記事履歴

 
 
【Vol.868】JJazz.Net開局20周年企画 「須永辰緒 夜ジャズ.Net100回記念放送」 / 「Jazz Clock - for the NIGHT」更新 / maikoが初めて触れたジャズ / 西山瞳が選ぶジャズの1曲
  • 発行日 2020-09-24
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2020年09月24日 Vol.868
こんにちはJJazz.Netです。

先日、小学校低学年の子たちが「じゃまたオンラインでねー」といって友達と別れているのをみて、2020年の初秋を噛み締めておりました。

さて、今すごく待ち遠しいのが今月末に発売されるカエターノ・ヴェローゾの著書『熱帯の真実』。これは1997年にブラジルで出版された“Verdade Tropical”の全訳に、新しい序文を加えたもの。
音楽の話のみならず、ジルベルト・ジルらと牽引したトロピカリズモ・ムーヴメントの詳細や軍事政権下で拘束された2ヶ月と亡命したロンドンでの2年間、などなど、ブラジルの文化、社会、政治をカエターノが語る貴重な内容となっているようです。

僕はカエターノの音楽の背景を知りたく、彼関連の書籍はないものかと以前調べたことがあるので分かるのですが、日本語で読むことのできるカエターノ・ヴェローゾに関する書籍はこれまでほぼありませんでした。

そして、2016年の11年振りの来日公演を観て感動してからというもの恋心が止まらず、細々とネットで調べる日々を過ごしていました。そういう意味でも今回の書籍は個人的にはもちろんですが、日本人にとって待望の一冊。彼の半生から学べることがたくさんあると思っています。

そんな中タイミングよく、カエターノ・ヴェローゾのドキュメンタリー映画『Narcissus Off Duty』の話題も届きました(トレーラー映像はこちら)。日本での公開は未定ですがこちらもいつか観てみたいです。

それにしてもカエターノ・ヴェローゾは音楽だけでなく存在自体が本当に知的で人間力があり素敵ですよね。憧れです。
さて今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT: 岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「20th Anniversary JJazz.Net ARCHIVE」
9月23日 update
2020年はJJazz.Net開局20周年のアニバサーリーイヤー!ということで特別企画「JJazz.Net ARCHIVE」として番組アーカイブを解放!過去20年の中から厳選した番組を毎月紹介。
今回は2017年1月に放送した須永辰緒「夜ジャズ.Net」の記念すべき100回目!これまでのインタビューをフラッシュで紹介する総集編!記念すべき第1回目やこれまでの印象的なシーンをまとめてお送りします。
新番組 「JAZZ CLOCK - for the NIGHT#107」
9月23日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。自分を取り戻す時間をあなたに。夜に映えるジャズセレクションです。今回は「Night Dream」というテーマで選曲。それはどこかで見たことのある景色。断片的なストーリーが交差する夢のようなイメージ。
Sweet Herringbone、Rymden、Mammal Hands・・・。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今回はジャズ・ヴァイオリニスト、maikoさんのMy First Jazz。「私はそれまでジャズに触れたことがなかったから全体のサウンドの響きがとても大人っぽく感じて。しかもヴァイオリンでこう表現できるんだ!と衝撃を受けました。」
My First Jazz [NEWS]
40名のミュージシャンが選ぶ「My Favorite Jazz(1980-2020)」
今年はCASIO電子楽器40周年ということで、ジャズ周辺のミュージシャン40名が選んだ1980-2020の40年間でのジャズの1曲を紹介しています。「それまで知らなかった芸術的なジャズ表現との出会いに心躍り、自分の転機になった一曲です。」西山瞳
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第6回目更新!
トランペッター、ピアニスト、作曲家、曽根麻央さんによる「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がするかもしれません。
今回紹介するのはスタンダード曲の真意に迫ることができるまさしく名盤『Chet Baker Sings』。
「オフィス・ズー」クラウドファンディングによる支援のお願い [NEWS]
「オフィス・ズー」クラウドファンディングによる支援のお願い
これまで数多くの新世代ジャズ・ミュージシャンを日本に招聘してきた「オフィス・ズー」が新型コロナウィルスの影響により海外アーティストの招聘が困難な状況に直面しています。ラーゲ・ルンドやアンブローズ・アキンムシーレ、シャイ・マエストロ、リオーネル・ルエケなどなど「オフィス・ズー」の目利きで来日したジャズミュージシャンは数知れず。ジャズシーン、そして文化の消失ともいえることだと思っており、僕らとしても声を大にして今回の支援をお願いしております。
NYからのラブレター [NEWS]
NYCからのジャズライブ配信「NYからのラブレター」
祝ニューヨーク東京60周年企画「NYからのラブレター」。2020年夏、伝説のイタリア製ピアノFAZIORIを配したニューヨークの「クラヴィアホール」からジャズピアニストの井川弥生が案内役となり10人の精鋭ジャズピアニストの世界初演のコンサートをオンラインで配信中。配信は7月19日から9月27日の毎週日曜日の朝10時から。水曜日 夜20:00から再放送しています。
トピック [NEWS]
20th Anniversary JJazz.Net ARCHIVEリクエスト&メッセージ募集中!
JJazz.Net開局20周年ということで現在特別番組「JJazz.Net ARCHIVE」では毎月過去の番組アーカイブより紹介しています。過去20年でもう一度聴いてみたい番組や印象的な放送回、JJazz.Netのエピソードがあれば是非こちらよりおきかせください。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『After Ten / Sweet Herringbone』
ジャズ・ギタリスト、市野元彦さんの新バンドです!メンバーは姫路の素晴らしいバンド「ゑでぃまぁこん」他多方面で活動するpedal steel 奏者・元山ツトム、ドラム・山本達久、ベース・笠井トオル。それぞれジャズ以外のフィールドでも活躍する個性的な面々です。モチーフ間をインプロビゼーションで巡りながら1本の架空の映画音楽を奏でるような演奏。SEを交えながらイメージの膨らむ空間的なサウンドは流石です!このアルバムはbandcamp配信のみのリリース!そして10月26日(月) 20:00からはベルベットサンでストリーミングライブがあります。メンバーが揃うのは珍しいので是非チェックを!
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『夢想 / 嶋津健一』
1960年4月2日横浜生まれのピアニスト嶋津健一によるトリオ作。アルバムは2枚組で『和魂』と『躍魂』と題され、楽曲群はそれぞれのテーマ(調和や躍動)を想起させる内容。メンバーは嶋津健一 - piano、加藤真一 - bass、今村健太郎 - drums。番組では『和魂』から、素晴らしいバラード「夢想曲 ~ Traumerei」が紹介されています。染み入るピアノの旋律に思わず固まってしまった、なんとも叙情的で美しい和ジャズバラードです。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『SPACESAILORS / Rymden』
ヨーロピアンジャズの最先端を担ってきた奇才キーボード奏者ブッゲ・ヴェッセルトフトによるピアノトリオRymden。メンバーはe.s.t. のダン・ベルグルンド(b)、マグヌス・オストロム(dr) 。昨年リリースした『Reflections & Odysseys』の続編ともいえるセカンドアルバムは、ライヴ音源付きの2枚組。宇宙という意味をもつRymdenの名のもとに、圧倒的なスケール感とプログレ風の様式美を押し進めた作品です。Lasse Schjerningといい、Mocloudからリリースの良作が続いている印象です。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『CAPTURED SPIRITS / Mammal Hands』
染色体のようなものが配列されているシンプルな見た目。法則や意味を見出そうとしてしまうまさにその脳波を表したようなこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved