記事履歴

 
 
【Vol.813】Lauren Desberg × Emi Meyerインタビュー / 8月のJAZZ新譜紹介 / 老舗JAZZライブハウス新宿PITINN 注目のライブへご招待!【廣瀬真理子とパープルヘイズ】 / 大隅寿男が初めて触れたジャズ
  • 発行日 2019-08-08
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2019年08月08日 Vol.813
こんにちはJJazz.Netです。

暑い日が続いてますね。子供が学校から持ち帰った枝豆の鉢があるんですが、一向に大きくならず。枝豆がひとつ成っていたのですがとうとう茶色く変色してしまい、成長日記をみたら茶色の枝豆がぽつんと寂しくひとつ・・・(泣)残念だけどまた来年頑張ろう!と励ましつつ買ってきた枝豆をつまんでます。夏はやっぱりビールと枝豆。グビグビ飲みたくなるシーズンです。毎日こう暑いとプシュっとやりたくなりますが、日々おっさん化が進攻している自分はちょっとでも糖質オフな日々を重ねたいが為に、最近はワインに炭酸を入れてグビグビやっています。まあ喉で炭酸がはじければなんでもいいわけで、ワインが無いときは焼酎で、もうなんでもOK状態です。

そんな中、ディスクユニオンさんがECM 50周年を記念したワインを発売してました。なんでも、ECMとゆかりあるワイナリーで生産されたワインだそうで。ECMレーベルを財政面で支えたカール・エッガーさんという方(有機農法主体の生産農家)が関わっていた「LaSelva」というブランドが協力したワイン。「すっきり白」「まろやか赤」の2種類今月発売とのことです。とにかくECM音源を楽しみながら飲んでみたい。美味しそうです。

ECMといえばドイツでマンフレート・アイヒャーによって設立されたレーベル。これまでになんと1,500以上もの作品がリリースされているということで、この夏は再発プロジェクトもスタート。第一回発売が昭和の名盤25作品。第二回発売は平成の名盤25作品ということでどちらも見逃せないタイトルが。クールにデザインされたジャケットなんかは見ているだけで涼しくなるし、ワイン飲みながら時間かけてじっくり聴き込むのも良いのではないでしょうか。

今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「PICK UP - AUGUST」
8日7日 update
今、注目の音楽をたっぷりご紹介する大人気プログラム。今回はEmi MeyerとLauren Desbergのインタビュー、マーク・ド・クライヴ・ロウの新プロジェクトRonin Arkestra、サックス奏者Pete CunninghamによるUKジャズグループIshmael Ensemble、ANDRE MEHMARIトリオのコンセプトアルバム、akiko×林正樹のスペシャルなコラボレーション作品、中村 真のトリオ名義4作目、完全即興を2曲収めたスタンダードアルバムなどなど。今月も良質な作品をたっぷりお届けします。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
新宿PIT INNへリスナーご招待! [PRESENT]
新宿PIT INNへリスナーご招待!
東京のリアルなライブが楽しめるJAZZの老舗「新宿ピットイン」へ、JJazzリスナーをご招待する「Pit Inn Live Invitation」。今月は【廣瀬真理子とパープルヘイズ】8月23日(金)へ1組2名様をご招待です。モスラ・ジャズとも形容されるジャズという範疇に収まらない超変則ビッグバンド。ご応募お待ちしています。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今月は今年活動50周年を迎えられたジャズドラマー大隅寿男さんが初めてジャズに触れた作品。「高校生の時に観たアート・ブレイキーの初来日公演が僕のジャズの基礎になっています。」
トピック [NEWS]
インターネットラジオ局「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組がスタート!
KDDIとKKBOXの協業による音楽サブスクリプションサービス“うたパス”内のインターネットラジオステーション「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組「Live J」がスタート。DJは昨年、菊地成孔さんプロデュースでデビューしたオーニソロジーの辻村泰彦さん。毎回スタジオから生放送、生ライブ!是非お聴きください。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『spectrum / akiko / 林正樹』
akikoさんが信頼するピアニスト、林正樹さんとのアルバムが完成しました。ジャズ作品ではありますがクラシックやアンビエントのような趣もあり、この2人ならではの繊細でポエティックな世界を堪能することができます。またJJazz.Netでも人気の「Teal」や「Bluegray Road」といった林さんの作品にakikoさんがオリジナルで歌詞をつけた楽曲も収録。新たな息吹を吹き込まれたこれらの曲はとても新鮮で新たな発見があります。この2人のライブも素晴らしいので是非チェックしてみてください。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『Blame It on the Sun / Ryan Porter』
Mark De Clive-Lowe(マーク・ド・クライヴ・ロウ)が自身のルーツである日本をテーマにした大作『Heritage』をリリースされたのが今年の頭。それに続くかのような、ニュープロジェクトが9月にリリース。彼のよびかけで、ジャズを中心に日本の精鋭プレイヤーが集結したニュー・バンド「RONIN ARKESTRA(浪 人アーケストラ)」。WONK、CRO-MAGNON、KYOTO JAZZ SEXTET等のメンバーが参加した、待望のデビュー・アルバム「Sonkei」が完成。このメンバーならではのフレッシュでダイナミックな展開。日本的なトーンが絶妙なバランスでミクスチャーされた力作です。おススメ!
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Ra / Andre Mehmari、Bernardo Maranhao、Alexandre Andres』
ブラジル最高峰のピアニストであり、この国のクラシック界で最も演奏されている作曲家、アンドレ・メマーリ。ミナス新世代を代表するシンガーソングライター、アレシャンドリ・アンドレス。それらの作品に多く携わりシーンに欠かせない作詞家、ベルナルド・マラニャォン。そんな三者がコラボレーションした作品。ピアノ、フルート、ギター、アコーディオン、マリンバなど、マルチな二人のアンサンブルを軸に、三者の朴訥とした柔らかい歌声がのる。詩の内容は理解できないものの、その地に息づいてきた普遍的な価値観や、美しい深緑の景色などを思わせてくれる。個人的にアルバムジャケットは直視できないけれど(笑)、生命力のある音楽が満ちています。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『Soul Awakening / Brandee Younger』
奇をてらうアングルでもなんでもないが、口元で見切れる構図と衣装なのか暖簾のような装飾品なのか分からないなんとも味のあるロープたちが飽きのこない雰囲気を出し続けくれるこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved