記事履歴

 
 
【Vol.829】ハニャ・ラニ特別インタビュー / 3Dサウンドライブ「moods.digital」 / 新宿PITINN注目のライブへご招待!【橋爪亮督(Ts)市野元彦(G)佐藤浩一(P)小牧良平(B)福盛進也(Ds)】
  • 発行日 2019-12-05
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2019年12月05日 Vol.829
こんにちはJJazz.Netです。
いよいよ2020へのカウントダウンが始まりましたね。オリンピックのチケットは結局一枚も当たらず。こないだの2次抽選もうっかり忘れてしまう始末。もう諦めがつきました。

ここ数年、仮想VRの分野の普及もあり(最近ロシアではVRヘッドセットで牛に「仮想の牧草地」を体験させて牛乳の生産を促進させるなんていうニュースも)、それに伴い音の世界でも擬似的な3Dサウンド(立体音響)を取り入れるレコーディングやミックスも増えた印象。バイノーラル録音(例えば耳の中にイヤホン型マイクを入れて頭の中でなっている状態の音を記録)などあたかもその場に居合わせたかのような臨場感を再現する録音方法も増えてきています。バイノーラル録音、実は結構昔からある方式ですが、最近はYOUTUBERなどによる「咀嚼音・ASMR」 コンテンツの人気もあり、再び注目されているようです。ノイマンのダミーヘッドマイクがあればそれに越したことはないのですが、なにしろ高い。

なんて思ってたところへ、スイスからやってきたのが今回JJazz.Netで紹介している「moods.digital」。ゼンハイザーの「AMBEO 3D SOUND」という最新空間オーディオ技術を導入した世界初のライブ音源のストリーミングサービスです。前述のダミーヘッドマイクがステージの前に鎮座してある画像みればわかるように、バイノーラルの3Dサウンドでライブ録音・ミックスをしています。なのでステージの前、むしろステージの上にいるかのような物凄い没入感。(詳しくは記事を参照して下さい)

最近はライブ音源をネット上で聴く機会も多くなり、リアルタイムで配信するライブイベントも多くなりました。 ECM設立50周年ライブや、International Jazz Day、フジロックなどの大型フェスまで。音楽を楽しむ環境は 日々進化しています。近年は音質の解像度の高さ「ハイレゾ」を追求した録音・再生環境の開発が盛んでしたが、今後はこれにライブへの「没入感・臨場感」の再現を目指す新たなベクトルが加わってきそうな気がします。

moods.digitalのライブ音源をストリーミングしててそんな事を思いました。JJazzリスナーの皆さんには是非試して欲しいサブスクリプションサービスです。

それでは今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:HIROSHIMA

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「PICK UP - DECEMBER」
12日4日 update
今、注目の音楽をたっぷりご紹介する大人気プログラム。今月も良質な作品をたっぷりお届けします。今回は、ハニャ・ラニのインタビューをお届けします。日本でもスワヴェク・ヤスクウケをきっかけに広く注目を集めるポーリッシュジャズ今注目のピアニスト。「THE PIANO ERA 2019」で初来日しました。その他、ピアニスト、アラン・ジャン=マリーらによるベテラングループ「TROPICAL JAZZ TRIO」の新作、ブラジル最高峰のピアニスト・アンドレ・メマーリ、卓越したショーロ演奏で数々の受賞歴を持つバンドリンの名手ダニロ・ブリートとのデュオ作品集。日本の新世代ジャズシーンからピアニスト渡辺翔太。デイヴ・リーブマンによる最強のコルトレーン・トリビュート・バンド「SAXOPHONE SUMMIT」など。今月も見逃せない作品を一挙紹介します。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
プレゼント [PRESENT]
クリスマス・ジャズ・ナイト with ねじさり 12/9(月)@Billboard cafe & diningへリスナーご招待!
紗理と寝占友梨絵による実力派ヴォーカル・ユニットねじさりが、スヌーピー・ミュージアムの音楽を担当しカバーアルバム「ジブリ・ジャズ」も話題のピアニスト若井優也と新進気鋭の若手ベーシスト高橋陸などと共に、クリスマスの定番ナンバー&オトナのジャズをお届け致します。
新宿PIT INNへリスナーご招待! [PRESENT]
新宿PIT INNへリスナーご招待!
東京のリアルなライブが楽しめるJAZZの老舗「新宿ピットイン」へ、JJazzリスナーをご招待する「Pit Inn Live Invitation」。今回は空間とテクスチャーによるジャズ・アンサンブル、橋爪亮督(Ts)の特別編成ライヴ。 メンバーは橋爪亮督(Ts)市野元彦(G)佐藤浩一(P)小牧良平(B)福盛進也(Ds) 。たくさんのご応募お待ちしています。
トピック [NEWS]
スイスの名門ジャズクラブ「Moods」のライブを高音質で楽しめる「moods.digital」
いつでもどこでもスイスの名門ジャズクラブ「Moods」のライブを高音質で楽しむことができるというサブスクリプションサービス。ヘッドフォンで聴くとまるでMoodsジャズクラブにいるかのように、細部までよりリアルな没入感あふれるサウンドを体感できます。日々行われているライブの生ストリーミング、そして400を超えるライブアーカイブを楽しむことができる「moods.digital」。新しいジャズ体験を是非どうぞ。
トピック [NEWS]
パブロ・フアレスJapan Tour 2019
ジャズやクラシック、フォルクローレを内包するピアニスト/作曲家、パブロ・フアレスの初来日公演。Piano Era、Quiet Corner、ネオフォルクローレ、そんなサウンドが好きなかたはきっと気にいるはずです。
トピック [NEWS]
アラン・ブロードベント INTERVIEW [インタビュアー:メイ・オキタ]
チャーリー・ヘイデン率いるグループ、"クァルテット・ウエスト"のメンバーとしても活躍し、ナタリー・コールやダイアナ・クラール、ポール・マッカートニー等、数多くのシンガーの作曲や編曲でも知られる人気ジャズ・ピアニスト、アラン・ブロードベント。そんな彼のことを敬愛するジャズ・シンガー/精神科医のメイ・オキタさんとのインタビュー。アラン・ブロードベントさんのジャズに対する姿勢から学べることがたくさんあります。
トピック [NEWS]
インターネットラジオ局「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組がスタート!
KDDIとKKBOXの協業による音楽サブスクリプションサービス“うたパス”内のインターネットラジオステーション「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組「Live J」がスタート。DJは昨年、菊地成孔さんプロデュースでデビューしたオーニソロジーの辻村泰彦さん。毎回スタジオから生放送、生ライブ!是非お聴きください。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Shades Of… / GRAY』
聞きなれないこの”GRAY”とはNYを代表するアーティスト ジャン=ミシェル・バスキアが、ヒップホップ黎明期の重要人物のひとりとされるマイケル・ホルマンらと結成していた伝説的なバンド。ヒップホップ、パンク、フリージャズと80’sのNYのアンダーグランドな雰囲気を至る所に感じることができます。ちなみにこの作品はバスキアの死後、残されたメンバーがオリジナルのサンプルや演奏を元に再構築した”GRAY”名義での唯一の公式作品。生音とサンプルのコラージュが絶妙で古さを感じさせません。近年再評価高まるアーサー・ラッセルとは音楽性は違うものの、実験的な部分やアプローチに同じ匂いを感じます。こちらも更に再評価されそうです。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『Tropical Jazz Trio / Tropical Jazz Trio』
カリブ海一帯で育まれてきたトラディショナルなメロディー、そして独特のリズムがジャズと結実した魅力的な作品です。カリブに浮かぶグアドループ諸島出身の伝説のピアニスト、アラン・ジャン=マリー、同じくグアドループ諸島出身の凄腕パーカッショニストのロジェ・ラスパイユ、そして数々のセッションを支えてきたパトリス・カラティーニという三人の長年に渡る共演。なんとも味わい深い演奏です。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Esja / Hania Rani』
先日「The Piano Era 2019」で初来日を果たしたポーランドのピアニスト、ハニャ・ラニのインタビューをオンエアしています。日本でポーランド・ジャズを広く認知させたスワヴェク・ヤスクウケ、彼女が影響を受けたというニルス・フラームなどの名前もあがり、ワクワクする内容です。自身のルーツ、ソロ作品を作るまでのいきさつ、奏法やエンジニアとのエピソード。興味深いお話が聴けます。演奏はオトコマエですが、お話する佇まいはまるで少女のようでしたよ。アルバムからも2曲オンエア。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『CORE PORT×Quiet Corner : Landscape 01 / V.A.』
こんな映える路上ライブなら飛行機代を払っても行きたくなるこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「PICK UP」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved