記事履歴

 
 
【Vol.822】 温故知新【秋ジャズ特集】 / アルトの新星【松丸契ライブ音源】 / 老舗JAZZライブハウス新宿PITINN 注目のライブへご招待!【TAMAXILLE本田珠也(Ds)類家心平(Tp)井上 銘(G)須川崇志(B)】
  • 発行日 2019-10-10
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2019年10月10日 Vol.822
こんにちはJJazz.Netです。

今週末は大型台風接近ということで、連休の計画も見直している人が大半なのでは無いでしょうか。我が家もこの連休こそはキャンプに~なんて予定を立ててましたが中止に。これで4回目ぐらいの空振り。今年は天候に恵まれずシーズンも終わりそう。各地で予定されているイベントもこの状況下では、難しい判断を迫られそうです。

そんな中、東京では《Montreux Jazz Festival Japan 2019》がこの連休中に開催。メイン・ステージの日本橋三井ホールには様々なアーティストが集結。10.12(土)BARDBADNOTGOOD、THE FIVE CORNERS QUINTET、 J.A.M piano trio、10.13(日) KURT ROSENWINKEL & CAIPI、桑原あい、ものんくる、10.14(月・祝日) MARISA MONTE 、小坂忠 with 中納良恵(Ego-Wrappin')。COREDO室町テラス にはサブステージも、無料のコンサートも行われるそうです。ブラジルの歌姫マリーザ・モンチの来日は惹かれますね。12年ぶりの再来日とのこと。
ちなみに台風19号の接近に伴い、野外/屋内のイベント開催可否について本日(10/10)18時にホームページ、SNSにて発表されるそうです。

また、来月頭にはトロピカリズモ・スピリットを体現するブラジルの鬼才Tom Ze(82歳)の奇跡の初来日があります。こちらは11月2日(土) 3日(日)で開催される《FESTIVAL de FRUE 2019》に来日。 場所は、静岡県掛川市つま恋 リゾート彩の郷。ジャズ・オルタナ・テクノ・ハウス・民族音楽など、多種多様なジャンルから魅力的なラインナップが揃うこちらのフェスは今年3回目。味のある古びたアリーナが趣のあるこの場所でシーンを席巻してきた御大のステージ。どのようなものになるのでしょうか。こちらも楽しみです。10.31(木)には三鷹市公会堂光のホールでソロ・コンサートも行われる模様。

さて、今週は2番組が更新。「温故知新」は”秋ジャズ”特集。「JazzToday」では、アルトサックスの新星、松丸契のリーダープロジェクト、blank manifestoのライブをお届け。台風に備えつつ、こんな時は家にこもってジャズを楽しむのがおススメです。

それでは、今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:HIROSHIMA

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「温故知新 - 神無月 -AUTUMN JAZZ-」
10日9日 update
世代を超え愛されてきたヴィンテージジャズ。ジャズ・スタンダード・ナンバーの数々をお送りします。今回は秋を彩る楽曲を特集。色づく季節に映える珠玉のジャズスタンダードナンバーをお送りします。年月をかけ受け継がれる音の響き・・・そんな深みを楽しむ贅沢な時間をお過ごし下さい。
新番組 「JazzToday - 松丸契blank manifesto LIVE」
10日9日 update
進化するジャズの姿を、リアルに体験するJazz Today。拡張し混在するジャズのイメージをとらえるライブシリーズです。今回は1995年生まれ、パプアニューギニア出身。独学でジャズを学び、その後バークリー音楽大学を首席で卒業した異色の経歴をもつアルトサックスの新星、松丸契のリーダープロジェクト、blank manifesto(ブランク・マニフェスト)のLIVEをご紹介します。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
トピック [NEWS]
「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2019」今週末開催!<2019/10/12(土)- 14(月・祝)>
スイス本国のスピリットを継承しながら、日本独自の企画として2015年からスタートした「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン」。マリーザ・モンチ12年ぶりの来日公演、ファイブ・コーナーズ・クインテット1日限りのリユニオン、カート・ローゼンウィンケル&ペドロ・マルチンスなど見逃せない公演など多数予定されています。
トピック [NEWS]
「第7回鎌倉じゃず祭〜音のカーニバル〜」開催
10月19日(土)今年も鎌倉材木座の浄土宗大本山 光明寺にて「鎌倉じゃず祭」が開催。18時からの2部には第一回から参加する鎌倉生まれのジャズ・シンガー牧野竜太郎、そして同じく鎌倉出身のジャズボーカリスト、阿川泰子が出演。この2組をサポートするのが秋田慎治(p)、片野吾朗(bs)、河村亮(ds)という豪華メンバーによるスペシャル"鎌じゃず"トリオ、さらにフィーチャリングとして太田剣(sax)も参加します。
トピック [NEWS]
カミラ・メサインタビュー
チリ出身、現在はNYを拠点に活躍するシンガー/ギタリストのカミラ・メサ。現代ジャズシーンでの注目はもちろん、近年は彼女の溢れる才能に世界中が熱い視線を送っています。新作についてはもちろん、作詞のプロセスやヴォーカリストとしてのケアの方法など、JJazz.Netナビゲーター黒澤綾のインタビューです。
新宿PIT INNへリスナーご招待! [PRESENT]
新宿PIT INNへリスナーご招待!
東京のリアルなライブが楽しめるJAZZの老舗「新宿ピットイン」へ、JJazzリスナーをご招待する「Pit Inn Live Invitation」。今回は「TAMAXILLE SPECIAL 2DAYS」 10/31(木)@新宿PIT INNへ番組リスナーご招待!メンバー:本田珠也(Ds)類家心平(Tp)井上 銘(G)須川崇志(B)たくさんのご応募お待ちしています。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今月はジャズヴォーカリスト、グレース・マーヤさんが初めてジャズに触れた1枚。「ハービーの頭の中や、心の中が、ラベルの音楽と一緒に動いてて、彼の耳にはこういう風に聴こえているんだって。」
トピック [NEWS]
インターネットラジオ局「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組がスタート!
KDDIとKKBOXの協業による音楽サブスクリプションサービス“うたパス”内のインターネットラジオステーション「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組「Live J」がスタート。DJは昨年、菊地成孔さんプロデュースでデビューしたオーニソロジーの辻村泰彦さん。毎回スタジオから生放送、生ライブ!是非お聴きください。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『THINKKAISM / THINKKAISM』
今一番注目されているアルトサックスの新星、松丸契によるバンド。先月リリースされたばかりの新作です。今週更新したライブ番組「Jazz Today」では彼のメインプロジェクトであり、即興を主体としたblank manifestoのライブを紹介していますが、こちらはよりジャズマナーなアグレッシヴなバンドサウンド。金澤英明、石井彰、石若駿、そして札幌の現役高校生・高橋直希が2人目のドラマーとして参加する、ツイン・ドラムス編成。1曲目「Welcome」のセンシティヴで力強い空間的なサックスの音色から引き込まれます。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『ANTIGUO REZO / Silvia Iriondo & Juan Falu』
ジョアナ・ケイロスやラファエル・マルティニ、藤本一馬など南米ベースの素晴らしい音楽を紹介するSPIRAL RECORDSから、アルゼンチンのネオ・フォルクローレ・シンガー、シルビア・イリオンドと国宝級ギタリスト、ファン・ファルーによるDUO作がリリース。瑞々しい声と想像力を掻き立てるメロディー。歌詞の意味はわからずとも「古代の祈り」(antigo rezo)を呼び覚ます、魂の籠もったフォルクローレ音楽です。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Naturally Dreamin' / 小和瀬さとみ』
ジャンルレスにライブを展開するシンガー小和瀬さとみ。ジャズスタンダード、アイルランド民謡、白昼夢を思わせる心地よいバラードを収録したデビュー作です。ピアニスト永田ジョージとのデュオでシンプルに歌声を堪能できます。理系の大学院を卒業した才女で、学生時代にアカペラコーラスで培った実力派。肩肘を張らない真綿のような歌唱が魅力的で、どんな曲でも洗練された曲に聴こえじわーっと沁みてくる。いい歌手だなぁと思います。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Hip Seagull / 日野皓正』
眩しそうに手をかざした写真。ライトアップされたどことなくぎこちない手のひらが独特の雰囲気を作っているこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「温故知新」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved