記事履歴

 
 
【Vol.827】須永辰緒「夜ジャズ.Net」ゲストはBi Xuプロデュース 塩田哲嗣 / 「Jazz Clock - for the DAY」更新 / はじめてのジャズ 平戸祐介 / アラン・ブロードベント INTERVIEW
  • 発行日 2019-11-21
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2019年11月21日 Vol.827
こんにちはJJazz.Netです。

昨日Twitterで見かけてから頭に残っているのが「死にたくなったら、往復9万でドイツの航空券を買って、1つ50円のパンを持って鉄道でフラフラして〜」というもの。「死にたくなったら」というのはさておき、気づきだったのは、単純に9万円でドイツに行ける、と想像してみたら”そういうことも起こりえるんだな”と実際イメージできたこと。

1週間ぐらい休みをとって宿はAirbnbならどこでも行ける、ホットドックなんか食べながらフラフラするだけ。非現実的ではなく多分できるなと。そしてかなり心の栄養を補充できるだろうなと。
Tweetには写真があったのでより具体化されたのもありますが、これ、重要なのはイメージできるということ。人は想像できないことは(主体的には)具現化できないと思っているので、想像できた僕はきっといつか行けそうな気がするー。あると思います。

さて、無理やり話題をドイツにつなげるわけではないですが、今年はECMレーベルの50周年、ということでECMのLP、CD、DVDなど全リリース作品を完全網羅した書籍『ECM catalog 増補改訂版/50th Anniversary』が来週11月30日に発売となります。
これは絶版につきプレミア価格で売買されていた『ECM catalog』を、レーベル創立50周年を記念して増補改訂版として再び刊行するもの。Newシリーズなども含めるとECM全タイトルはおそらく1,500タイトル以上!最近はストリーミング・サービスでもECMの音源を聴くことができるので、このカタログ本で美しいアートワークを眺めながらECMの世界に浸るというのが、極上の秋の過ごし方のような気がします。

そしてECM関連の話題をもう一つ。先週のメールマガジンでもご紹介した通り、来週11/26(火)にはECMの音源をバーで聴く(!!)という「ECMリスニング・イヴェント」が開催されます。こちらも楽しそうですね。

みなさん秋の夜長はどうお過ごしですか?
今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「夜ジャズ.Net - 塩田哲嗣」
11日20日 update
オーセンティックなジャズ、そしてクラブミュージックをミックスしてお送りしている須永辰緒ナビゲート・選曲による番組。ゲストはジャズベーシスト、プロデューサー、そしてレコーディング・エンジニアとしても活躍されている塩田哲嗣 (しおた・のりひで)さん。アジアのクールビューティー、Bei Xu(ベイ・シュー)や青木カレン、たなかりかのプロデュースでもおなじみです。
新番組 「JAZZ CLOCK - for the DAY」
11日20日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。日が昇り沈むまでのアクティブなジャズセレクションをお楽しみ下さい。
Ivan Lins、渋谷毅、Gretchen Parlato・・・。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今月はジャズ・ピアニスト平戸祐介さんが初めてジャズに触れた1枚。「マイルスの姿勢が好きなんです。その時代に一番求められている最前線の音を鳴らしている。」
トピック [NEWS]
パブロ・フアレスJapan Tour 2019
ジャズやクラシック、フォルクローレを内包するピアニスト/作曲家、パブロ・フアレスの初来日公演。Piano Era、Quiet Corner、ネオフォルクローレ、そんなサウンドが好きなかたはきっと気にいるはずです。
トピック [NEWS]
アラン・ブロードベント INTERVIEW [インタビュアー:メイ・オキタ]
チャーリー・ヘイデン率いるグループ、"クァルテット・ウエスト"のメンバーとしても活躍し、ナタリー・コールやダイアナ・クラール、ポール・マッカートニー等、数多くのシンガーの作曲や編曲でも知られる人気ジャズ・ピアニスト、アラン・ブロードベント。そんな彼のことを敬愛するジャズ・シンガー/精神科医のメイ・オキタさんとのインタビュー。アラン・ブロードベントさんのジャズに対する姿勢から学べることがたくさんあります。
トピック [NEWS]
ECMリスニング・イヴェント開催
ECMレーベル創立50周年を記念し、ECMの音源をバーで聴く(!!)というリスニング・イヴェントが開催されます。記念すべきECMのカタログ1番、Mal Waldron 『Free At Last』の50周年記念ヴァイナルやKeith Jarrett の新作『MUNICH 2016』を聴きながらのトーク、そしてDJ KENSEIによる、ECM音源のみで紡がれるDJプレイの2部構成。世界的にもあまり例のないユニークな試みです。
トピック [NEWS]
インターネットラジオ局「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組がスタート!
KDDIとKKBOXの協業による音楽サブスクリプションサービス“うたパス”内のインターネットラジオステーション「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組「Live J」がスタート。DJは昨年、菊地成孔さんプロデュースでデビューしたオーニソロジーの辻村泰彦さん。毎回スタジオから生放送、生ライブ!是非お聴きください。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Will You Still Be Mine? / Kwartet Frits Kaatee』
今年4月に亡くなったオランダのサックス奏者、フリッツ・カーティーによる1984年の作品がこの度初CD化。僕はこのフリッツ・カーティーのこともアルバムに参加している女性シンガー、ジャネット・コルディのことも知りませんでしたが、アルバム全体に洒脱で小気味良いスインギーな楽曲が収められていてとても良かったです。中でも珠玉なのは番組で紹介しているジャズ・スタンダード「Will You Still Be Mine」。ジャネット・コルディのヴォーカルとまろやかなサックスが会話するアップテンポのスイングナンバー。華やかな気持ちになります。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『Aleksi Heinola Quintet / Aleksi Heinola Quintet』
フィンランドのドラマーAleksi Heinolaによる、2管+ピアノクインテットの初リーダー作。ハードバップなサウンドにピリリと小気味よいリズム。これがまさかの2019年録音の新譜。ホレス・シルバーやアート・ブレイキー、ホレス・パーランなどのハードバップ黄金期を彷彿とさせる粋なプレイ、録音・ミックスも含め素晴らしい出来栄えです。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『ヒル・クライマー / Vulfpeck』
世界中で一大旋風を巻き起こしている、LA発のミニマル・ファンク・バンドVulfpeck。弾けるポップセンスとずば抜けた超絶技巧のアンサンブルが炸裂した最新作です。ルイス・コールをフィーチャーした高速ビートナンバーをはじめ、豪華ゲスト陣が参加し、ミニマル・ファンクの可能性を追求した充実の内容。しかもアルバムまるごとyou tubeにアップしてしまうという、独特の活動を貫いています。そんな動画も中毒性があって今っぽさ100%!星野源さんもお気に入りだとか...。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『Leaf Boy / ABRO』
ダブルトーンのシルエットの切れ味に対して手彫りの版画のようなアートワークが程よくゆるい。それにしても胸毛があらわなベーシストも珍しいこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved