記事履歴

 
 
【Vol.892】「Jazz Clock」更新 / 市原ひかり初めてのジャズ / 曽根麻央の名盤解説 マイルス・デイヴィス『Relaxin'』
  • 発行日 2021-03-25
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2021年03月25日 Vol.892
こんにちはJJazz.Netです。

東京は春の嵐も落ち着き春本番という感じ。桜の見頃も今週末でしょうか。

さて、今年はインパルス・レコードの60周年なのだそう。マッコイ・タイナーやチャールズ・ミンガス、そしてクインシー・ジョーンズ(!!)など名盤はたくさんあれど(現在BLUE NOTE CLUBにて音楽評論家の原田和典さんが毎回3枚ずつインパルス・レコードの名盤を紹介しています)、やはりレーベルの顔はジョン・コルトレーンですよね。

なかでも『至上の愛(原題:A Love Supreme)』はコルトレーン、そしてインパルス・レコードを代表する1枚。今回インパルス・レコードの60周年を記念しこの作品を解説したビデオが公開されました。(YouTube映像はこちら

楽曲が生まれた背景や曲の構成などがアニメーションで紹介されていて、とても分かりやすいです。説明もとても素敵!「音楽的には、モダン・ジャズとブラック・ゴスペルの恍惚としたエネルギーがミックスされています。土曜の夜に聴きたくなるようなサウンドに日曜の朝の雰囲気を加えたかのような音楽です。」(映像より)

そして4/6(火)にはブルーノート東京にてインパルスの60周年を記念しコルトレーン最大の問題作『アセンション』を再演する(!!)というライブが予定されています。

1966年に発表されたこのアルバム『アセンション』は、ご存知の通り、コルトレーンのカルテットにアヴァンギャルド・シーンの精鋭たちを迎えた、まさにコルトレーンによるフリー・ジャズ!
その問題作を再現するというこのライブは、本田珠也を中心に梅津和時、菊地成孔、スガダイローら、日本を代表する即興演奏家11名(吉田隆一や類家心平、松丸契等)が集結ということで、まさに日本版アセンションが繰り広げられそうです。

今年はフリー・ジャズの分野で重要な役割を果たしたアルバート・アイラーの本『AA 五十年後のアルバート・アイラー』が出版されるなど、フリージャズの話題がSNSなどで飛び交っていますよね。(それもすごいことですが)フリージャズに興味ある方はこのライブオススメです。

さて、今週は「Jazz Clock」 のDAYとNIGHTの2番組が更新。朝から夜まで、あなたの時間と寄り添うジャズをお楽しみください。
来週は水曜日が5週目となるため番組更新、メールマガジンの配信はお休みです。

TEXT: 岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「JAZZ CLOCK - for the DAY」
3月24日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。日が昇り沈むまでのアクティブなジャズセレクションをお楽しみ下さい。
Lauren Desberg、Hank Jones Trio、.PUSH・・・。
新番組 「JAZZ CLOCK - for the NIGHT」
3月24日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。自分を取り戻す時間をあなたに。夜に映えるジャズセレクションです。今回のテーマは「softly in the night」。季節がまためぐり新しい季節が始まろうとしている、自分の夢をイメージしながら。そんな春のやわらかい夜をイメージして選曲しました。
市原ひかり、中牟礼貞則、Terri Lyne Carrington・・・。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚、オススメの1枚を語ってもらうコンテンツ。今回は新作をリリースしたばかりのジャズトランペッター・市原ひかりさん。「実際に自分でジャズを演奏するようになり、このアルバムの素晴らしさをまた違った角度からヒシヒシと感じている今日この頃です。」
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第12回目更新!
トランペッター、ピアニスト、作曲家、曽根麻央による「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がします。今回紹介するのはマイルス・デイヴィスの名盤『Relaxin'』。特筆すべきマイルスの「スペース」がいかに凄いのか?その理由を徹底的に解説しています。
トピック [NEWS]
”車×Jazz” Garage Concerts
東京・六本木にあるこだわりのカーグッズショップ「ル・ガラージュ」のライブシリーズ「Garage Concerts」。市原ひかり・萩原亮DUOによるセッションをお楽しみいただけます。今後もこのシリーズ続きますので是非チェックを。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Anthem / 市原ひかり』
ジャズトランペッター・市原ひかりさん、待望の新作を今週リリース。前作は初のヴォーカル作品ということで、彼女の歌の才能に新たに気付かされた人が多かったと思いますが、今回は原点に戻り、信頼できるバンドメンバー<宮川純(p)、清水昭好(b)、横山和明(d)>とのリーダー作品。全てオリジナル。このメンバーでしか出せないサウンド、グルーヴがあります。歌でも演奏でもオリジナルでもカバーでも、やはりオリジナリティを感じるのが彼女の魅力だと改めて感じました。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『Waiting Game / Terri Lyne Carrington』
グラミーも獲得しているアメリカの実力派ドラマーTerri Lyne Carrington(テリ・リン・キャリントン)の2019年のアルバム。Kassa Overall、Malcolm Jamal Warner、Nicholas Payton、Meshell Ndegeocello、Esperanza Spalding、Aaron Parksら豪華なラインナップをそろえて制作された2枚組。JAZZを軸にオーケストラの組曲からメローなソウルやR&Bまで、多彩な要素取り込みつつ1曲1曲にしっかりとメッセージも込めて作られた大傑作なアルバムです。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『東京ソロ・コンサート2016 / Slawek Jaskulke』
ポーランド・ジャズ最高のピアニスト、スワヴェク・ヤスクウケ。2016年、ポーランド大使館でのソロライヴを収録した来日記念盤。『Sea』『夢の中へ』『モーメンツ』からの楽曲のほか、のちに曲集をリリースする事となる作曲家のクシシュトフ・コメダの楽曲まで。クラシックの素養、伝統音楽の影響、ジャズの技法が昇華され、会場の静まりとともに繰り広げられた演奏芸術です。
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
CD 『Part1 / .PUSH』
英語でなく堂々とカタカナで意匠を愉しんでいる。お菓子のパッケージのような可愛らしさと春らしさを持ち合わせたこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved