記事履歴

 
 
【Vol.825】11月新譜「PICK UP」更新 / ライブハウス新宿PITINN 注目のライブへご招待!【アルタードステイツ<内橋和久(G,Effects)ナスノミツル(el-B)芳垣安洋(Ds)>】
  • 発行日 2019-11-07
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2019年11月07日 Vol.825
こんにちはJJazz.Netです。東京も朝は肌寒くなり枯葉の数も増えてまいりました。

そんな中、先日静岡県は掛川で開催されたFESTIVAL de FRUE 2019へ今年も行ってきました。TOM ZEのライブが素晴らしいとそこかしこから聴こえてましたが、諸事情で二日目はみられず。でもFRUEのあの独特の雰囲気はやっぱりいい感じでした。ライブはLaraajiのエレクトリック・チターが生で見れただけでも感動。Laraajiは今回Brian Enoとの名作『Ambient 3』のセットを携えた来日ツアー中。今週末には大阪のPINE BROOKLYNと、岡山の蔭凉寺でライブがあるのでお近くの方は是非。素晴らしい体験が待っているはずです。

そして帰りはCOMPUMAさん(悪魔の沼)おススメの花鳥園を堪能。町のちょっとした植物園なのかと思いきや、巨大な温室の中でふくろう、ペンギン、オウム、インコ、様々な鳥が結構な放し飼い状態で生き生きと生活している完全別世界。大きなハシビロコウも間近でみれました!隔てる柵もほぼなく南洋植物に囲まれた最高の楽園。来年もしあれば FRUE→花鳥園なんていうコースもおススメですよ。

さて、今週のJJazz.Netは、新譜紹介の『PICK UP』が更新。そして、いよいよ今月末開催となる今、注目のピアニストが集うピアノの祭典『ザ・ピアノエラ 2019』のスペシャルプログラムが先月に引き続き公開中です。こちらも是非チェックして下さい。

それでは、今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:HIROSHIMA

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「PICK UP - NOVEMBER」
11日6日 update
今、注目の音楽をたっぷりご紹介する大人気プログラム。今月も良質な作品をたっぷりお届けします。チリの首都サンティアゴで活動する弱冠20歳の若手ピアニスト、エンリケ ・ロドリゲス。ルクセンブルグが生んだ人気ピアニスト、ミシェル・レイス。仙台を拠点に活動する名うてのミュージシャン4名からなる、バンド「kokubu」。ケンドリック・ラマー『To Pimp a Butterfly』への参加など輝かしい実績と魅力を放つシンガー、アンナ・ワイズ。イスラエルのジャズ・シーンを代表するベーシスト、ギラッド・アブロ。小田朋美、小西遼、井上銘、越智俊介、石若駿からなるCRCK/LCKS。アルト・サックスのレジェンド、土岐英史と気鋭のピアニスト片倉真由子によるデュオ。などなど…見逃せない作品を一挙紹介しています。
新番組 「THE PIANO ERA 2019 Special Program」
10日2日 update
世界と日本のピアニストを招聘するフェスティバル「THE PIANO ERA」2年ぶり4回目となる開催が決定。イベントを主催し現代ブラジル音楽シーンに精通するプロデューサー成田佳洋氏が、出演者の魅力を紐解きます。Antonio Loureiro、Nitai Hershkovits、Kyle Shepherd、Goldmund、Hania Rani、高木正勝・・・素晴らしいピアニストの魅力に是非触れてください。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
新宿PIT INNへリスナーご招待! [PRESENT]
新宿PIT INNへリスナーご招待!
東京のリアルなライブが楽しめるJAZZの老舗「新宿ピットイン」へ、JJazzリスナーをご招待する「Pit Inn Live Invitation」。今回は「アルタードステイツ秋の恒例3デイズ30周年記念スペシャル」へ!たくさんのご応募お待ちしています。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今月はジャズドラマー大坂昌彦さんが初めてジャズに触れた1枚。「ジャズを知ったかぶって聴いていた頃にこの演奏を聴いてやっぱりジャズはこれじゃん!と思った1枚。」
トピック [NEWS]
インターネットラジオ局「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組がスタート!
KDDIとKKBOXの協業による音楽サブスクリプションサービス“うたパス”内のインターネットラジオステーション「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組「Live J」がスタート。DJは昨年、菊地成孔さんプロデュースでデビューしたオーニソロジーの辻村泰彦さん。毎回スタジオから生放送、生ライブ!是非お聴きください。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Gravity / Bei Xu』
ベーシスト/エンジニア/プロデューサーとして活躍する Nori Shiota(塩田哲嗣)さんが主宰する「Steelpan Records」が始動!第一弾がこのNY在住シンガーBei Xuさん!最近彼女の名前を聞かないと思っていたらこの作品が11年振りの新作だそうです!ユリシス・ オーウェン・ジュニアらNYのミュージシャンらと制作。意外だったのは Gregory Porterのカバー「Be Good」。Bei Xuさんバージョンもしっとりと良い感じです。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Lo que es / ENRIQUE RODRIGUEZ』
ローファイでジャジーでチルでアンビエント。つまりかなりツボをついた作品がこちら。チリの首都サンティアゴで活動する弱冠20歳の若手ピアニスト、エンリケ・ロドリゲス。2017年にカセットテープのみでリリースされたという「Lo que es」 が日本限定盤としてCDリリース。全曲セルフプロデュースでドラムやベースなども自身の演奏だというこの作品。空間性が際立つ素晴らしい内容となっています。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Short Stories / Michel Reis』
美しく叙情的な旋律、クラシカルな響きを持つコンポジション。ルクセンブルクの人気ピアニスト、ミシェル・レイスによるピアノソロ作品。タイトルにあるように色とりどりな短編の楽曲が、その余韻を残しながら織りなしてゆく様がとても鮮やかです。日本人の耳にも馴染みやすい美しいオリジナルの数々。エンリコ・ピエラヌンツィやキース・ジャレットなど繊細で詩的な表現をも想起させます。日本でのライブも近々決まっていますので要チェック♪
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Space Crawler / Nautilus』
ラピュタよろしく天空を漂うアンモナイトのような物体。怪しい色合いはドル紙幣のプロビデンスの目のようにも見えてならないこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「PICK UP」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved