記事履歴

 
 
【Vol.815】 須永辰緒「夜ジャズ.Net」ゲストは人気上昇中バンド、AVOCADO BOYS / Jazz Clock - for the DAY」更新 / 丈青が選ぶ「My First Jazz」
  • 発行日 2019-08-22
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2019年08月22日 Vol.815
こんにちはJJazz.Netです。

休みをとるならここしかない!ということで、お盆休み直前に、米子〜松江〜出雲と(自分でも思いも掛けず)山陰の旅へ。旅先でこれがあれば僕あがっちゃうよ!というポイント、「歴史」、「温泉」、「湖」のストレートフラッシュ!めちゃくちゃ良いところでした。贅沢にも高級魚”のどぐろ”の煮付けなどもいただき、かなりリフレッシュできました。また行きたいです。

さて、気がつけば今月末は「TOKYO JAZZ FESTIVAL」(8/30-9/1)!今年で18回目を迎える国内最大級のジャズフェス。今回も渋谷のNHKホール、代々木公園ケヤキ並木ほかで開催されます。今回かなりツボをつくラインナップで、ホール公演のチケットはほぼソールドアウト(最新の状況は是非オフィシャルサイトをチェックしてください)。

簡単にラインナップをご紹介すると、8/31(土)のDay Timeは「MISIA×黒田卓也」と「ミシェル・ンデゲオチェロ」。Eveningは「アヴィシャイ・コーエン・トリオ」と「チック・コリア・アコースティック・バンド」、翌日9/1(日)のDay Timeは「カマシ・ワシントン」と「チャールス・ロイド “Kindred Spirits”」、Eveningは「スナーキー・パピー」と「チック・コリア・エレクトリック・バンド」となっています。

注目しているのは「チャールス・ロイド “Kindred Spirits”」と「アヴィシャイ・コーエン・トリオ」。どちらもメンバー気になりませんか?
たまたま僕が今一番聴いているのがアヴィシャイ・コーエン・トリオの『フロム・ダークネス』(2015年)でして、現代的なジャズのエッセンスが詰まっているこのアルバムを日々リピート再生しております。
このアルバムのメンバーは、ニタイ・ハーシュコヴィッツ(p)とダニエル・ドール(ds)ですが、今回の公演では過去にメンバーとして活躍、今や新世代ジャズシーンを牽引するマーク・ジュリアナ(ds)とアゼルバイジャン出身の若きピアニスト、エルチン・シリノフ(p)が出演。このトリオでの演奏も楽しみです。(ちなみに先日来日していたUKの新世代ジャズミュージシャン、アルファ・ミストが好きなミュージシャンとしてHIP HOPアーティストと共にこのアヴィシャイ・コーエンを挙げていたのが印象的でした。)

この他、代々木公園ケヤキ並木で行われるイベント「the PLAZA」は世界中からジャズバンドが集結。こちらは無料で観覧できますし、渋谷のクラブWWWとWWWXでは関連イベントとして、越境する今のジャズシーンを捉えた「Tokyo Jazz X2」も開催されます。
夏の終わりに「TOKYO JAZZ FESTIVAL」で過ごすというのも良さそうですね。

今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「夜ジャズ.Net - AVOCADO BOYS」
8日21日 update
オーセンティックなジャズリスナー、クラブジャズ世代、そのどちらにもリンクする須永辰緒ナビゲート・選曲による番組。今回は昨年名古屋で活動を開始、ブラックミュージックにジャズをブレンドしたサウンドで人気上昇中のバンド、AVOCADO BOYSがゲスト。前編英語詞による楽曲、そしてヴォーカル、Lena(リナ)さんの歌声が印象的です。名古屋以外ではあまり露出していないこのバンドを今回いち早くご紹介します!
新番組 「JAZZ CLOCK - for the DAY」
8日21日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。日が昇り沈むまでのアクティブなジャズセレクションをお楽しみ下さい。
Quique Sinesi、守屋純子、角銅真実・・・。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今月は丈青(SOIL&"PIMP"SESSIONS、J.A.M)さんが初めてジャズに触れた1枚。「当時ジャズのことはよく分からなかったけど、色々と後になって繋がってきたんですよね。」
トピック [NEWS]
JJazz.Netプロデュースの番組「Live J」、今週8/23(金)生放送では菊地成孔がゲスト出演!
KDDIとKKBOXの協業による音楽サブスクリプションサービス“うたパス”内のインターネットラジオステーション「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netがプロデュースしている番組「Live J」【毎月第2・4週目 金曜日20:00〜21:00】。DJは昨年、菊地成孔さんプロデュースでデビューしたオーニソロジーの辻村泰彦さん。今週8/23(金)の生放送には菊地成孔さんがゲストとして生出演!スタジオ観覧もできます。是非原宿「BACK STAGE CAFE」へ!
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Squeeze / AVOCADO BOYS』
昨年結成、名古屋で活躍するバンド、アボカドボーイズ。2回目だという東京でのライブを観ましたがブラックミュージックをベースにしたスムーズで適度なポップさが心地よくてずっと揺れてました。特にLenaさんのヴォーカルが変幻自在でジャズ、ヒップホップ、ポップミュージックと見事にはまっています。サウンドのミクスチャー具合が絶妙で(90年代ソウルジャズを彷彿とさせる空気感もあり)、そのスタイルが興味深いです。YouTubeでライブ(AVOCADO BOYS MOVIES)を観ることができるのでそちらも是非チェックしてみてください。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『LesAlpx / Coorabell / Floating Points』
先日のサマソニMidnightsonicでもDJで来日していた電子音楽家Floating Pointsと、老舗レーベルNINJA TUNEとの邂逅ということで巷で話題のニューシングル。SOUL、FUNK、DISCOなどを中心とした生音なDJセットとは対極的に、強力な電子音のうねりが展開されるディープなダンスミュージック。ジャンルをこえたインパクトあり。ジャケ・MVはとても中山晃子さんぽい映像(クレジット見つからず)。ミニマルでかっこいいです。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『Brincadeira de crianca~子供の遊び / JAZZ BATA feat. マルセロ木村』
パーカッショニスト後藤嘉文とトランペッター尾崎あゆみによるラテンジャズプロジェクト”JAZZ BATA”の3作目。ブラジル人ギタリスト、マルセロ木村が全面プロデュースし、参加しているこの作品。東京で出会い、濃密なセッションを重ね、その空気感をそのまま閉じ込めたようなスピード感、フレッシュ感。アルバム・タイトルの『Brincadeira de crianca』とは、”子どもの遊び”という意味で、何にもとらわれずに遊びたいという思いが詰まっています。言わずと知れた名曲から、マルセロのオリジナルまで。海辺の似合う色鮮やかな作品です。
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
CD 『Double Torus / 田中邦和 & 林正樹』
Double Torus、調べてみるとドーナツを2つくっつけたようなカタチであることがわかった。となると、裏面にはもう1つのドーナツがあるのかが大変気になるこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved