記事履歴

 
 
【Vol.949】6月の新譜紹介番組「PICK UP」更新 / 注目のSAX馬場智章のライブへ招待@COTTON CLUB / 類家心平が初めてジャズに触れた1枚特別
  • 発行日 2022-06-02
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2022年06月02日 Vol.949
こんにちはJJazz.Netです。

6月に入りました。ということは今月で、2022年ももう半年が過ぎていくというタイミング…なんだか早いものですね。そうこうしているうちにイベントやお店の営業なども、だいぶいつもの雰囲気に戻ってきた感もあり。フェス関連も先週は森道市場やFFKTがあったり、今週も頂フェスがあったり野外イベントも多くなってきましたね。自分も5月はいろいろと足を運んだ印象が。

そんな中先日は、JJazz.Netでもリリース作品を度々紹介しているUKのレーベル、Gearbox Recordsの主宰、ダレル・シーマンさんがロンドンより来日してジャズ喫茶でレコードを解説しながらリスニングするという素敵なイベントがありました。場所は神保町の「on a slow boat to」 というところでアルテックの立派なスピーカーが入ったJAZZ喫茶。1曲づつご本人の解説を聞きながら ABDULLAH IBRAHIMや、CHARLES TOLLIVERなどリリースした音源を1曲づつ聴いていくという形式は新鮮でじっくり堪能することができました。ビンカーさんはSoho Radioというネットラジオで『GearboxKissaten』という番組もやっているので気になった方はチェックしてみてください。詳細は原雅明さんのインタビュー記事にのっていました。JAZZ喫茶「on a slow boat to」もとても居心地のいいお店でした。今度ゆっくりJAZZを聴きにいってみたいと思います。

さて、今週はジャズという枠にとどまらず活躍するドラマー、石若駿と山口情報芸術センター[YCAM]とのコラボレーションによる 新作パフォーマンス「Echoes for unknown egos - 発現しあう響きたち」が開催。なんとこれが人工知能(AI)との即興セッションということで、いったいどのような演奏になるのかとても興味深いです。山口近郊の方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

JJazz.Netでは月初めの新譜紹介番組「PICK UP」が更新。今月も注目の新作が盛りだくさんです。Gearbox Recordsの新譜も!是非チェックしてください。そして、アルバム "GATHERING"をリリースした注目のSAXプレイヤー馬場智章@COTTON CLUBでのライブ招待受付も始まっています。こちらもお見逃しなくです!

TEXT: Hiroshima

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「PICK UP - JUNE」
6月1日 update
今、注目の音楽をたっぷりご紹介する大人気プログラム。今月は、半世紀にわたって日本ジャズ界を牽引するサックスプレイヤー山口真文。千葉史絵(piano) 寺屋ナオ(guitar) 鈴木郁(drums)による、変則トリオFNK。ベテランピアニスト堀秀彰の20作目。ドラム横山和明 トランペット佐瀬悠輔 ギター馬場孝喜 ベース米木康志による新作。マイケル・リーグ主宰GroundUP MusicからMICHELLE WILLIS。ドイツ出身のピアニストHenning Schmiedtと、ボーカリストMarie Séférianによるデュオユニット「nous」などなど。今月も良質かつ注目の作品をたっぷりお届けします。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
プレゼント [PRESENT]
馬場智章 "GATHERING" 1st.show @COTTON CLUB 2022年6月30日(木) 2組4名様ご招待!
バンド"J-Squad"の一員としてテレビ朝日「報道ステーション」のテーマ曲を担当するなど多方面で活躍、数多くのプロジェクトで引っ張りだこのサックス奏者、馬場智章が4月20日発売のニュー・アルバムを携えて登場する。拠点をニューヨークから日本に移し、さらに飛翔する俊英サックス奏者の現在を体感したい。
トピック [NEWS]
【堀内元 BALLET FUTURE 2022】桑原あいトリオ饗宴 2022年7月26日@メルパルク東京
ニューヨーク・シティ・バレエ創始者ジョージ・バランシンより直接薫陶を受けた最後のプリンシパル、現米国セントルイス・バレエ芸術監督、堀内元による「堀内元バレエ・フューチャー2022」が開催。この公演では最高峰のバレエとジャズが共演!ジャズ演奏は現代のジャズ・シーンを牽引するピアニスト、桑原あい率いるトリオ。バレエとジャズの饗宴。贅沢なエンターテイメントを是非。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚、オススメの1枚を語ってもらうコンテンツ。今回は中嶋錠二さんとのDUOアルバムをリリースしたばかり、類家心平さんのMy First Jazz。「僕のバイブルとして今でも自分の中で大切なものになっています。」
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第26回目更新!
トランペッター・ピアニスト・作曲家、曽根麻央による「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がします。今回は名盤中の名盤。ジャズ界のキングとクイーンによるコラボ作品を紹介。
トピック [NEWS]
石若駿【Echoes for unknown egos―発現しあう響きたち】 2022年6/4(土)5(日)@YCAM
ジャズという枠にとどまらず活躍するドラマー、石若駿。そんな石若駿と山口情報芸術センター[YCAM]とのコラボレーションによる新作パフォーマンス「Echoes for unknown egos - 発現しあう響きたち」が開催されます。これは石若駿が自身と共演するというアイデアから出発したもので、彼のパフォーマンスを学習した人工知能(AI)と共に即興セッションを行うという試み。
メディアテクノロジーを応用しながら、彼の音楽性を(本人含め)再発見していくプロセスを共有するという、創造性溢れるパフォーマンスです。
トピック [NEWS]
SHOP PAGEオープン!
JJazz.NetやJAZZ UNITEDオリジナルのジャズグッズを揃えたショップページが完成。我々が欲しいジャズグッズを作りたい!ということでジャズ周辺のデザイナーさんたちとコラボレートしてオリジナルのグッズを制作しました。先日開催したイベント”JAZZ UNITED”シリーズは世界のどこかにある架空のジャズレーベルみたいなイメージ。いつか海外の著名ジャズミュージシャンが身につけてくれることを夢見ています。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『A Path Appears / 横山和明 / 佐瀬悠輔 / 馬場孝喜 / 米木康志』
新レーベルWonder and Serenity Recordsからのリリース。下北沢のジャズバーno room for squaresを貸し切り、それぞれの楽器にマイクを一本ずつ立てレコーディングしたピアノレスのカルテットによる演奏。全体的に抑制の効いたトーン。メンバーはいずれも実力派揃いですが、ソロとして主張するものではなく、カルテット全体が静かに反応し合い色彩が変化していくような空間的な音で満ちています。サウンド含めかなり完成度の高い仕上がり。アルバム通して是非お聴きください。6/8より配信のみのリリースです。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Trinity / 山口真文』
半世紀にわたって日本ジャズ界を牽引するサックスプレイヤー山口真文のアルバムが、快作をリリースし続けるDays of Delightから登場。実に5年ぶりとなる本作は、ピアノを排して臨んだコードレストリオ作。 小牧良平 (b) と本田珠也 (ds) が脇を固め、純度の高い演奏を披露。艶やかなサックスの音像がクリアに広がる上質なアルバムです。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『canvas / 千葉史絵 FNK』
ピアノ千葉史絵、ギター寺屋ナオ、ドラム鈴木郁という変則トリオによるデビュー作。全曲千葉史絵のオリジナルを収録し、コンテンポラリージャズ、プログレ、ジャズロックなどの要素を噛み砕き昇華させた意欲作です。3年半に渡るライブを経て、白いキャンバスに描かれてきた独特の世界観を感じてください。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Dream Like a Dogwood Wild Boy / Binker Golding』
着こなされた色落ちやシワの感じからしておそらく私服のありのままなのだろう。もしかしたら撮影地も地元だったりするのかもしれない。まさに今のこの俺の背中を黙って見ていろと言わんばかりのこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「PICK UP」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved