記事履歴

 
 
【Vol.835】須永辰緒「夜ジャズ.Net」ゲストは若手女性ヴォーカリストAiri / 「Jazz Clock - for the NIGHT」更新 / チャーリー・ハンター来日公演ご招待 / 鍵盤奏者 宮川純が初めて触れたジャズ
  • 発行日 2020-01-23
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2020年01月23日 Vol.835
こんにちはJJazz.Netです。

さて、正月休みの気分が抜けきらず、まだまだ社会復帰できていないような気がしているのは僕だけでしょうか。ちなみに今週末1/25(土)は旧暦(太陰暦)でいう正月、つまり旧正月です。日本以外の多くのアジア諸国では休日になりますし、中国ではこの時期春節ということで最も長い連休になりますね。

日本が今の新暦になったのは1873年ということで、実はまだまだ新暦歴は浅いです。そう考えると古代からの暦、”月”を意識した生活をするとまた違ったサイクルや時間軸が生まれそうな気がしていて、例えば新月からなにかをスタートさせたりだとか、自分も取り入れてみようかなと思っています。
ちなみにJJazz.Netの番組「温故知新」は旧暦での月の呼び方で毎月紹介しています。今月1 月は「睦月」、これはお正月に親族が集まり仲睦まじくする月、というところから。そして2月は「如月」、これは寒さから重ね着をする(着更着)月、というところからということで、季節を感じる素敵な呼び方だなと改めて思いました。

さて最近はアジアでも大きなジャズフェスが目白押しで、若干押され気味の日本のジャズフェスですが、今年5月、新世代ジャズ・フェスティバル『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL』が日本に初上陸します。5月9日(土)、5月10日(日)に渡り、東京・豊洲PIT & MIFA Football Parkにて開催、すでに第1弾としてRobert Glasper(!!)の出演が発表されています!

この『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL』は、2013年に始まったヨーロッパ最大規模の野外ジャズ・フェスティバルで、毎年7月にイギリスのイースト・サセックスで開催されているそう。イギリスのキャンプ文化が融合した空間のなかで音楽を楽しむことができるフェスということで、昨今のアウトドア/キャンプシーンの盛り上がりを考えると日本でもかなり注目を集めそうです。
またフードやドリンクが用意された“MIFA Football Park”では生のジャズ演奏やDJプレイを無料で楽しむことができるとあって、まさに至福の音楽体験となりそう。今後の出演アーティストの発表がとても気になっています。

それでは、今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「夜ジャズ.Net - Airi」
1日22日 update
オーセンティックなジャズ、そしてクラブミュージックをミックスしてお送りしている須永辰緒ナビゲート・選曲による番組。ゲストは若手ジャズ・ヴォーカリスト、Airiさん。番組初登場ということでジャズシンガーを目指すようになったいきさつや今回のデビュー作を中心に話をうかがいました。DJとしても活動する稀有なジャズヴォーカリストです。
新番組 「JAZZ CLOCK - for the DAY」
1日22日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。日が昇り沈むまでのアクティブなジャズセレクションをお楽しみ下さい。 ELIZABETH SHEPHERD、Gregory Porter、Hakuei Kim Trio・・・。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
トピック [NEWS]
2020年CASIO電子楽器40周年!
2020年、CASIO電子楽器が40周年を迎えます。それに伴い40周年記念スペシャルサイトがオープン。CASIO電子楽器の歴史や楽器の特徴などが紹介されています。今後ジャズ周辺のミュージシャンによるアニバーサリーコメントが随時掲載されていきます。その他、これから1年間に渡り様々なコンテンツが登場するこのスペシャルサイト、是非チェックしてください!
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今回はマルチキーボーディスト、宮川純さんのMy First Jazz。「小学生の頃聴いたアートブレイキーの「Blues March」が頭から離れなくなって。なのでこの曲をずっとエレクトーンで弾いてコピーしてました。」
プレゼント [PRESENT]
チャーリー・ハンター&ルーシー・ウッドワード 2020年2月9日(日) @Billboard cafe & diningへリスナーご招待!
チャーリー・ハンターのプロジェクト史上最もポップな全編歌モノ! ポップシンガーのルーシー・ウッドワードと組み、ニーナ・シモンを軸にブルース,スタンダードソング、ポップスまでアメリカンミュージックをソウルフルに再解釈。テレンス・トレント・ダービーなど懐かしの80'sポップスもカバーするいま最もグルーヴィなユニット。
プレゼント [PRESENT]
ニタイ・ハーシュコヴィッツサイン入りCD『Lemon the Moon』を抽選で1名様にプレゼント!
特別番組「I am Nitai Hershkovits」からプレゼント。ニタイ・ハーシュコヴィッツの最新作『Lemon the Moon』を直筆サイン入りで1名様にプレゼントします。
トピック [NEWS]
「BACK STAGE CAFE」にて「MY FAVORITE JAZZ(1980-2020)」企画開始!
KDDIとKKBOXの協業による音楽サブスクリプションサービス“うたパス”内のインターネットラジオステーション「BACK STAGE CAFE」にてお送りしているJJazz.Netプロデュースの番組「Live J supported by CASIO」。DJは菊地成孔さんプロデュースでデビューしたオーニソロジーの辻村泰彦さん。毎回スタジオから生放送、生ライブ中です。現在番組ではCASIO電子楽器40周年の連動企画として「MY FAVORITE JAZZ(1980-2020)」という企画を実施中。この40年間でのオススメのジャズナンバーを紹介しています。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Vol. 2: Into The Flow / MAE.SUN』
サックス奏者/ボーカリスト、ヘイリー・ニスワンガーを中心に結成されたMAE.SUN。シンセやエフェクトによる浮遊感の中、現代的なビートがグルーブを際立たせています。楽曲にもよりますが、カマシ・ワシントンのような世界観の中、ネオソウル的なジャズヴォーカルも聴くことのできる洗練されたスピリチュアルジャズ。深夜のドライブにめちゃめちゃフィットしそうです。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『Scenery of Japanese Jazz / V.A.』
世界中のJAZZファンを魅了する「和ジャズ」の人気曲をコレクションした、復刻シリーズ「NIPPON JAZZ SPIRITS」。ウルトラ・ヴァイヴが良質カタログの中から今、聴くべき"和ジャズ"を選りすぐった47枚が先週リリース。それにあわせて期間限定盤のスペシャルコンピレーション「Shenery of Japanese Jazz」もリリース。こちらは福居良 、 坂元輝 、 バイソン片山 、 中山英二 、 中村新太郎クインテット 、 本田竹曠 、 松風鉱一・・・等々、和ジャズのマスターピースがしっかり楽しめる内容となっています。美しい富士山のジャケがまた素敵。和ジャズの入口として、まずはこれをチェックすれば間違い無しの内容です。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Triz / Andre Mehmari, Chico Pinheiro, Sergio Santos』
現代最高峰のピアニスト、アンドレ・メマーリ。ジャズシーンでも活躍する天才ギタリスト、シコ・ピニェイロ。ミナス屈指のシンガーソングライター、セルジオ・サントス。 ブラジル音楽の重要人物が集結し、作曲面、演奏面において高い水準で融合した名盤です。2012年の作品なのですが、昨今のブラジル音楽シーンの未来を占ったかのような、先駆けとも言える重要な一枚だったように思います。ものすごいテクニックをサラッと聴かせてしまうところもすごい。昨年はメマーリをソロで。シコ・ピニェイロをルシアナ・ソウザのバンドで観ました。天才です。
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
CD 『Conexion / Chicuelo/Marco Mezquida』
楽器は写っていなくともギターとピアノを弾く手だとわかり、上下左右どちらから見てもカッコよく見えるように作られたこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved