記事履歴

 
 
【Vol.792】「TOKYO JAZZ MAP」ゲストは精神科医でもあるシンガーMay OKita / 「Jazz Clock - for the NIGHT」更新
  • 発行日 2019-02-28
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2019年02月28日 Vol.792
こんにちはJJazz.Netです。

最近の僕はみんなで杉の木を倒しにいきたい気分です(笑)。
さて、先日だらだらとスマホをみていたら「#音楽は稼げるのか」というハッシュタグの生配信があり、これが意外と?興味深かったです。CDが売れなくなった今どうサバイブしていくのか?ストリーミング配信はどうなのか?など、要は「音楽ビジネス」をテーマに音楽業界の方々が「朝まで生テレビ」スタイルで議論するという内容。

「初の売り上げ逆転、音楽ストリーミングがダウンロードを抜く」というニュースが最近話題になりましたが確かに音楽の届け方、作り方、稼ぎ方が今劇的に変わってきていますよね。いろんな意見が飛び交う中で面白かったのはITや異業種の方が発した「小さくても熱狂的なファンを作る」、「稼ごうとしないで、何をしたいかが大切」という意見。
YouTuberやクラウドファンディングなどはまさに個人の小さな熱が人の心を捉え感情移入してそのコミュニティが盛り上がっていくという連鎖。ビジネスに寄せるのではなく、何が好きか?何をやりたいか、もっといえば生き様みたいなものが、アーティストやメディア問わず音楽シーンでもこれから大切になってくるのかなと感じました。

そういう意味では、更新したばかりの番組「TOKYO JAZZ MAP」のゲスト、May Okitaさんにも同じことがいえそうです。彼女は精神科医でもあるシンガー。LAで生活していた時、ジャズを歌うコミュニティーが充実していて日本でもそういうのがあったらいいのに!ということで「Jazz Vocal Alliance Japan」という団体を設立。まさに一人の熱い想いが連鎖したからこそ。

また最近僕がコアだけど面白い!と思ったのがDIWレーベルの”好き”を厳選したDIWコンピ『Disk In the World Compiled by Jun Numata』。これは日本のアンダーグラウンド・シーンを支え続ける老舗レーベル”doubt music”の代表、(DIW元社員の)沼田順さんがアヴァンギャルドでフリーな印象の強いDIWレーベルから自身の好きな曲だけを集めた異色のコンピレーション。沼田さんならではの曲解説が最高で、「リリースされたときに聴いてスタッフ皆で爆笑した」というデヴィッド・S・ウェアの「枯葉」。や「リーダー=チャーリー・ヘイデン。アレンジ=カーラ・ブレイ。オレのために作ってくれたのか!」という「CHARLIE HADEN LIBERATION MUSIC ORCHESTRA / Spiritual」などが収録されています。

“誰からも評価されない音楽を「好きだ」と言える自らの感覚の判断をもっと信じましょう。”という沼田さんの言葉、金言です。

今週も新しい番組が更新されています。JJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「TOKYO JAZZ MAP#32 - May Okita」
2月27日 update
この番組は、世界に日本のジャズの魅力を発信。今回のゲストは、精神科医、ジャズコミュニティーの代表と様々な顔をもつジャズシンガー、May Okitaさん。LAでJosh Nelsonと共にデビュー作をリリース。様々な顔を持つ彼女に迫ったインタビューです。今回紹介するジャズスポットは1976年創業、東京・高田馬場のジャズ喫茶「マイルストーン」。
新番組 「JAZZ CLOCK - for the NIGHT#88」
2月27日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。自分を取り戻す時間をあなたに。夜に映えるジャズセレクションです。
山本玲子スクウェア・ピラミッド、Sara Gazarek、Kan Sano・・・。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
トピック [NEWS]
「夜ジャズミーティング @ exite cafe」の動画がexcite ismで公開!
須永辰緒ナビゲートの番組「夜ジャズ.Net」の年末年始恒例企画「夜ジャズミーティング」の動画が公開されました。exciteの協力でexcite cafeで収録。松浦俊夫さん、原 雅明さんと共に2018年のベストディスクを紹介しています。収録風景はどんなだったのか、是非動画でもお楽しみください。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらう新コンテンツ。今回はジャズギタリスト小沼ようすけさん の「My First Jazz」。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『NEXT / Kevin McHugh NARIIKI big band』
東京のフリー・ジャズやノイズ・ミュージック・シーンでも活動するミュージシャン達からなる実験的音楽集団 “NARIIK(なりイキ)” によるbig band作品です。中心メンバーは、ケビン・マキュー、吉田隆一、安藤暁彦、松村拓海など、個性ありまくりの面々。もちろん全体的にアヴァン。曲によってはエフェクトやパーカッションばりばりで混沌としていてもおかしくないのに洗練されているのがこのbig bandの魅力。東京のジャズってどういう感じ?って外国人に問われたらこのアルバムを紹介したいかも。
「TOKYO JAZZ MAP」でO.A.中
CD 『Liquid Saloon / Liquid Saloon』
イスラエルの注目レーベルが送るアフロ・ジャズバンドLIQUID SALOONのアルバムがringsから登場。バターリング・トリオのリジョイサーやNYでも活躍するピアニスト、ニタイ・ハーシュコビッツも参加ということで前々から気になっていた作品。「Gueta」はアフロなリズム&ギターとジャジーなホーンアンサンブルにニタイ・ハーシュコビッツのスペーシーなシンセサイザーがフィーチャリングされる新鮮な1曲。程よく気の抜けたサイケでアフロなサウンドが今の気分にぴったり。 おススメの1枚です。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『Distant Storm / Sara Gazarek』
伝統とモダンをコーティングできる唯一無二のシンガー、サラ・ガザレクの最新作。単独オリジナルアルバムとしては7年ぶりの今作は、長年のプロダクション・チームを一新し、シカゴ、LA系ミュージシャンを新たに起用した意欲的な一枚です。サム・スミス、ビョーク、スティーヴィー・ワンダー、ニック・ドレイクなどのナンバーが混在した内容。そしてラリー・ゴールディングスとの共作、ブラッド・メルドーとの共作なども収録され、これまでのアルバムとは明らかに違う風を感じます。パートナーとの別離や身内の交通事故など私生活での変化があったようで、公私ともに新しい環境に身を置いた中での新作です。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『Reiko Yamamoto The Square Pyramid / 山本玲子スクウェア・ピラミッド』
暗がりに浮かぶ透明なピラミッドのグラデーションがなんとも美しいこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「TOKYO JAZZ MAP」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved