記事履歴

 
 
【Vol.785】JAZZ新譜番組「PICK UP」更新 / 水谷浩章・加藤崇之・芳垣安洋・松風鉱一ライブ 新宿PIT INNへご招待
  • 発行日 2019-01-10
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2019年01月10日 Vol.785
こんにちはJJazz.Netです。

明けましておめでとうございます。2019年最初のメルマガということで、今年も良い音楽やライブに出会えるきっかけをたくさんお届けできるよう、スタッフ一同頑張りますのでどうぞよろしくお願いします。

お正月ぐらいゆっくり本でも読みたいなと思って準備していたものの、結局1ページも開かずに終わってしまいました。ますます活字離れが進んで時間があればYouTubeを見てしまう、、このいけない時間の使い方を今年は変えたいです。そんな中、自分が新年早々出会ったサウンドといえば、BIG YUKIの最新ライブ映像。昨年11月のNYCのNubluでのライブからの曲なんですが、シンプルなトリオ編成に楽器類もかなり進化した内容で演奏がエネルギッシュ。正月早々痺れました。BIG YUKIといえば去年NHKで放送された「明日世界が終わるとしても~ニューヨーク この街で生きる」で、そのライフスタイルなど脚光を浴びましたがそこから繋がる現在進行形のライブは「jazz-synth artist」というのが相応しいシンセサイザーに特化したパフォーマンス。今後の活躍もますます楽しみな2019年要注目のアーティストです。

そして同じキーボーディストいえば、日本とも関わりの深いアーティストMark de Clive-Lowe。彼は2月に新作「Heritage 」をリリース予定。日本の原風景と彼の幼少時代をテーマにミクスチャーした内容だそうで、その中から「Memories of Nanzenji」が現在公開されています。京都の南禅寺に思いを馳せた曲でなんとも味わい演奏。アルバムが俄然楽しみです。いかにも「和」なテイストは感じられずしかし叙情的な部分にはしっかり和を感じる不思議な曲。これで正月を過ごすというのもまたおつな気分です。

と、鍵盤推しな内容になってしまいましたが、今週のJJazz.Netでは新譜紹介番組「PICK UP」が更新。今月もフレッシュな作品がたくさんリリースされていますので是非チェックして下さい。

そして1月の「Pit Inn Live Invitation」もアップされています。今月は注目の公演【水谷浩章3DAYS 2019】から1/27(日)「Gush!」水谷浩章[b]加藤崇之[g]芳垣安洋[ds]ゲスト:松風鉱一[sax] をご案内。昨年のアルバムも好評だった「Gush!」に松風さんがゲスト!ということで素晴らしいステージになること間違い無しなので、たくさんのご応募お待ちしています。

TEXT:弘島憲

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「PICK UP - JANUARY」
1月9日 update
今、注目の音楽をたっぷりご紹介する大人気プログラム。今回はデンマークのネオソウルな女性シンガーNanna.B、ピアニスト大西順子が新セクステットによるオリジナルアルバム、グラミー常連のベテランシンガーのKarrin Allyson、フュージョン・ギターの金字塔Chuck Loeb追悼盤、Phil WoodsやMichel Legrandの新たに復刻された名盤など過去の名作もピックアップ。今月も良質かつ注目の作品をたっぷりお届けします。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
新宿PIT INNへリスナーご招待! [PRESENT]
新宿PIT INNへリスナーご招待!
東京のリアルなライブが楽しめるJAZZの老舗「新宿ピットイン」へJJazzリスナーをご招待する「Pit Inn Live Invitation」。今回は1月27日(日)「Gush!」のライブ公演へ1組2名様をご招待します。(水谷浩章[b]加藤崇之[g]芳垣安洋[ds]ゲスト:松風鉱一[sax])
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらう新コンテンツ。今回は新作『Wayfarer』をリリースされたばかり、シンガー畠山美由紀さんの「My First Jazz」。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
トピック [NEWS]
『バスキア、10代最後のとき』12月22日(土)より全国順次公開
ジャン=ミシェル・バスキア没後30年記念製作ドキュメンタリー映画『バスキア、10代最後のとき』が12月22日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA ほかで全国順次公開。 マイルス・デイヴィスやチャーリー・パーカーに親近感を覚えるなどJAZZ好きだったバスキア。NY70年代後半~80年代前半にかけての経済、音楽、アートシーンが濃く描かれ、いかにしてバスキアが有名になっていったかを描いたこの作品。いろんな側面から楽しめそうです。この機会に是非劇場でお楽しみください。
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Jazz Legrand / Michel Legrand』
ミシェル・ルグランとジャズ。ご存知の通り切っても切れない存在ですが、コルトレーンやマイルスと一緒にレコーディングした記念すべき作品『ルグラン・ジャズ』(1958年)から20年後にリリースしたこのジャズアルバム『ジャズ・ルグラン』がこの度復刻となりました。ジェリー・マリガンやロン・カーターといったアメリカの一流ミュージシャンを従えたラージアンサンブル。ルグランらしい洗練された中にもジャズの醍醐味が詰まった1枚。聴き応えあります。番組では松浦俊夫さんが所属していたU.F.O.の名曲「Loud Minority」の印象的なフレーズの元ネタで知られる「la pasionaria」をお送りしています。世代的にどうしても反応してしまう曲、今聴いてもかっこいいです。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『SOLEN / Nanna.B』
デンマークの女性シンガーNanna.B(ナナ・ビー)による、最新作『SOLEN』。今作には、フジロックの出演をはじめ今や全世界から注目を集める存在となったAnderson .Paakを筆頭に、Iman Omari、Mndsgn、Shafiq Husaynといった現行HIPHOP/R&B/SOULシーンを牽引するアーティスト達が、全面サポート。ミステリアスでクールな歌声と相性ぴったりの楽曲が並びます。オーガニックかつネオソウルなサウンドがフレッシュ。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『冬 -WINTER- / 石川早苗』
国内ジャズヴォーカリストの中でもズバ抜けた歌唱力と表現力を持つ石川早苗による、日本のポップスの名曲をカヴァーし季節ごとにリリースする「Seasonal Japanese Songbook Project」第一弾です。クラウドファンディングによって制作されました。サウンドプロデュースはギタリスト馬場孝喜、ピアノ堀 秀彰、ベース安田幸司、ドラム今泉総之輔、ギター小畑 和彦と豪華メンバー。J-POPの名曲がジャズアレンジによって生まれ変わり、新鮮さと懐かしさが味わえます。昔スキー場で...なんて思いを馳せながら素晴らしい歌声に浸って下さい。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Some of That Sunshine / Karrin Allyson』
残り僅かな平成をハッピーに過ごせそうで2019年の幕開けに相応しい華やかな笑顔あふれるこのジャケットが今年最初のお気に入り!
「PICK UP」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved