記事履歴

 
 
【Vol.936】「Jazz Clock」更新 / 和久井沙 新プロジェクトライブ招待 / 田中菜緒子初めてのジャズ作品 / 曽根麻央による名盤解説はケニー・ドーハムの『Quiet Kenny』
  • 発行日 2022-02-24
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2022年02月24日 Vol.936
こんにちはJJazz.Netです。

YouTubeを見ていると結構な頻度で挿入されるグーグルピクセルのCM「何回目のおやすみだよ」の設定が妙に気になる今日この頃、皆さまいかがお過ごしでいらっしゃいますか?

明日2/25(金)ロバート・グラスパー のアルバム『Black Radio III』が全世界同時リリースされます。フォローしている彼のインスタグラムからライブのメッセージが届いていましたが新作のリスニングイベントがあったようですね。見逃し残念!

いまさら説明の必要はないとは思いますが10年前にリリースされた『Black Radio』はジャズとヒップホップの架け橋ともいえるエポックなグラミー受賞アルバム。様々なジャンルでチャートを賑わしたこの作品は世代のリアル、そしてブラックカルチャーの代名詞的な存在となっていたのは記憶に新しいかと思います(それでももう10年前なんですね!!)。

豪華なコラボレーションでも話題のこのシリーズですが、明日発売のシリーズ3作品目もすごいです。
すでに先行でリリースされているフィーチャーアーティスト以外に、Qティップ、ジェニファー・ハドソン、H.E.R.、イェバ、コモン、タイ・ダラー・サイン、エスペランサ、アント・クレモンズ、インディア・アリー、グレゴリー・ポーターなどが参加しているようです。「Robert Glasper - Why We Speak ft. Q-Tip & Esperanza Spalding」(Official Lyric Video)

そんなロバート・グラスパーといえば今年来日が決定しています!5月14日 (土)、15日 (日) 、埼玉・秩父ミューズパークにて開催される新世代ジャズフェスティバル「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」の2日目のヘッドライナーとして登場。何度も延期しているこのフェス、今年こそ無事開催できることを本当に願っています!

今週はJJazz.Netスタッフがジャズに寄り添う時間をお届けする「Jazz Clock」DAYとNIGHTが更新されています。JJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT: 岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「JAZZ CLOCK - for the DAY」
2月23日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。日が昇り沈むまでのアクティブなジャズセレクションをお楽しみ下さい。
Markus Niittynen Trio、Monica Dominique /Palle Danielsson、類家心平・・・。
新番組 「JAZZ CLOCK - for the NIGHT」
2月23日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。自分を取り戻す時間をあなたに。夜に映えるジャズセレクションです。今回はほぼ新曲です。
魚返明未 / 井上銘、Gregory Privat、Laura Prince・・・。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
プレゼント [PRESENT]
SARA WAKUI TRIO FIRST LIVE featuring Spice rhythm@COTTON CLUB 2022年3月29日(火)2組4名様ご招待!
要注目のピアニスト、和久井沙良の新プロジェクトによるワンマン・ライヴへご招待!昨年6月には日向秀和と松下マサナオによる即興ユニットHHMMのブルーノート東京公演にゲスト出演し、9月にはタップダンサーのSAROとドラマーの竹村一哲とともにコットンクラブのステージに登場。今回の公演は、森光奏太と上原俊亮による"Spice rhythm"をフィーチャーした初のライヴ。さらにゲストにermhoi、梅井美咲を迎え、和久井沙良の新たな門出を祝う一夜となる。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚、オススメの1枚を語ってもらうコンテンツ。今回は3月9日にニューアルバムをリリースするジャズピアニスト、田中菜緒子さんのMy First Jazz。「何もわからずいくつか手に取った中で記憶に残っている1枚がWynton Kellyの『Kelly Blue』です。」
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第23回目更新!
トランペッター・ピアニスト・作曲家、曽根麻央による「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がします。今回はジャズトランペットの代表的存在、ケニー・ドーハムの『Quiet Kenny』。改めてケニー・ドーハムのトランペッター、そして曲としての素晴らしさを検証します。
トピック [NEWS]
インターネットラジオステーション「Backstage Café」にてJJazz.Netの番組がスタート
日本初の本格的音楽専門インターネットラジオステーション「Backstage Café (BSC)」にてJJazz.Netの番組がスタートしました。タイトルは『JJazz.Net SELECTION』(毎週日曜日20:00〜21:00)、JJazz.Netでお送りしている人気の番組を週替わりで放送中。是非こちらでもお楽しみください。
トピック [NEWS]
SHOP PAGEオープン!
JJazz.NetやJAZZ UNITEDオリジナルのジャズグッズを揃えたショップページが完成。我々が欲しいジャズグッズを作りたい!ということでジャズ周辺のデザイナーさんたちとコラボレートしてオリジナルのグッズを制作しました。先日開催したイベント”JAZZ UNITED”シリーズは世界のどこかにある架空のジャズレーベルみたいなイメージ。いつか海外の著名ジャズミュージシャンが身につけてくれることを夢見ています。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Peace Of Mine/ Laura Prince』
フランスのシンガー、ローラ・プリンスのデビューアルバム。ソウルフルなヴェルヴェットボイスはそれだけで十分魅力的なのですが、日本でも人気のピアニスト、グレゴリー・プリヴァがアレンジ/音楽監督を務め、演奏はグレゴリー・プリヴァのピアノ・トリオに、パーカッション、また曲により弦楽四重奏が加わります。ヴォーカルを現代ジャズ的なアプローチで捉えた視点ではマイケル・リーグが主宰するGroundUP Musicが好みな方もきっとはまりそうです。カリブの香り漂う現代ジャズ!オススメです。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『os tatuis / Jose Roberto Bertrami』
AZYMUTHのリーダーでキーボードであり、Elis Regina, George Duke, Sarah Vaughn, Jorge Ben, Eddie Palmieri, Milton Nascimento, Flora Purimなどそうそうたる面子の作品にも関わった近代ブラジル音楽の父José Roberto Bertramiが残した活動初期の傑作がこのたび、FarOutレコードよりリイシュー。1946年に生まれ、リリースされたのが1965年だから19歳の作品。天賦の才能が宿る華やかで軽やかなブラジリアンジャズ、ジャズサンバ。音楽の源流を辿れる素晴らしいアルバムです。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『YONN / Grégory Privat』
フランス領マルティニーク島生まれのジャズ・ピアニスト。カリブ諸島の伝統的打楽器を用いた数々の名盤が印象に残っていますが、今作は初のソロピアノ作品。極度に深い集中力から堰を切ったように流れ出る、美しい旋律と閃きの渦。空間すら味方につけたような時間芸術が広がります。いくつかの曲では、彼はピアノだけでなく自ら詞を書き歌っているのですが、そのピアノとの調和や世界観はすべてのことは必然だと思わせてくれるような一貫した作品です。初めて彼の作品を聴いた時からファンですが、未知の音楽を生み続ける彼のこれからも追い続けます。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『Markus Niittynen Trio / Markus Niittynen Trio』
デビュー作のタイトルはバンド名というパターンはよく見かける。ではこのシンボリックなアートワークはなんだろう?とプロフィールを見るとフィンランドと日本のハイブリッドバンドということで互いの国旗と合点。幸先よく印象的なスタートを切れそうなこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved