記事履歴

 
 
【Vol.781】JAZZ新譜番組「PICK UP」更新 / インタビュー:酒井尚子 / 新宿PIT INNへご招待→「佐藤浩一trio + TRIOLA」ライブ
  • 発行日 2018-12-06
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2018年12月06日 Vol.781
こんにちはJJazz.Netです。
今年も12月になりましたね、もう3週間後にはクリスマスも終わって年末の年越し準備をしてる季節!?なんて思うとぞっとしますね。子供がクリスマスにゲームが欲しいということになり、それなら何か目標を達成できたらいいよということで、サッカーのリフティングが100回できたら買ってあげる。ということになりました。が、いろいろ見てたら自分もマリオ・オデッセイというゲームをやりたくなり「お父さんもリフティング50回できるようになったら買っていいよ」という謎の展開になっています。

年末に向けてジャズのライブも各所で盛り上がる季節。そんな中「新宿 PIT INN」の恒例スケジュールの安定感。今年もやってくる「菊地成孔 3DAYS」「大友良英4DAYS(昼夜全8公演)」「大晦日のALL NIGHT CONCERT 2018〜2019」そして年明けの「森山威男 4DAYS」と、毎年こんな素晴らしい企画を立てるPIT INNは本当に素晴らしいジャズスポットだなと改めて思います。そんな今週は「Altered States 3デイズ」やっています。 これも見応えある面子です。そして、JJazz.Netで更新中の"Pit Inn Live Invitation"は、12/13の「佐藤浩一trio + TRIOLA」の応募を受付中。こちらは〆切り迫っていますので行ってみたい!という方は是非。メンバーは佐藤浩一(P)千葉広樹(B)山本達久(Ds)須原杏(Vln)波多野敦子(Vla)という超個性派揃い。

さて、今回は新譜紹介番組「PICK UP」が更新。インタビューでお会いしたシンガーソングライター酒井尚子さん。その歌声の心地よさ、声量の素晴らしさたるや。どんな方なんだろうと思っていたのですが、意外にもルーツはHIPHOPなんだそう。スチャダラパーが大好きで、彼らがRUN DMCとBEASTIE BOYSをおススメしていたので、そこからのめりこんで行った・・・という同世代感にいきなり親近感を覚えました(笑)しかもヒューマンビートボックス(?) もできるらしく、今後はラッパーやビートメイカーともコラボしてみたいとも。どんな作品が生まれるのか楽しみです。番組では兵庫でのボーカルレッスンをうけた学生時代から、NY時代の話など伺っています。こちらもぜひチェックして下さい。

TEXT:弘島憲

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「PICK UP - DECEMBER」
12月5日 update
今、注目の音楽をたっぷりご紹介する大人気プログラム。今回は、デビュー作をリリースする実力派シンガーソングライター酒井尚子のインタビューをお届けします。その他、カナダモントリオールを舞台にしたコンセプト作をリリースしたElizabeth Shepherd、イスラエルのジャズ、ビートミュージックシーンで活躍するミュージシャンで結成したTimeGrove、石若駿が提示するポップスプロジェクト"Songbook"シリーズの最新作、ロサンゼルス生まれの日本人キーボード奏者Moki Kawaguchi、ピアニスト外山安樹子の10周年記念作、ステファン・グラッペリの伝説のセッションなど今月も良質かつ注目の作品をたっぷりお届けします。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
新宿PIT INNへリスナーご招待! [PRESENT]
新宿PIT INNへリスナーご招待!
東京のリアルなライブが楽しめるJAZZの老舗「新宿ピットイン」へJJazzリスナーをご招待する「Pit Inn Live Invitation」。今回は『佐藤浩一trio + TRIOLA』のライブ公演へ1組2名様をご招待します。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらう新コンテンツ。今回は若手ピアニスト、栗林すみれさんの「My First Jazz」。
トピック [NEWS]
J-Squad JAPANツアー決定!
ニューヨーク・ジャズ界の最前線で活躍する若手日本人ミュージシャンで結成されたスペシャル・ユニットJ-Squadが、2018年10月に待望の2ndアルバム「J-SquadⅡ」をリリースし、1年半ぶりとなる全国ツアーが決定。 テレビ朝日系「報道ステーション」のオープニング・テーマも担当している彼らの白熱のライヴ・パフォーマンス。とにかく多忙な精鋭が集まるこのユニット、お近くにお越しの際は是非!
トピック [NEWS]
『バスキア、10代最後のとき』12月22日(土)より全国順次公開
ジャン=ミシェル・バスキア没後30年記念製作ドキュメンタリー映画『バスキア、10代最後のとき』が12月22日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA ほかで全国順次公開。 マイルス・デイヴィスやチャーリー・パーカーに親近感を覚えるなどJAZZ好きだったバスキア。NY70年代後半~80年代前半にかけての経済、音楽、アートシーンが濃く描かれ、いかにしてバスキアが有名になっていったかを描いたこの作品。いろんな側面から楽しめそうです。この機会に是非劇場でお楽しみください。
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Depths Of Madness / Lionmilk』
またまた注目の才能が登場。Moki Kawaguchiのプロジェクト、LIONMILK(ライオンミルク)。LA生まれ、NYのニュースクールでジャズピアノを学んだという、まだ20代半ばの日本人マルチミュージシャン。ビートメイクのセンスやジャズ的なattitudeからは、LAのStones throwや日本のorigami PRODUCTIONのような印象も受けます。興味を持ったのはそんなサウンドやビートメイカーとしてだけでなくシンガーとしての側面もあること。宅録的なソウルフルな質感が好みなだけにかなりツボ。とにかく今後も注目しています。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『The Light / 酒井尚子』
ジャズとR&Bが織り成す心地よいメロウネス。グレッチェン・パーラトやベッカ・スティーブンスら、現代ジャズボーカルをリリースしてきたコアポートからリリースされる初の日本人ジャズボーカリスト。その同一線上に並べても何ら違和感ないこのクオリティの高さに驚きです。石若駿が4曲にドラム・鍵盤等songbookスタイルで参加。NYニュースクール時代からの友人、黒田卓也がゲストで参加した「月の花」はイントロから持って行かれるスローバラード。リズム&ブルースと日本的な情緒が交錯する静かなレクイエム。心に沁みいります。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『ジャズ・グラッペリ〜ボストン・スウィング / Stephane Grappelli』
ジャズ・ヴァイオリニストの第一人者として、長年に渡って晩年まで第一線で活躍したステファン・グラッペリ。85歳を迎えた彼のために集ったジャズ・ジャイアンツによる伝説のセッション、つまり"幻の逸品"を高音質で楽しめる一枚です。ケニー・バレル、バッキー・ピザレリ、ロン・カーター、グラディ・テイトという奇跡のようなオールスターが奏でたスタンダードナンバーを収録。時に優雅に時に軽妙に、一期一会の会話を楽しむ巨匠たちが、時を超えてすぐそこにいるようです。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『More Than One Thing / Time Grove』
握られた手の先にはふくれ顔女子が風船となって浮いているメッセージ性を秘めたこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「PICK UP」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved