記事履歴

 
 
【Vol.940】「Jazz Clock」更新 / 追悼 「鈴木勲 特別番組」公開 / オルガン奏者 金子雄太 初めてのジャズ作品 / スガダイロー 魚返明未 Piano DUOライブ
  • 発行日 2022-03-24
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2022年03月24日 Vol.940
こんにちはJJazz.Netです。

桜シーズン到来。東京は3/28(月)に満開の予想なのでこの週末が見頃のようです。陽気も含めてこの季節は最高なのですが、唯一の敵が花粉。コロナ禍でのクシャミや咳、精神的にもつらいです。わたくし高校生からずっとなのですが、花粉症って、一生一緒にいてくれや、なんですかね??

さて、今週「まん延防止等重点措置」が解除され、ライブも通常に戻りはじめました。そして遂に海外ミュージシャンによる来日公演の情報もちらほら届き始めています。5月頃から続々やってきますので、ここでざっとご紹介。

まずはサンダーキャットの再(!!)振替公演日程が決定。5月に東京・大阪・名古屋で行われる予定です。ただ、コロナ禍でのイベント開催に係る規制、キャパシティ制限を踏まえて開催を実現するため、各日2回公演制へと変更されています。

そしてこちらも注目、ハモンド・オルガン奏者コリー・ヘンリー。スナーキー・パピーの元メンバーで日本でも人気ですよね。5月に東京・横浜・大阪のビルボードライブで行われる予定です。また、LAシーン注目の次世代鍵盤奏者、ジョン・キャロル・カービーも同じくビルボードライブ東京にやってきます。日程は5月30日(月)。

そして、今年遂に開催されるであろう「Love Supreme Jazz Festival」。日程は5月14日(土)、5月15日(日)@埼玉県・秩父ミューズパーク。セルジオ・メンデス、ロバート・グラスパーが来日予定です。

そしてそして海外アーティストの招聘を長年行うOffice Zooさんによるこちらのツアーも発表されました。GTO Trio(Gadi Lehavi、Tal Mashiach、Ofri Nehemya)来日ツアー

画面越しでなく生で体感するあの感じ。世界のスタンダードをまた味わえると思うとワクワクしますね。

さて今週はJJazz.Netスタッフがジャズに寄り添う時間をお届けする「Jazz Clock」DAYとNIGHTが更新されています。JJazz.Netでジャズをお楽しみください。

来週は5週目の水曜日となるため番組の更新、そしてこのメールマガジンの配信はありません。

TEXT: 岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「JAZZ CLOCK - for the DAY」
3月23日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。日が昇り沈むまでのアクティブなジャズセレクションをお楽しみ下さい。
大林武司トリオ、アン・サリー、秋田慎治、大石学トリオ・・・。
新番組 「JAZZ CLOCK - for the NIGHT」
3月23日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。自分を取り戻す時間をあなたに。夜に映えるジャズセレクションです。今回のテーマは春の夜をイメージした「Melancholy Night」です。
中島ノブユキ、北川潔、Slawek Jaskulke、phonolite・・・。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚、オススメの1枚を語ってもらうコンテンツ。今回はオルガン奏者 金子雄太さんのMy First Jazz。「オルガンという楽器にはこのような表現力も有るのか!と思わされました。」
トピック [NEWS]
スガダイロー 魚返明未 Piano DUO 2022年4月2日(土) @渋谷公園通りクラシックス
生音が美しく響きグランドピアノが二台常設されている渋谷公園通りクラシックスならではのDUO企画。この2人が対峙し繰り広げるインプロ。どんなことになるのか楽しみです。
トピック [NEWS]
鈴木勲OMA SOUND年表公開!
鈴木勲"OMA SOUND"はメンバーが流動的ということもあり系統立ててまとめられてはいませんでした。JJazz.Netでは2015年、石渡久美子さんを中心に歴代参加メンバーの協力を仰ぎOMA SOUNDの年表を作成。ジャズ史においても貴重な記録です。
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第24回目更新!
トランペッター・ピアニスト・作曲家、曽根麻央による「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がします。今回はデイヴ・ブルーベック、おすすめライブ盤。有名盤ではないが人の心を熱く燃え上がらせる不思議な力がある作品。
トピック [NEWS]
インターネットラジオステーション「Backstage Café」にてJJazz.Netの番組がスタート
日本初の本格的音楽専門インターネットラジオステーション「Backstage Café (BSC)」にてJJazz.Netの番組がスタートしました。タイトルは『JJazz.Net SELECTION』(毎週日曜日20:00〜21:00)、JJazz.Netでお送りしている人気の番組を週替わりで放送中。是非こちらでもお楽しみください。
トピック [NEWS]
SHOP PAGEオープン!
JJazz.NetやJAZZ UNITEDオリジナルのジャズグッズを揃えたショップページが完成。我々が欲しいジャズグッズを作りたい!ということでジャズ周辺のデザイナーさんたちとコラボレートしてオリジナルのグッズを制作しました。先日開催したイベント”JAZZ UNITED”シリーズは世界のどこかにある架空のジャズレーベルみたいなイメージ。いつか海外の著名ジャズミュージシャンが身につけてくれることを夢見ています。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『メランコリア/ 中島ノブユキ』
この季節になると聴きたくなる一枚です。クラシックやトラッドな楽曲を中島さんワールドで昇華させた夢見心地な作品。ノスタルジックなバンドネオンも印象的で、 夢と現実がシンクロするような不思議なトーンで満ちています。タイトル”メランコリア”にふさわしく、淡く繊細な音風景が桜の季節に◯。それにしてもこの作品のリリースが今から12年前ということで、そこにも驚きです。時が経つのは早いですね。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 「Manhattan / 大林武司トリオ」
ニュー・センチュリー・ジャズ・クインテットや“J-Squad”でも活躍するピアニスト大林武司による2016年リリースのトリオ・プロジェクトアルバム。参加メンバーは、Terri Lyne Carrington (ds)、Nate Smith (ds)、Tamir Shmerling (b)、Yasushi Nakamura (b)。都会的で洗練されたスタイリッシュなJAZZ、流麗な美メロ満載の名作です。また、個人的には今作のドラムの音作りが超好みです。このあたりも注目です!
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
CD 『SONGS / 北浪良佳』
現在は神戸を活動の拠点とするシンガー北浪良佳さんの2009年発売セカンドアルバム。大阪音大大学院でオペラの高度な発声法を学び、抜きんでた確かな歌唱力は折り紙付き。日本語の歌とジャズ的表現を融合した表現スタイルで人気を博しています。林正樹をプロデューサーに迎え、武満徹、グリーグ、服部良一、オリジナルと意志ある7曲を収録。枠にとらわれない逞しさに、女性ファンも多いとか。日本語をジャズに昇華させた素晴らしい作品集です。
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
CD 『LITTLE GIRL BLUE / 松本茜』
どんな音が降り注いでいるのだろう?これ以上愛おしい絵が描ける人が居るかって程のレベルで顔がほころぶ。こんな時代だからこそ世界中の人に見てもらいたいこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved