記事履歴

 
 
【Vol.903】 須永辰緒「夜ジャズ.Net」ゲストSlowly / 曽根麻央の名盤解説 ジャズの多様性を知ることができる美しい作品 / 西口明宏 "FOTOS" @ COTTON CLUB ライブご招待
  • 発行日 2021-06-17
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2021年06月17日 Vol.903
こんにちはJJazz.Netです。

遂に関東地方も梅雨入りしましたね。このシーズンはいわゆる梅仕事の時期でもあります。今年は梅ジュースに加え、梅干しも仕込んだので出来上がりが楽しみ。ちなみに発酵系でいうと最近はトマトと塩と唐辛子による「発酵トマト」にはまってます。ピュアなサルサソースという感じで激ウマなので是非お試しを。

さて夏はTシャツの季節でもありますが、ブルーノート・レコード×ユニクロ「UT」のコラボレーションTシャツが7月12日より全国のユニクロ店舗およびオンラインストアで発売されるそうです(詳細はこちら<ユニクロ>)。

このブルーノートのコラボシリーズは3度目。今回はブルーノートの社長、ドン・ウォズが「エッセンシャル」をテーマにセレクトした7タイプが発売。
<アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ『フリー・フォー・オール』、ソニー・クラーク『ソニー・クラーク・トリオ』、セロニアス・モンク『ジーニアス・オブ・モダン・ミュージック Vol.2』、ユタ・ヒップ『ユタ・ヒップ・ウィズ・ズート・シムズ』、ハービー・ニコルス『ザ・プロフェティック Vol. 1』、セシル・テイラー『ユニット・ストラクチャーズ』、キャノンボール・アダレイ『サムシン・エルス』>

いずれもデザインをみると「あれね!」という名盤ばかり。なんでもドン・ウォズが選んだ30枚から「UT」のデザイナーが厳選したのがこの7タイプだそう。その30枚はSpotifyのプレイリストとして紹介されています。(個人的には今再びはまっているティナ・ブルックスの『True Blue』を選んで欲しかった!)

ちなみに過去のものでいうと、僕はモンクのTシャツを持っているのですが、TOKUさんとかぶった時はちょっと照れた記憶があります(笑)。

そんなジャズTシャツといえば、オンラインショップでオリジナルのTシャツを扱っています。ジャズバンドLibstemsで知られる和田陽介さんにデザインしてもらいました。こちら興味ある方は是非どうぞ。ロゴもかっこいいしきっとかぶりません(笑)。

さて今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみ下さい。

TEXT: 岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「夜ジャズ.Net#153 - Slowly」
6月16日 update
オーセンティックなジャズ、そしてクラブミュージックをミックスしてお送りしている須永辰緒ナビゲート・選曲による番組。今回のゲストはDJ、プロデューサー、Slowly。RAW FUSIONから世界デビュー、そしてジャズバンドquasimodeのプロデュースなど当時クラブシーンでも注目されました。7/21に15年ぶりとなるアルバム『Let The Music Tale Your Mind』をリリース!
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第15回目更新!
トランペッター、ピアニスト、作曲家、曽根麻央による「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がします。今回紹介するのはいわゆる通常のジャズカルテットの編成でもなければ、サウンドも個性的なもの。ただただ美しい音楽で独創的。Dave Douglasという音楽家の異色作をピックアップ。ジャズの多様性を知ることができる美しい作品です。
トピック [NEWS]
Garage Concerts Ride 008:「StreamLine」小林香織(Alto Sax)×藤田義雄(g)
東京・六本木にあるこだわりのカーグッズショップ「ル・ガラージュ」でのライブシリーズ「Garage Concerts」。サックス小林香織さんとギター藤田義雄さんのDuoによる3曲目が更新。テナーサックスに持ち替えての演奏。アコースティックな「Cosmic Love」。
トピック [PRESENT]
「西口明宏 "FOTOS" @COTTON CLUB 7月3日(土)1st show 2組4名様ご招待!
ジャズ・シーンをリードするサックス・プレイヤー、西口明宏のリーダーバンド公演。昨年リリースのアルバム『FOTOS』の参加メンバー、ハクエイ・キム (p,key)、マーティ・ホロベック (b)、吉良創太 (ds)とのカルテット編成でのステージ。オリジナリティを追求する彼らの最新コンテンポラリー・ジャズをご堪能ください。
トピック [NEWS]
大和田慧 Kei Owada メールインタビュー
やさしくソウルフルな歌声と、深いまなざしを持つ独特の詞の世界で知られるSSWの大和田慧が、新作EP『LIFE』を2021年6月3日 (木)にリリース!この話題の新作や好きなジャズミュージシャン、そしてコロナ禍、ミュージシャンとしてで思うことについて。
トピック [NEWS]
インターネットラジオステーション「Backstage Café」にてJJazz.Netの番組がスタート
日本初の本格的音楽専門インターネットラジオステーション「Backstage Café (BSC)」にてJJazz.Netの番組がスタートしました。タイトルは『JJazz.Net SELECTION』(毎週日曜日20:00〜21:00)、JJazz.Netでお送りしている人気の番組を週替わりで放送中。是非こちらでもお楽しみください。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚、オススメの1枚を語ってもらうコンテンツ。今回は2月に新作『NOW and FOREVER』をリリースされたジャズサックス奏者、小林香織さんのMY First Jazz。「当時、右も左もわからない女子高生だった私の胸を鷲掴みにしたアルバムがありました。」
トピック [NEWS]
SHOP PAGEオープン!
JJazz.NetやJAZZ UNITEDオリジナルのジャズグッズを揃えたショップページが完成。我々が欲しいジャズグッズを作りたい!ということでジャズ周辺のデザイナーさんたちとコラボレートしてオリジナルのグッズを制作しました。先日開催したイベント”JAZZ UNITED”シリーズは世界のどこかにある架空のジャズレーベルみたいなイメージ。いつか海外の著名ジャズミュージシャンが身につけてくれることを夢見ています。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Old Time Radio / Joey Pecoraro』
ローファイ・ヒップホップシーンで知られるビートメイカー/ピアニスト、ジョーイ・ペコラロ。ローファイなビートものは変わらず世界で人気ですが、彼はピアニストということもあり、メロディアスで叙情的なサウンドが特徴です。今回はテーマが「Old Time Radio」ということで、SEやナレーション、会話をミックス。楽曲にストーリーが生まれています。ベッドタイムミュージックとしてもオススメ。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『POCKETS / Four Tet』
最近本人のリマスタリングで、再びBANDCAMPにアップされていたFour Tetの2006年のシングル「Pockets」。このシングルには実験的な要素をミニマルなテクノに落とし込んだminimal versionもあり、思えばこの作品を機に彼のダンスミュージックフォーマットの作風が加速していった起点となる曲。近年は、Madlib with Four TetやBurial + Four Tet + Thom Yorke、最近はついにskrillexにフィーチャリングされたりと常にほっとけないコラボを連発。また日本のフェスでも見れる日がくることを願って止みません。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『A Viagem Das Horas / Jose Mauro』
ブラジル・サイケフォークのカルト的アーティスト、ジョゼ・マウロのセカンドアルバムが復刻。オリジナルは1970年代に録音・リリースされ、当時はファーストからの楽曲が再収録されるなど謎の残る一枚だったようです。新発見された未発表曲を加え、ジョゼ本人がもともと描いていた「オリジナル」のかたちとなり、なんと半世紀近くの時を経てリリース...!サイケなフォークロックと、オーケストレーション、当時最高峰のミュージシャンによる演奏はとても素晴らしい内容で、同時期のエドゥ・ロボの名作群にも匹敵しそうです。コレクターにはたまらないレア盤だと思います。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『OV OV E.P (Rework of Sign of Silence) / ghostinmpc & Madoki yamasaki』
点描画とのことだが、ハイコントラストな白黒写真の様な質感が塊根植物をおもわせるこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved