズ.Net」からプレゼント。今回のゲスト、フォープレイとしても知られるグラミー受賞ミュージシャン、Bob Jamesサイン入りブックレットを抽選で3名様にプレゼント。
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Autumn Leaves / Nicki Parrott』
歌う女性ベーシスト、ニッキ・パロット。JJazz.Netの番組でもよく紹介していますが、スタンダードをよく取り上げているのと、哀愁をそそるヴォーカルはいわゆるジャズ然としていて、ジャズを聴き始めるには最適なミュージシャンだなと改めて思いました。このアルバムは秋の名曲がたくさん収録されています。ちなみに歌う女性ベーシストといえばエスペランサ・スポルディング。10/19発売のアルバムに合わせ、彼女のfacebookでは10/7よりその収録曲が1曲ずつ公開されています。今回もかなり期待できます!それにしても全曲MVがあるっていうのもすごい。
「温故知新」でO.A.中
CD 『I Remember April / Billy Wooten And Richard "Groove" Holmes』
ビブラフォン奏者Billy Wootenとオルガン奏者Richard Groove Holmesの2人を中心としたセッションアルバム。音質は少々荒いんですがソウルフルで熱い演奏をたっぷりと楽しむ事が出来る内容です。リチャード・グルーブ・ホルムズの攻めてるプレイが印象的。オルガンの音色もエフェクティブで面白いことになっています。「I Remember April」四月の恋の思い出があるから、寂しい秋の日も生きていける・・・歌詞に込められた内容とある意味対照的なこの演奏。思い出へのやけっぱちな感じが滲み出てるようで、痛快な感じにも聴こえてきます。
「温故知新」でO.A.中
CD 『Come Fall / Ellen Doty』
女性シンガーソングライター、Ellen Dotyによる、本国カナダでセンセーショナルな反響を呼んだアルバム。まず声がとても良く、儚さと憂いを含んだ声質は唯一無二の魅力を放っていて、繊細な表現の中に静かな情熱が垣間見えます。もともとは大編成だったものの、スタジオに残っていたピアニストとドラマーだけで演奏してみたら求めていたサウンドだったという、そんなミニマルな編成で淡々としたサウンドに彼女の歌声が一層浮かび上がります。今後ノラ・ジョーンズのような存在になり得るシンガー。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Kira Sings Billie Holiday / Kira Skov』
ビリー・ホリデイという巨人に挑む強い眼差し。潔い構図が気高さを表すこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「温故知新」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved