記事履歴

 
 
【Vol.921】 11月注目のジャズ新作を一挙紹介! / スナーキーパピー マイケル・リーグ / 林正樹とスガダイロー / 「音楽×朗読×失恋」松本妃代朗読
  • 発行日 2021-11-04
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2021年11月04日 Vol.921
こんにちはJJazz.Netです。

昨日は「文化の日」。緊急事態宣言解除後の祝日ということで都内はどこもだいぶ人出が多かったですね。文化の日はいつからか「アナログレコードの日」にもなったそうで、ラジオでそんな特番がやっていたので初めて知りました。レコードブームなんて言葉は随分前から言われ続け、その都度針不足やタンテの生産終了なんて騒がれていた頃もありましたが、もう完全に定着している感はありますよね。
自分も時間さえあればアナログレコードをずっと愛でていたい。

さて、最近はコロナの影響もあるのかないのか、海外の音楽シーンそのものに目を向ける機会が中々なかったのですが、そんな所へコアポートより素晴らしいアルバムが到着。スナーキーパピーのマイケルリーグが運営するレーベル「GroudUP Music」の日本企画による初のコンピレーション。スナーキーパピー周辺で活動するミュージシャン達にスポットを当てた内容なんですが、彼らのバックグラウンドや繋がりを熟知する音楽評論家柳樂光隆さんが選曲を担当。彼らの放つ音の層の厚さ、多様性に驚かされます。 番組「PICK UP」では、インタビュー形式で柳樂さんの解説も収録。このシーンで活躍する日本人ミュージシャン達の話も。JAZZを軸に実に豊かな表情を見せてくれる極上の内容ですので、是非チェックしてください。

さらにJJazz.Netでは、11月に入りスペシャルなイベントも決定!「音楽 x 朗読 x 失恋」という独自の切り口で行われるライブセッション「READING JAZZ - Love Over Time -」。そして先日発表されたばかりの林正樹とスガダイローがリーダーを務める2組のラージ・ アンサンブルによるホールライブ 「JJazz Large Ensemble LIVE」。詳細は各情報をチェックしてほしいのですが、どちらもとてもユニークな試みです。

ちなみにラージアンサンブル、編成を見ると、林正樹さんは弦楽カルテット、ビブラフォン、パーカッション、ボイス、そして「間を奏でる」 のリズム隊。有機的で繊細なアンサンブルになるのでしょうか。そしてスガダイローさんは、各楽器が対を成すようにダブル編成。これは一体…?ステージではどんな配置になるのか。さらにここにダンサーも加わるということでこちらも注目です。この二人がどんなアンサンブルを聴かせてくれるのか、見逃せない内容となっていますので是非会場へ足を運んで目撃して下さい。

それではJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT: Hiroshima

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「PICK UP - NOVEMBER」
11月3日 update
今、注目の音楽をたっぷりご紹介する大人気プログラム。
今回は、スナーキー・パピーのマイケル・リーグが運営するレーベル、「GroundUP MUSIC」の⽇本企画による世界初のコンピレーションアルバム『GroundUP MUSIC×COREPORT』をピックアップ。選曲を手がけた音楽評論家、柳樂光隆氏とガイドします。その他、バイオリニストmaikoとピアニスト、山田貴子のデュオユニット、「Painting of Notes」、広瀬未来+片倉真由子によるDUO作、沢田穣治が70年代に影響を受けたECMへのオマージュを込めたアルバム等、今月も良質かつ注目の作品をたっぷりお届けします。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
トピック [NEWS]
JJazz Large Ensemble LIVE」2021年11月18日(木)18:30開演 @ めぐろパーシモンホール(大ホール)
JJazz.Netが企画、主催するイベント。この人数そしてこのメンバー!2度とないかもしれないこの機会をお見逃しなく。世界的に注目"ラージ・アンサンブル"の日本からの回答。ジャズシーンを越境する2人の異能、林正樹とスガダイローがリーダーを務める2組のラージ・アンサンブルによるライブ。
トピック [NEWS]
音楽×朗読×失恋。「READING JAZZ - Love Over Time -」11月12日(金)@渋谷JZ Brat
「失恋」をテーマに音楽と朗読でお届けするライブセッション。出演者は歌詞の世界観も魅力の大和田慧、Michael Kaneko、関口シンゴ。そしてスペシャルゲストとして坂本美雨、Hiro-a-key、さらさが登場。そして朗読ゲストとして俳優の松本妃代の出演が決定しました。淡い物語を音楽と朗読で綴ります。限られた席数のプレミアチケットです。この機会お見逃しなく。
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第19回目更新!
トランペッター・ピアニスト・作曲家、曽根麻央による「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がします。今回はトランペットの名手フレディー・ハバードの名演奏が集約されたアルバム『Hub-Tones』をご紹介。ジャズ・トランペットを勉強するなら絶対に聴いておくべき作品です。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚、オススメの1枚を語ってもらうコンテンツ。今回はジャズピアニスト西山瞳さんのMY First Jazz。「ピアノのジャズって、こんなに格好良くてソリッドで刺激的なものなのかと。アルバムを通して、とにかく何が起こっているかわからない。そのわからなさが格好良い。そんな感じで、当時の私にとって刺激物でした。」
トピック [NEWS]
インターネットラジオステーション「Backstage Café」にてJJazz.Netの番組がスタート
日本初の本格的音楽専門インターネットラジオステーション「Backstage Café (BSC)」にてJJazz.Netの番組がスタートしました。タイトルは『JJazz.Net SELECTION』(毎週日曜日20:00〜21:00)、JJazz.Netでお送りしている人気の番組を週替わりで放送中。是非こちらでもお楽しみください。
トピック [NEWS]
SHOP PAGEオープン!
JJazz.NetやJAZZ UNITEDオリジナルのジャズグッズを揃えたショップページが完成。我々が欲しいジャズグッズを作りたい!ということでジャズ周辺のデザイナーさんたちとコラボレートしてオリジナルのグッズを制作しました。先日開催したイベント”JAZZ UNITED”シリーズは世界のどこかにある架空のジャズレーベルみたいなイメージ。いつか海外の著名ジャズミュージシャンが身につけてくれることを夢見ています。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『OPENRADIO / 仲野麻紀』
サックス奏者と一言で説明できない多芸多才な 仲野麻紀、初の完全ソロアルバムを11/7にリリース!完全インストソロ(!!)、フィールドレコーディングやエフェクター、ヴォイスなど、彼女ならではの表現が詰め込まれています。またタイトルにもなっている自身のネットラジオ番組風のインタールード的楽曲もあり、とにかく想像を掻き立てる一枚です。曲名も1曲を除き自身がインスピレーションを受けた本の作品名です。ちなみに彼女の文筆も素晴らしく『旅する音楽―サックス奏者と音の経験』は「音楽」や「地域」「人々」「旅」「自分らしい生き方」をつなぐ名著!!
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Contra Banda / 沢田穣治』
作曲家・コントラバス奏者 沢田穣治が70年代に影響を受けたECMへのオマージュも含めたソロアルバム[Contra Banda] がUnknown Silenceよりリリース。メンバーは、【沢田穣治 / ContraBass 望月慎一郎 / piano 馬場孝喜 / guitar 池長一美 / drums】。スペシャルゲストとして城戸夕果 / fluteが参加。 ECMの系譜と共振しながら描かれる彼ならではのコンポジションが素晴らしいです。CD発売は12月上旬予定。毎度ながらジャケットも最高です。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『GroundUp Music × CORE PORT / V.A.』
スナーキー・パピーのマイケル・リーグが創設。ジャンルを越えたアーティスト達のハブとなり、新しい音楽体験をリスナーへと発信する注目のレーベル「GroundUp Music」。レーベルとしても初めてのコンピレーションが、日本限定リリース。選曲は柳樂光隆氏(Jazz The New Chapter)が担当しています。PICK UPではそんな柳樂さんにインタビュー!音楽シーンにおけるマイケル・リーグの重要性、彼らの音楽に直接触れ、感じたこと、様々なアーティストの取材を続ける柳樂さんだからこその視点で、色々とお話していただきました!レーベルが今最も期待を寄せるミシェル・ウィリスの楽曲もオンエア。メロウでチルな雰囲気が心地よいです。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Live at Star Eyes / Far East Jazz Ensemble』
都会を歩くシルエットかと思いきやよく見るとボトルと椅子が並んだバーカウンターのようだ。ヘリコプターや銃痕のようなものも。版画のようななんとも言えないテイストでニューヨーク感か半端なく出ているこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved