記事履歴

 
 
【Vol.852】JJazz.Net開局20周年特別番組「JJazz.Net ARCHIVE」ジャズシンガー越智順子LIVE / 「Jazz Clock - for the NIGHT」更新 / 曽根麻央マンスリーディスク更新 / 須田晶子初めてのジャズ
  • 発行日 2020-05-28
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2020年05月28日 Vol.852
こんにちはJJazz.Netです。

先月のリー・コニッツに続き、数日前に届いたのが偉大なジャズドラマーの一人、ジミー・コブの訃報。ご存知の通り、彼は名盤『カインド・オブ・ブルー』を録音。ジョン・コルトレーン、キャノンボール・アダレイ、ポール・チェンバーズ、ビル・エヴァンスと共に、マイルス・デイヴィスのグループで活躍したレジェンド。
享年91歳。先に挙げたグループでは最後の存命メンバーでした。親日家でもあった彼の日本でのエピソードは南青山BODY & SOULのオーナー関京子さんが紹介されています。(BODY & SOULブログ記事

ちなみに今年はチャーリー・パーカーの生誕100年ということで生きていれば100歳。ジョン・コルトレーンとマイルス・デイヴィスは共に94歳、ビル・エヴァンスは91歳。
先日来日公演が中止になってしまったバート・バカラックが92歳(!!)ということで、人生100歳時代が到来しつある今の世の中を考えると意外とレジェンド達を身近に感じることができました。

と、話は随分ずれてしまいましたが、今週、政府の緊急事態解除をうけ小規模なジャズクラブが徐々に営業を再開しています。
先ほど紹介した「BODY & SOUL」は5/26(火)より営業再開、また新宿PIT INNはじめ都内の各ジャズクラブは6月より随時公演が予定されています。最近ネットからしか音を聴いていないので、まさしく”浴びる”という表現がぴったりのジャズライブでの演奏が待ち遠しいですね。

さて、先週末に開催されたオンライン・ジャズフェステイバル<TOKYO JAZZ +plus LIVE STREAM>の模様が東京JAZZの公式YouTubeチャンネルにてアーカイブ公開されています。
小曽根真No Name Horsesのセッション(映像のスイッチングが小気味良いです)、そして上原ひろみ&ジョシュア・レッドマンの遠隔セッションなど楽しめます。stay homeでの素敵なサプライズプレゼントといった感じですね。

さて今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「20th Anniversary JJazz.Net ARCHIVE」
5日27日 update
2020年はJJazz.Net開局20周年のアニバサーリーイヤー!ということで特別企画「JJazz.Net ARCHIVE」として番組アーカイブを解放!過去20年間の中から厳選した番組を毎月紹介。
第2回目となる今回は2008年7月に永眠されたジャズシンガー、越智順子さんのライブ音源。「Jazz Today」で紹介したこのライブは2007年10月28日、吉祥寺の老舗ジャズライブハウス「サムタイム」での越智順子トリオの演奏です。亡くなる数ヶ月前の貴重なライブ音源としてファンの方から多くの声が集まり、後日この音源はCD 化されました。
新番組 「JAZZ CLOCK - for the NIGHT#103」
5日27日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。自分を取り戻す時間をあなたに。夜に映えるジャズセレクションです。今回は「Two Moons」をテーマに、静謐で叙情的なストレンジな夜をイメージした選曲です。
Magnus Hjorth、Hania Rani、ものんくる・・・。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
トピック [NEWS]
20th Anniversary JJazz.Net ARCHIVEリクエスト&メッセージ募集中!
JJazz.Net開局20周年ということで現在特別番組「JJazz.Net ARCHIVE」では毎月過去の番組アーカイブより紹介しています。過去20年でもう一度聴いてみたい番組や印象的な放送回、JJazz.Netのエピソードがあれば是非こちらよりおきかせください。
My First Jazz [NEWS]
40名のミュージシャンが選ぶ「My Favorite Jazz(1980-2020)」
今年はCASIO電子楽器40周年ということで、ジャズ周辺のミュージシャン40名が選んだ1980-2020の40年間でのジャズの1曲を紹介しています。「それまで聴いていたクラシック音楽やアメリカのジャズとは全く違うスタイルで、ミニマルな感じだけれども色んな要素が入っていてとても興味深く聴きました。」Hania Rani
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第2回目更新!
トランペッター、ピアニスト、作曲家、曽根麻央さんによる「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がするかもしれません。
今回は師と仰ぐトランペッター、タイガー大越さんの1998年のアルバム。「トランペット奏者の多くが、ヘビー・ウェイトのダークなトランペットを求め、ジャズではそちらが主流になっていく中で、明るい音色がいかにトランペットらしい音楽を奏でることができるか証明しています。」
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今回はジャズヴォーカリスト、須田晶子さんのMy First Jazz。「こんなにもお互いが無理なく絶妙なバランスで交わっている、特にバラードの曲などでは正確なテンポが無いにもかかわらず(Rubato)、同じ足並みで一つの絵や物語を描いてゆくような2人の音楽表現は、言葉にならないほどです。」
トピック [NEWS]
クラシック専門インターネットラジオ OTTAVAにてJJazz.Net プロデュースのジャズ番組がスタート!
日本のインターネットラジオにおける、ジャズとクラシックの専門チャンネルがコラボレート!クラシック音楽専門インターネットラジオ、OTTAVAにて、JJazz.Netがプロデュースする生放送番組「OTTAVA jazz」が4/1(水)より開始。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Home / Hania Rani』
「ザ・ピアノエラ2019」の出演も記憶に新しいポーランドの作曲家・ピアニスト、ハニャ・ラニの新作です。ピアノエラで彼女のパフォーマンスを初めて観た時、「うたも歌うんだ!」というのが驚きの一つでもあったのですが、この新作ではそんな彼女のヴォーカル/ヴォイシング楽曲も収録されています。ピアノ、声、SEが混ざり合う独特の世界観。彼女のインスタやMV(「HOME」YouTubeはこちら)にみられる非常に美しい映像的なサウンドが綴られています。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『Spring Night / 北川潔』
今月は時間があればこのアルバムを聴いていた気がします。メンバーは北川 潔 (b)、片倉 真由子 (b)、石若 駿 (ds)トリオ。集中して聴けば聴くほどに緊張と開放のせめぎあい、阿吽のタイミングに心地よく打ちのめされました。ソウルフルなプレイと、グルーブの芯を捕らえたレコーディング。素晴らしいの一言でございます。そしてセクシー。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Telecoteco / Paula Morelenbaum』
ベテランのブラジリアン・シンガー、パウラ・モレレンバウム。84年にアントニオ・カルロス・ジョビンのグループ、バンダ・ノヴァへ加入し、伝説的名作「ANTONIO BRASILEIRO」等に参加するなど、ジョビンお墨付きのヴォーカリストとして世界的注目を集めた彼女。私自身、最近聴き始めたのですが、え!?ジョビンのグループで歌ってた人!何度も動画で観てる!!と今更ながら遅すぎる一致でした。ブラジル音楽の基盤がジョビンなのでずっと彼女の歌を聴いてたんですね。。本作は坂本龍一、ジョアン・ドナート、マルコス・ヴァーリ等、豪華ゲストが参加。特に2000年代は坂本龍一と同グループで活動するなど日本と縁深いシンガーです。サンバ、フォルクローレ、洗練され哀愁に満ちた良い声です。
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
CD 『Waiting / Elchin Shirinov Trio』
後ボケが良い感じの写真の上に何やらトライバルな柄。どうやら出身のアゼルバイジャンではこういった柄の絨毯が盛んらしい。地図などみて思いを馳せ旅する気分になれたこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved