記事履歴

 
 
【Vol.823】須永辰緒「夜ジャズ.Net」ゲストはジャイルス・ピーターソン / 「Jazz Clock - for the DAY」更新 / TAMAXILLE@新宿PIT INNご招待
  • 発行日 2019-10-17
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2019年10月17日 Vol.823
こんにちはJJazz.Netです。

列島に大きな爪痕を残した大型台風のあと、東京は一気に冷え込み始めましたね。
今週一気に衣替えが始まった感じですが、まだまだ暑いだろうと決め込んでTシャツで出かけたところ街はすっかり秋模様になっていてすっかり季節に乗り遅れた気恥ずかしい感じ、あれに名前をつけてください(笑)。

さて先週末はその台風の影響で各地で予定されていた音楽イベントが軒並み中止に。ジャズ関連でも「横濱 JAZZ PROMENADE 2019」は開催中止、「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン」も初日、2日目と中止に。13日の関東圏のジャズクラブはほぼクローズだったのではないでしょうか?

今週更新した番組「夜ジャズ.Net」のゲスト、ジャイルス・ピーターソンも台風の影響をもろに受けた一人。来日の大きな目的だった「朝霧JAM」、そして「渋谷CONTACT」でのイベントが中止に。またちょうどこのタイミングで観戦予定だったラグビーW杯「イングランドーフランス戦」も中止。自然災害ということで仕方ないですが、それらを楽しみにしていた我々も本当に残念です。

ですが台風が過ぎた後、ジャイルスは急遽イベントに出演したり、モントルー・ジャズフェスで再結成ライブを行う予定だったファイヴ・コーナーズ・クインテットは他の場所で急遽ギグを行ったりとイベント中止をうけてのサプライズは色々あったようです。

そんな台風での対応が迫られる中、ジャズではないのですがSNSを賑わしたのが『SHIBUYA全感覚祭』。(このイベントのことはJJazzスタッフのH氏から教えてもらった。ありがとー。)ジャズやJJazz.Netと文脈が違うので詳細は割愛しますが、千葉で開催予定だったイベントが台風で中止になり、急遽代わりに渋谷のクラブやライブ会場一帯で実施することに。スタートはなんと深夜0時(!!)、入場料もフードも自由料金の投げ銭制(!!)。当日ライブ会場に入れなかった人は数千人とも言われ、とにかくSNSの盛り上がりがすごかったです。主催者であるGEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポー氏の言動含め、新しい時代のうねりを強烈に感じました。なんのこっちゃかもしれませんが、自分の中でも気づきがあったまさしく嵐の週末でした。

そういえば昔、菊地成孔さんが音楽を手がけた『大停電の夜に』という映画がありましたが、大型台風の夜に、きっとひとそれぞれののストーリーがあったことでしょうね。ちなみに台風の翌日、ジャズドラマーの石若駿さんと会ったのですが、台風でライブが中止となり今年初めて休みをとったと言ってました。確か昨年?も365日休みがなかったと言っていましたがほんとハードワーク!!

関係者のみなさま本当にお疲れ様でした。
それでは、今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「夜ジャズ.Net - Gilles Peterson」
10日16日 update
オーセンティックなジャズ、そしてクラブミュージックをミックスしてお送りしている須永辰緒ナビゲート・選曲による番組。ゲストはUKのクラブカルチャーを牽引し続けるジャイルス・ピーターソン!彼がフックアップし、その一翼を担っているUKジャズの世界的な盛り上がりについてもきいています。ジャイルスが今熱中しているサウンドとは?
新番組 「JAZZ CLOCK - for the DAY」
10日16日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。日が昇り沈むまでのアクティブなジャズセレクションをお楽しみ下さい。
Andres Beeuwsaert、Marialy Pacheco、Andre Mehmari Trio・・・。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
トピック [NEWS]
「第7回鎌倉じゃず祭〜音のカーニバル〜」開催
10月19日(土)今年も鎌倉材木座の浄土宗大本山 光明寺にて「鎌倉じゃず祭」が開催。18時からの2部には第一回から参加する鎌倉生まれのジャズ・シンガー牧野竜太郎、そして同じく鎌倉出身のジャズボーカリスト、阿川泰子が出演。この2組をサポートするのが秋田慎治(p)、片野吾朗(bs)、河村亮(ds)という豪華メンバーによるスペシャル"鎌じゃず"トリオ、さらにフィーチャリングとして太田剣(sax)も参加します。
トピック [NEWS]
カミラ・メサインタビュー
チリ出身、現在はNYを拠点に活躍するシンガー/ギタリストのカミラ・メサ。現代ジャズシーンでの注目はもちろん、近年は彼女の溢れる才能に世界中が熱い視線を送っています。新作についてはもちろん、作詞のプロセスやヴォーカリストとしてのケアの方法など、JJazz.Netナビゲーター黒澤綾のインタビューです。
新宿PIT INNへリスナーご招待! [PRESENT]
新宿PIT INNへリスナーご招待!
東京のリアルなライブが楽しめるJAZZの老舗「新宿ピットイン」へ、JJazzリスナーをご招待する「Pit Inn Live Invitation」。今回は「TAMAXILLE SPECIAL 2DAYS」 10/31(木)@新宿PIT INNへ番組リスナーご招待!メンバー:本田珠也(Ds)類家心平(Tp)井上 銘(G)須川崇志(B)たくさんのご応募お待ちしています。
トピック [NEWS]
インターネットラジオ局「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組がスタート!
KDDIとKKBOXの協業による音楽サブスクリプションサービス“うたパス”内のインターネットラジオステーション「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組「Live J」がスタート。DJは昨年、菊地成孔さんプロデュースでデビューしたオーニソロジーの辻村泰彦さん。毎回スタジオから生放送、生ライブ!是非お聴きください。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Future Bubblers 3.0 / V.A.』
今回のゲスト、ジャイルス・ピーターソンが設立した次世代プロデューサー・サポート・プログラム『Future Bubblers』から、選りすぐりの才能が集結したコンピレーション・シリーズの第3弾です。これまでもYazmin LaceyやSkinny Pelembeといった新たな才能を紹介してきたこのシリーズ。今作全て聴きましたが今のUKの勢いを感じる多種多様なサウンドが詰まっています。チルでアンビエントなサウンドに生のドラムが入ってくる静かな高揚感あるKayle Painterのサウンドや疾走感あるサックスの上でライムを刻むBlind MCのメロウなトラック、怪しげなポエトリーHIP HOPを聴かせるNutribeのサウンドが印象的。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『Tokyo Call / Marialy Pacheco』
1983年キューバ・ハバナ生まれ。2012年モントルー・ジャズフェスティバル・ソロピアノコンペティションで女性として初の優勝を飾ざったピアニスト Marialy Pacheco(マリアリー・パチェーコ)による2013年作。ベース川村竜、ドラム岩瀬立飛というリズム隊を迎えてのトリオ曲と、彼女のソロ曲とが半々で収録。オリジナル曲からDuke Ellington、Michel Camilo、Keith Jarrett等のカバーさらに日本の民謡「さくら」まで、バラエティに富んだ選曲なんですが、不思議な統一感。キューバの伝統音楽やクラシックなどに触れて育ったという彼女ならではの旋律が穏やかで、心地よい作風が並びます。ジャズ、ワールドミュージックとしてクラシカルに楽しめる1枚。
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
CD 『ディア・ビリー / Joe Barbieri』
ナポリ生まれのシンガー・ソングライター、ジョー・バルビエリ。ビリー・ホリデイに捧げるオマージュ作品として初夏にリリースした一枚が、ひとつ季節を通り越して違う表情に聴こえてきました。イタリアのカエターノ・ヴェローゾとも称される少し嗄れた声。少し肌寒くなってきたこの季節、心を許せる音楽のひとつです。ピアノ、ベース、クラリネットという室内楽的な編成と、洗練されたヴォーカル。ビリー・ホリデイの精神世界まで細やかに表現された丁寧で軽やかな作品です。
「温故知新」でO.A.中
CD 『CONTRASTES / Itibere Orquestra Familia』
音の波形のようなモノトーンの背景にシュッとしたタイポグラフィと赤いタイルが効いたこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved