記事履歴

 
 
【Vol.846】宮川純×井上 銘×石若 駿モーションブルーライブ音源 / 「温故知新」オルガン・ジャズ特集 / OTTAVA×JJazz.Net「OTTAVA jazz」
  • 発行日 2020-04-09
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2020年04月09日 Vol.846
こんにちはJJazz.Netです。

今週は緊急事態宣言が出たということで、より忍耐が必要とされる期間に突入。まさかこんなことになるとは数ヶ月前には思ってもみなかったことですが、今は、距離を保ちながら感染リスクを減らして、なんとかしのがねばです。「距離を持つことが思いやりとなる」とメルケル首相も言っていたソーシャル・ディスタンス。しかし音楽とりわけライブシーンにおいて、それはどのようなことをもたらすのか。そして営業の自粛…収入を断ってまでそれを優先している人々が、今どのくらいいるのでしょうか。音楽シーンに限らずですが、まずは公的支援が迅速に柔軟に行き渡ることを願うばかりです。

現在支援が必要なお店(ライブハウス・劇場・ギャラリー・イベンター)への窓口は、アンテナ編集部さんによるまとめがありました。こちらわかりやすかったです。地元のライブハウスや馴染みのあるレコードショップなど、お客さん同士の横のつながりでできる支援の輪、こんな時こそ大事なのではと思います。少しでも多くの支援が集まることを願っています。
また、JJazz.Netでも日頃お世話になっているorigami PRODUCTIONS代表の対馬さんは、音楽関係者に向けたドネーション「White Teeth Donation」設立。そして、ライブができず収益が当面見込めないアーティストの方へ楽曲を無償提供するという「origami Home Sessions」を立ち上げています。素早い対応とその心意気。心よりリスペクトです。コロナが終息し、一日も早くライブが楽しめる環境がきますように。

さて、今週は「温故知新」と「Jazz Today」が更新。「Jazz Today」は宮川純×井上 銘×石若 駿というフレッシュな顔ぶれのオルガントリオライブ。3月19日にMotion Blue YOKOHAMAで行なわれた抜群のライブセッションです。そしてスタンダード曲をたっぷり紹介する「温故知新」の特集、こちらもオルガンをフィーチャー。オルガンジャズ特集です。

それでは自宅でのお供に、今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:HIROSHIMA

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「温故知新 - 卯月 -Jazz Organ-」
4日8日 update
世代を超え愛されてきたヴィンテージジャズ。ジャズ・スタンダード・ナンバーの数々をお送りします。今回は、ジャズ・オルガン特集。電気を使っていながら、温かみと広がりのある独特の音色を持つ楽器です。偉大なオルガニスト、ジミー・スミスが作り上げた、左手でベースラインを弾くスタイルはジャズ・オルガンの基本として定着。ギター、ドラムとのトリオ編成も定番化し、様々なプレイヤーたちによって引き継がれ発展しています。年月をかけ受け継がれる音の響き・・・そんな深みを楽しむ贅沢な時間をお過ごし下さい。
新番組 「JazzToday - 宮川 純×井上 銘×石若 駿 LIVE」
4日8日 update
進化するジャズの姿を、リアルに体験するJazz Today。拡張し混在するジャズのイメージをとらえるライブシリーズです。今回は、次世代のジャズミュージシャンとして注目されている3人、宮川純、井上銘、石若駿によるオルガントリオのLIVEをご紹介します。長い付き合いのある3人による、初のオルガントリオによるセッション!いつもよりアグレッシブに、そしてグルーヴィーに、非凡な才能をもつ若手3人が、モーションブルー横浜で繰り広げたスペシャルなセッションをお楽しみください。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
トピック [NEWS]
クラシック専門インターネットラジオ OTTAVAにてJJazz.Net プロデュースのジャズ番組がスタート!
日本のインターネットラジオにおける、ジャズとクラシックの専門チャンネルがコラボレート!クラシック音楽専門インターネットラジオ、OTTAVAにて、JJazz.Netがプロデュースする生放送番組「OTTAVA jazz」が4/1(水)より開始。
トピック [NEWS]
40名のミュージシャンが選ぶ「My Favorite Jazz(1980-2020)」
今年はCASIO電子楽器40周年ということで、ジャズ周辺のミュージシャン40名が選んだ1980-2020の40年間でのジャズの1曲を紹介しています。ジャズの名盤が生まれたいわゆるモダンジャズ黄金期ではない近年の中から選ばれたジャズ。まさに新世代の名曲といえるジャズナンバーがピックアップされています。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今回はジャズヴォーカリスト、ギラ・ジルカさんのMy First Jazz。「スイングジャズの時代を生きていらっしゃんたんだろうけどブルースも歌っていて、そのミックスした感じ、ソウルフルなジャズが私にばっちりはまったんです。」
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『So Cute, So Bad / 敦賀明子』
NY在住のジャズオルガニスト、敦賀明子さん。敦賀さんはほんと現地でバリバリやられていますよね。このアルバムが出た時もアメリカのジャズチャートでトップ10にランクインしていたようです。番組でお送りしているのはスタンダードの「The Lady Is A Tramp」。原曲の持つファンキーさやグルーヴさがオルガンで更に際立っています。ライブ感もありまくり!ちなみに敦賀さんといえば、現在公開中の企画「My Favorite Jazz(1980-2020)」に参加してくださっています。「そうやねん!こういう風に弾きたいねん!」と思ったというロニー・スミスの1曲を紹介。こちらも是非。
「温故知新」でO.A.中
CD 『Live At Ronnie Scott's / Bill Laurance Trio』
貴重な音源を厳選しリリースする新レーベルEquinoxより第一弾が到着。ウエザーリポート、ジャコ・パストリアス、チャーリー・ヘイデン、ソニー・ロリンズの入手困難となっていたレアな音源が公式リリースされました。番組では、新宿厚生年金会館の伝説のコンサートを収録した音源「Weather Report - Tokyo 1978」から名曲「Birdland」などピックアップ中。ウエザーの音源はなんでも当時NHKラジオで放送された音源をアルバム化したそうで。興奮した会場の空気感さえも伝わってくる内容です。人気盤とのこと。是非チェックを。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Dance With Ancients / Aquapit』
日本を代表するオルガニスト金子雄太が率いるAQUAPITが2017年に結成20周年を迎えリリースした4枚目のアルバム。ギター吉田サトシ、ドラム横山和明と人気と実力を持った若手を迎えて「ダンス」をテーマに繰り広げられる全8曲。オリジナルに加え、ジャクソン5、スティーヴィー・ワンダーなどグルーヴィーな楽曲のカヴァー、そしてセロニアス・モンクで踊らせる、というジャズマンならではの趣向を凝らした内容です。ちなみに金子雄太さんは弾き語りも研究なさっていて歌声もクールです。ライブなどでは時々聴けるかも!
「温故知新」でO.A.中
CD 『Live at Organ Jazz Club / 西川直人トリオ』
猫はアレルギーだがアニメなどでは黒猫は好きだ。はやく日常が戻ってきますようにと窓から見下ろすこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「温故知新」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved