記事履歴

 
 
【Vol.818】ジョンコルトレーン特集 / 大和田慧ライブ音源 / 老舗JAZZライブハウス新宿PITINN 注目のライブへご招待!【蜂谷真紀(Vo)松島啓之,類家心平(Tp)須川崇志(B)本田珠也(Ds)】
  • 発行日 2019-09-12
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2019年09月12日 Vol.818
こんにちはJJazz.Netです。

先日はカミラ・メサの来日公演@BLUENOTEへJJazzスタッフで。噂に違わぬ素晴らしいステージで、ただただひたすらに感動。ギターを肩にかけながら歌うスタイルは、フロレンシア・ルイスなどとも通じる南米ロックな出で立ち。しかしサウンドは極めて現代的。洗練されたアンサンブルとチリというバックグランドを色濃く感じさせるパッショナブルな演奏。新作『ambar』からのライブセット中心でありつつ「ククルクク・パロマ」 (Caetano Velosoのレパートリーでもお馴染み)など南米フォルクローレの素晴らしいカバーも披露。感情を激しく揺さぶられました。演奏メンバー【エディ・ラディン(key, p)、ノーム・ウィーゼンバーグ(b)、小川慶太(perc, ds)+4弦というネクター・オーケストラ】との融合も素晴らしかったです。ライブ前には彼女へのインタビューも行いました。この模様は来月の「PICK UP」で公開しますので、どうぞお楽しみに。9/22(日) にはシャイ・マエストロとのDUOで京都音楽博覧会への出演も決定しています。

さて、今週は2番組が更新。「温故知新」ではJohn Coltrane特集(何気に初テーマ?)。昨年は未発表スタジオ録音作『Both Directions at Once: The Lost Album』が発売され、日本でも大いに盛り上がりましたが、今年は未発表スタジオ・アルバム『Blue World』がまたあらたに発掘! 録音から55年の時を経て2019年9月27日に発売されます。フランス映画の為に書き下ろされたサントラアルバムだそうで、マッコイ・タイナー、ジミー・ギャリソン、エルヴィン・ジョーンズという黄金のカルテットでのレコーディング・・・これはマストでチェックしたいリリースですね。ビジュアライザーも公開中。

そして、「JazzToday」では、シンガーソングライター、大和田慧のLIVEを紹介。こちらは次世代のジャズシーンを牽引する実力派ミュージシャンがずらり勢ぞろい。宮川純(key)、吉田サトシ(g)、越智俊介(b)、伊吹文裕 (d)、HARUNA(cho)、小西遼(sax)このメンバーでの演奏!軽快なR&B・AOR感が実に心地よく、アレンジも素晴らしい艶やかなヴォーカルライブを披露しています。どちらも是非チェックして下さい。

それでは、今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:HIROSHIMA

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「温故知新 - 長月 - Dedicated to John Coltrane」
9日11日 update
世代を超え愛されてきたヴィンテージジャズ。ジャズ・スタンダード・ナンバーの数々をお送りします。今回は、ジョン・コルトレーン特集。ジャズの歴史を引き継ぎ、塗り替え、今もなお後世に多大な影響を及ぼし続けるサックス奏者です。スタンダードナンバーでの名演の他に、彼自身の音楽を象徴するオリジナル曲を多数残しました。その中にはもはやスタンダードと行って良い程に定着し、ミュージシャンたちのレパートリーに加わっています、今回はそういった曲を中心に、コルトレーンにまつわる曲も含めてお送り致します。
新番組 「JazzToday - 大和田慧 LIVE」
9日11日 update
進化するジャズの姿を、リアルに体験するJazz Today。拡張し混在するジャズのイメージをとらえるライブシリーズです。今回は、ジャンルの枠を超え活躍するシンガーソングライター、大和田慧のLIVEをご紹介。お送りするのは、次世代のジャズシーンを牽引する実力派ミュージシャンが一堂に会し、大和田慧の描く世界観を表現したバンドセッションです。拡張する現代のジャズシーンの中でも特に注目を集めるポップミュージックとの邂逅。全曲オリジナルによる大和田慧のソングライティングセンス、そして彼女の多彩なヴォーカルワークと共にお楽しみください。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
トピック [NEWS]
渋さ知らズ30th野外フェスティバル「渋大祭」2019年9月16日(月・祝)開催!
フリージャズをベースにした唯一無二の大所帯バンド、渋さ知らズオーケストラ。2019年はなんと結成30周年(!!)ということで、2019年9月16日(月・祝)に神奈川県・川崎市東扇島東公園にて野外フェスティバル「渋大祭」が開催されます。ZAZEN BOYS、clammbon(クラムボン)、渋谷毅オーケストラ、ROVO等々、個性溢れる強烈な出演者ばかりですが、ここにきてなんと世界のフリージャズ最重要アーティスト「The Sun Ra Arkestra」が渋大祭の為だけに来日する事が発表されました。
新宿PIT INNへリスナーご招待! [PRESENT]
新宿PIT INNへリスナーご招待!
東京のリアルなライブが楽しめるJAZZの老舗「新宿ピットイン」へ、JJazzリスナーをご招待する「Pit Inn Live Invitation」。今回は、9/25(水)「次ナルJAZZ問答」へ1組2名様をご招待。出演は、蜂谷真紀(Vo)松島啓之,類家心平(Tp)須川崇志(B)本田珠也(Ds)という強力なメンバー。たくさんのご応募お待ちしています。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今月は丈青(SOIL&"PIMP"SESSIONS、J.A.M)さんが初めてジャズに触れた1枚。「当時ジャズのことはよく分からなかったけど、色々と後になって繋がってきたんですよね。」
トピック [NEWS]
インターネットラジオ局「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組がスタート!
KDDIとKKBOXの協業による音楽サブスクリプションサービス“うたパス”内のインターネットラジオステーション「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組「Live J」がスタート。DJは昨年、菊地成孔さんプロデュースでデビューしたオーニソロジーの辻村泰彦さん。毎回スタジオから生放送、生ライブ!是非お聴きください。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『[a la mode] / 秘湯感』
知る人ぞ知るバンド”秘宝感”の解散から数年、今度は温泉をテーマに”秘湯感”として生まれ変わりました。スガダイロー(Piano)纐纈雅代(A.Sax)斉藤良(Drums)福原千鶴(鼓)EU子(♨️)という一癖も二癖もある面々によるフリー度強めのアバンサウンド。でもこれが意外と心地よく、EU子さんの危うげで自由なフロウがなんとも癖になります。エンディング曲「Fin」ではまさかの(!!)メンバーの(隠し録り的な)会話が収録。ちょっぴりスピっていて、かなり笑えますので是非手に入れてみてください。僕も近々入湯したい(笑)。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『Bright New Day / Charnett Moffett』
ダブルベース、フレットレスベース、ピッコロベースを演奏するベースの巨匠、低音王という異名を持つチャーネット・モフェットによる最新作が登場。ギル・スコット・ヘロンとの作品でもお馴染みのブライアン・ジャクソン、マーク・ホイットフィールド・ジュニア、ヴァイオリン界の新星、スコット・テキシアーなどが参加した、ユニット「Bright New Day Band」でのファースト・アルバム。まるでギタープレイかのようなフィジカルなベースソロが圧巻。壮大な大地を想起させるサウンドのイメージとばっちりリンクしたジャケがまた秀逸です。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『FELIX / 仁詩 Banda Nova』
2018年アメリカで開催された国際コンテスト、Che Bandoneon Competitionにて第2位受賞という経歴を持つバンドネオン奏者・仁詩によるリーダー作品。タンゴを中心とし、ジャズ・ワルツ・ロック・ジプシー・アフリカンなどの要素が絶妙にミックス。悪魔が作ったとも言われるバンドネオン。恐怖さえ覚える妖艶な魅力、華々しさを充分に堪能できる作品です。ピアソラ作品、映画音楽、日本歌曲と聴き馴染みのある楽曲もオリジナルアレンジで収録。世界中の情景が浮かぶような一枚です。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『CUBISM / ELEW』
原曲と聴き比べてみたものの・・・素人には共通点が見いだせず。そんな頭の混乱を表したようなこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「PICK UP」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved