記事履歴

 
 
【Vol.806】 山下洋輔スペシャルセッション LIVE音源 / 温故知新「レイニージャズ」特集 / Miya + 佐藤芳明 Duo 新宿PITINNライブへのご招待!
  • 発行日 2019-06-13
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2019年06月13日 Vol.806
こんにちはJJazz.Netです。

関東も梅雨入りとなり、雨と曇りの多い季節になりましたね。一日中雨、しかも結構どしゃ降りが続きそうな日などは、窓の外から静かに聴こえてくる雨音と共に、JAZZの名演をたっぷりと聴きたくなります・・・と、いきなり「温故知新」のジョー長岡さんのナレーションが出てきてしまいましたが、今週の「温故知新」は「Rainy Jazz特集」をやっています。毎年この季節にしかやらない年に一回の企画。ジャズの曲には、四季を歌った曲が数多くありますが、雨の曲にはやっぱり叙情的な気持ちを奏でる名曲が多いような気がします。選曲を担当する関根さんならではの視点でチョイスされるスタンダードナンバーの組み合わせとジョーさんのナレーションにじっくり浸れる約60分。梅雨時期のお供に是非です。

ここで自分が特に好きな「雨曲」を掲げますと、Paul Horn Quintet with Voicesのアルバム「Here's That Rainy Day」から「Here's That Rainy Day」。男女のコーラスがたっぷり響きわたるアレンジがゴージャス。ハープとヴィブラフォンが左右にふられ雨のしたたる具合を表現したんであろう演奏とユニークなミックスがとてもよいです。アルバム通して聴いているといつのまにかジャケットの女性のような佇まいになれます。(笑)

そして、Bill EvansとJim Hallのデュオによる「Intermodulation」。左にJim Hallのギター、中央右にEvansのピアノという配置でミックス。ドラム・ベースレスなので割と近所を気にせず音を出せるアルバムです。外から聴こえてくる雨音との混じり具合はまさに絶妙なので、こちらも是非試して欲しい一枚です。とにかく演奏が素晴らしいです。

というわけで、皆さんもせっかくなのでこの季節ならではの過ごし方でジャズを楽しんでみてはいかがでしょうか?

今週のJJazz.Net、「温故知新」とともに更新された、ライブ番組「Jazz Today」には、なんと山下洋輔LIVEが!メンバーも豪華。素晴らしいセッションです。

それでは今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:弘島憲

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「温故知新 - 水無月 - Rainy Jazz -」
6日12日 update
世代を超え愛されてきたヴィンテージジャズ。ジャズ・スタンダード・ナンバーの数々をお送りします。今回は、rainy jazz特集。雨にまつわるスタンダードナンバーをピックアップしてお送り致します。窓の外から聴こえてくる雨音と、やさしく混じり合うジャズスタンダードの調べを、たっぷりとお楽しみ下さい。
新番組 「JazzToday - 山下洋輔スペシャルセッション LIVE」
6日12日 update
進化するジャズの姿を、リアルに体験するJazz Today。拡張し混在するジャズのイメージをとらえるライブシリーズです。今回は日本のフリー・ジャズシーンを牽引し、半世紀以上にわたり第一線で活躍するジャズ・ピアニスト、山下洋輔のLIVEをご紹介します。ゴールデンウィーク恒例、新宿PIT INNで行われた「山下洋輔ゴールデンウィーク3DAYS」の2日目。超満員の中、自身の楽曲を中心にスタンダードや川嶋哲郎の楽曲などを織り交ぜた、スペシャルなセッションをお楽しみください。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
新宿PIT INNへリスナーご招待! [PRESENT]
新宿PIT INNへリスナーご招待!
東京のリアルなライブが楽しめるJAZZの老舗「新宿ピットイン」へ、JJazzリスナーをご招待する「Pit Inn Live Invitation」。今回は、6/26(水)【Miya + 佐藤芳明 Duo 「天使のわけまえ * 悪魔の取り分」@新宿PIT INN】へ1組2名様をご招待です。
トピック [NEWS]
インターネットラジオ局「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組がスタート!
KDDIとKKBOXの協業による音楽サブスクリプションサービス“うたパス”内のインターネットラジオステーション「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組「Live J」がスタート。DJは昨年、菊地成孔さんプロデュースでデビューしたオーニソロジーの辻村泰彦さん。毎回スタジオから生放送、生ライブ!是非お聴きください。
bar bossa [NEWS]
「Bar Bossa BLOG更新」
個性的なゲストをお迎えし影響を受けた音楽を紹介する連載BLOG。約1年ぶりの更新です!今回のお客様は新作をリリースされたばかり、ピアニストの横山起朗さん。テーマは「夜に聴きたい5曲」です。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今月は人気ピアニスト佐藤浩一さんの「My First Jazz」。
トピック [NEWS]
Sunday Night Sessions 2019.6/30(日)@HOCUS POCUS(東京・永田町)
ドーナッツとライブをリラックスしながら楽しむことができる日曜夜のカフェライブ。出演は共にアメリカの音楽大学を卒業、シンガーソングライターとして注目を集める澤田かおりと酒井尚子。現在LAを拠点に活躍する澤田かおりは一時帰国中のタイミング、そして酒井尚子は昨年デビューアルバムをリリース後初となる、共に貴重なライブです。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Favourites / 鈴木央紹』
サックス奏者、鈴木央紹さん5年ぶりの新作です。編成は宮川 純さんと原 大力さんのトリオで、全編で宮川さんがオルガンを弾いており、鈴木さんの都会的で洗練されたサウンドをより空間的に演出しています。音響っぽく感じられる楽曲もあり新鮮。宮川さんのファンキーなオルガンも好きなのですがこういうアプローチも素晴らしいなと改めて感じました。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『BWA / Ralph Lavital / Laurent Coq』
フランスのピアニスト、ローラン・コックとマルティニ-ク島出身のギタリスト、ラルフ・ラヴィタルが邂逅したアルバム『BWA』。この曲ではローラン・コックがフェンダー・ローズでプレイ。ドラムとベースを加えた4人編成+ボイスで、シンプルながら飽きさせない演奏を聴かせてくれます。各パートがユニゾンしていく箇所なんかも実に心地よく決まっています。涼しげなボイスとカリブのリズムがミクスチャーしたリラックスした内容です。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Ballads / Margareta Bengtson』
北欧一と言われる美しい歌声と、古き良き時代の映画女優のような美貌で聴く人を魅了する、スウェーデンが生んだシンガー、マルガリータ・ベンクトソン。2016年に来日公演記念としてリリースされたこの作品は珠玉のバラード集。スウェーデンを代表するピアニストの一人、マティアス・アルゴットソンによる繊細なタッチのピアノと素晴らしい響きのハモンド・オルガン。さらにトランペットやトロンボーンをフィーチャーし、どこか牧歌的でドリーミーなスタンダード集となっています。東日本大震災のチャリティーコンサートで来日するなど親日家でもあり、北欧と日本の景色がリンクするようなイメージが広がる一枚です。上品で知的な歌声に、ただただため息が漏れます。
「温故知新」でO.A.中
CD 『Last Tango In Paris / Karel Boehlee Trio』
このひとのアルバムはどうやら毎回官能的な写真のようだ。後ろから光を当てたりモノトーンに近づけたり地面すれすれからのアングルにしてみたりと、よりシルエットを女豹たらしめているこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「温故知新」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved