記事履歴

 
 
【Vol.857】ポーランドのピアニスト、HANIA RANI(ハニャ・ラニ)インタビュー / 新譜紹介番組「PICK UP」更新
  • 発行日 2020-07-02
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2020年07月02日 Vol.857
こんにちはJJazz.Netです。

あっという間に今年の上半期が終わりですね。早い・・・あまりにも大きな地球規模の危機的状況を目の当たりにし、不安を感じる日々はまだこれからも続くわけですが、校帽とマスクのセットを当たり前のように身に着けて学校に向かう子供達をみるとちょっと気の毒に。これからの猛暑が心配です。

さて、今週のJJazz.Netは新譜作品を紹介する「PICK UP」が更新。今回は、ポーランドの女性ピアニストHANIA RANI(ハニャ・ラニ)のインタビューを紹介します。昨年はピアノの祭典、ピアノエラでも来日。そのパフォーマンスは国内でも大きな注目を集め、番組でも来日時にインタビューしましたが、2度目となる今回は、ポーランド・ワルシャワにいる彼女とZOOMでつないでインタビューしました。

最新アルバム「HOME」は前作からの続編ということで、その基になっているテーマや今回のコロナ禍での制作状況の変化なども伺っています。昨年の来日した時の日本の印象がとてもよかったそうで、たくさん影響をうけたとのこと。根津美術館などにも足を運んだそうで番組で紹介している楽曲「TENNEN」はそこからインスパイアされたとか(?)映像美溢れるMVも公開されているのでぜひチェックしてみてください。

さて今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:Hiroshima

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「PICK UP - JULY」
7日1日 update
今、注目の音楽をたっぷりご紹介する大人気プログラム。今月はポーランドのピアニスト、ハニャ・ラニのインタビューをお届けします。新作『HOME』をリリース。その制作背景を伺っています。また、新譜は伝説的なジャズ・レーベルStrata-Eastの中核メンバーチャールズ・トリヴァー、故ロイ・ハーグローヴを師と仰ぐライアン・ポーター、クリスチャンスコット、スナーキーパピーらを輩出している最重要レーベルRopeadopeからアメリカデビューを果たしたピアニスト泉川貴広、西山瞳のピアノ・ソロ、上杉優 & 駒野逸美の女流2トロンボーンユニット「THE BON BONES」など、良質かつ注目の作品をたっぷりお届けします。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
My First Jazz [NEWS]
40名のミュージシャンが選ぶ「My Favorite Jazz(1980-2020)」
今年はCASIO電子楽器40周年ということで、ジャズ周辺のミュージシャン40名が選んだ1980-2020の40年間でのジャズの1曲を紹介しています。「お気に入りの1曲は、全てのソロが歌えるくらいまで聴き込んだこの曲。コンテンポラリージャズの1つの頂点ではないかと思います。」堀秀彰
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらう新コンテンツ。
今回はジャズ・ギタリスト、西藤ヒロノブさんのMy First Jazz。「この作品はストリングやオーケストレーションが入りつつもポップで、ウェスが縦横無尽にギターを弾いているんです。」
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第3回目更新!
トランペッター、ピアニスト、作曲家、曽根麻央さんによる「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がするかもしれません。
今回はトランペットの名手、トム・ハレルの1992年のアルバム。「時代背景としても、アコースティック・ジャズが再び注目を集め始めていました。なおかつその中で新しいサウンドを求めようとするトム・ハレルのアプローチが、Bebopやそれ以前のアコースティック・ジャズとは全然違ったものとなっています。」
トピック [NEWS]
20th Anniversary JJazz.Net ARCHIVEリクエスト&メッセージ募集中!
JJazz.Net開局20周年ということで現在特別番組「JJazz.Net ARCHIVE」では毎月過去の番組アーカイブより紹介しています。過去20年でもう一度聴いてみたい番組や印象的な放送回、JJazz.Netのエピソードがあれば是非こちらよりおきかせください。
トピック [NEWS]
クラシック専門インターネットラジオ OTTAVAにてJJazz.Net プロデュースのジャズ番組がスタート!
日本のインターネットラジオにおける、ジャズとクラシックの専門チャンネルがコラボレート!クラシック音楽専門インターネットラジオ、OTTAVAにて、JJazz.Netがプロデュースする生放送番組「OTTAVA jazz」が4/1(水)より開始。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Vibrant / 西山瞳』
ピアニスト、西山瞳さんの新作はソロピアノ・アルバム。即興的な要素もたくさんあり静かながらも自由度の高い内容。ピアノと向き合いながら自身を解放して音を紡いだ、そんな印象の1枚です。ヘヴィメタル・カヴァー・プロジェクトNHORHMとは逆ベクトルともいえるプライベートなピアノソロ集。たった一人だけの演奏はより個性が際立ちますね。雨の日にもオススメ。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Connect / Charles Tolliver』
自分のジャズの青春といえばStrata-East。Gil Scott-HeronやPHARAOH SANDERS、CECIL McBEE、MUSIC INC.。NYのロフト・ジャズに憧れアナログを探し求めていろいろとレコ屋をディグしていたのが懐かしいです(当時BOMBAレコードからのCDのリリースも楽しみにしてました)そんなStrata-Eastの生き字引、トランペッターCharles Tolliverの新作が13年ぶりのリリース・・・参加メンバーは、Jesse Davis(as) Binker Golding(ts-A2,B2) Keith Brown(p) Buster Williams(b) Lenny White(ds)
リズム隊も最強です。モーダルで力強い演奏は健在。おススメです。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Life is your thoughts / 泉川貴広』
クリスチャンスコット、スナーキーパピーらを輩出しているレーベルRopeadopeからアメリカデビューを果たしたピアニスト泉川貴広。雅楽や邦楽のメロディ、ヒップホップやR&Bのリズム、そしてジャズのハーモニー。それらをミックスした独自のスタイルは日本とアメリカのクロスオーバーともいえます。タイトルトラックの「Life is Your Thoughts」では、ディアンジェロ、エリカバドゥのバンドでお馴染みのJermaine Holmesをフィーチャー。竹取物語を題材にし、両国の文化的解釈で制作。和歌を歌詞として取り入れるなどユニークな作りとなっています。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『LIVE AT NEW MORNING, PARIS / Ryan Porter』
かつてのブルーノートテイストのモノトーン。ライブハウスのロゴカラーであろう鮮やかな紅(あか)と笑顔が気持ち良いこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「PICK UP」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved