記事履歴

 
 
【Vol.817】9月のJAZZ新譜紹介番組「PICK UP」更新 / 老舗ライブハウス新宿PITINN 注目のライブへご招待!【蜂谷真紀(Vo)松島啓之,類家心平(Tp)須川崇志(B)本田珠也(Ds)】
  • 発行日 2019-09-05
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2019年09月05日 Vol.817
こんにちはJJazz.Netです。

9月最初のメルマガ。今週の東京は比較的涼しい感じなのでしょうか。 最近は、もっぱら子供のポケモンに付き合わされてあちらこちらへ。 「レックウザがいなくなっちゃうから早く早く!」いわれるがままに現場へむかうと、何があったのかと不安になるくらいの人だかり。凄い人気なんですね~完全に取り残された気分になりました。

先日は、初めての東京JAZZをチェックしに渋谷へ。二日目の午後のステージを目指していったのですがエリア付近は早い時間からジャズが鳴り響きイイ感じ。並木通りもたくさんの人で賑わっていました。午後のThe HALL 【NHKホール】では、チャールス・ロイドとカマシ・ワシントンというラインナップ。御年80を越えるレジェンドと、L.A現代ジャズシーンを代表する存在。どちらのライブもいわずもがな最高。ビューティフルで素晴らしかったです。そして、カマシのステージには、キーボードBIGYUKIが登場。途中のソロパートでかましたキーボードさばきには思わず刮目…カマシも後ろから満足そうにプレイを見守っている姿が印象的でした。東京JAZZは来年は5月に開催予定とのこと。

そんなライブの興奮冷めやらぬ今週はいよいよ先週のメルマガでも触れていた待望のドキュメンタリー『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』がロードショー(9/6から)。こちら東京JAZZでもブースを出しており賑わっておりました。ジャズファンの皆さんは要チェックですね。

それでは、今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:HIROSHIMA

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「PICK UP - SEPTEMBER」
9日4日 update
今、注目の音楽をたっぷりご紹介する大人気プログラム。今回はピアノエラに出演が決定したニタイ・ハーシュコヴィッツ、ベースの巨匠、低音王という異名を持つチャーネット・モフェットによる最新作、<ピアノ界のバスキア>とも称されるピアニストELEW、現代最高のサックス奏者の一人デイナ・スティーヴンス最新作、シャイ・マエストロ アヴィシャイ・コーエンとのコラボでも話題のイスラエル出身のドラマー、ジヴ・ラヴィッツなどなど。今月も良質な作品をたっぷりお届けします。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
新宿PIT INNへリスナーご招待! [PRESENT]
新宿PIT INNへリスナーご招待!
東京のリアルなライブが楽しめるJAZZの老舗「新宿ピットイン」へ、JJazzリスナーをご招待する「Pit Inn Live Invitation」。今回は、9/25(水)「次ナルJAZZ問答」へ1組2名様をご招待。出演は、蜂谷真紀(Vo)松島啓之,類家心平(Tp)須川崇志(B)本田珠也(Ds)という強力なメンバー。たくさんのご応募お待ちしています。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今月は丈青(SOIL&"PIMP"SESSIONS、J.A.M)さんが初めてジャズに触れた1枚。「当時ジャズのことはよく分からなかったけど、色々と後になって繋がってきたんですよね。」
トピック [NEWS]
インターネットラジオ局「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組がスタート!
KDDIとKKBOXの協業による音楽サブスクリプションサービス“うたパス”内のインターネットラジオステーション「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組「Live J」がスタート。DJは昨年、菊地成孔さんプロデュースでデビューしたオーニソロジーの辻村泰彦さん。毎回スタジオから生放送、生ライブ!是非お聴きください。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『COLOMENA / 勝沼恭子+三宅純』
作曲家、三宅純関連の作品でお馴染み、勝沼恭子のファーストアルバムが三宅純プロデュースにより完成しました。サウンドは三宅サウンドの象徴ともいえる時間や記憶を呼び起こす「Lost Memory Theatre」シリーズと共通する部分はあるものの全体的にポップ!勝沼さんの歌声は優しくも力強い母なるもの、アフリカの大地みたいなものを想起します。三宅さんと勝沼さんの織りなす世界、独特です。9/16(月・祝)には代官山の「晴れたら空に豆まいて」にて先行試聴会が開催されます。もちろんお二人も参加されるということで興味のある方は是非どうぞ。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『Turn To Clear View / Joe Armon-Jones』
最近はEzra Collectiveでの活動でもお馴染みサウスロンドンのUKジャズシーンの実力派キーボーディスト、Joe Armon Jonesのニューアルバムが早くもリリース。ソウルやジャズ、ダンスミュージックがミクスチャーされたオルタナティブな世界観が反映されているのは、このシーンならでは。Oscar Jerome, Moses Boyd,Nubya Garciaなど、レギュラーのバンドメイトとともに今作には現代のニーナ・シモンとも称されるGeorgia Anne Muldrow(Brainfeeder, Stones Throw)もフィーチャリング。スペーシーな空間が心地よい楽曲に仕上がっています。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Lemon the Moon / Nitai Hershkovits』
イスラエル・ジャズを牽引するベーシスト、アヴィシャイ・コーエングループへの加入を機にその名を広めたピアニスト、ニタイ・ハーシュコヴィッツ。ビートメイカー、リジョイサーとの共演などジャンルレスな活動に注目が集まっています。今作は彼にとって初のピアノトリオ作品。イスラエルの文化や歴史が育んだ、慈愛深くメランコリックなメロディ。メロウな中に一癖も二癖もあるビートが効いた楽曲。さらには心地よいエレクトロニクスが入り混じった何とも幽玄で神秘的な一枚です。今秋のPIANO ERA 2019にも出演しますが、期待は高まるばかりです!
「PICK UP」でO.A.中
CD 『My variations / 細川千尋』
多重露光風の画像で計算された角度のピアノが、髪留めのように見えたりボーダーの衣装に見えたりで楽しめるこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「PICK UP」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved