記事履歴

 
 
【Vol.853】良質新作紹介「PICK UP」更新 / ジャズシンガー越智順子LIVE~ JJazz.Net開局20周年特別番組「JJazz.Net ARCHIVE」
  • 発行日 2020-06-04
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2020年06月04日 Vol.853
こんにちはJJazz.Netです。

2000年に開局したJJazz.Net。今年で20周年ということで特別企画「JJazz.Net ARCHIVE」が月一回で現在更新中(ホーム画面番組バナーの右上です)。みなさんもうチェックされたでしょうか?過去20年間の中から厳選した番組を毎月ご紹介しています。先月は、辛島文雄氏の新宿PITINNでの貴重なライブ音源をご紹介。今回は、越智順子トリオの演奏。老舗ジャズライブハウス「サムタイム」(2007年)での音源をご紹介しています。いちジャズファンとして、これはとても有難い企画(2007年当時は自分もJJazzにはいなかったので)。アーカイブされているのに驚きました。

番組ではメッセージも受付中。みなさんがもう一度聴きたいJJazzで聴いた「あのライブ」「印象に残っている番組」ありましたらぜひメッセージを送ってください。近年でもPIT INN「Entertainment Nightly」や「AIRPORT」「TOUCH OF JAZZ」「sense of “Quiet”」などなど・・・JAZZからワールドミュージックまで名物番組もたくさんありましたね~。

ちなみに「sense of “Quiet”」。こちらはNRTレーベル主宰の成田佳洋さん監修のプログラムで「クワイエット」「静かなる音楽」というキーワードで南米を中心とした多彩な音楽を紹介するプログラム。自分はこの番組を通じて知ったアーティスト、出会った音源は、本当に数知れず。素晴らしいシーンを知ることができました。

その成田さんが、先月新しいプロジェクト<sense of quiet MUSIC LAB> を発足。成田さんのならではのネットワークから生み出される、音楽家のワークショップや対談。さらにその交流が音楽家達をサポートするというコミュニティ型実験室。番組<sense of quiet>でも紹介する機会の多かった音楽家達が多数登場予定とのことで、次回は、なんとアントニオ・ロウレイロのマスタークラス【6月12日(Fri)21:00スタート】。最新作『Livre』の楽曲を題材に、作曲・編曲・制作のプロセスを紐解きながら参加者のQ&Aにもお答えしてくれるとのことです。

自分の気になる音楽家とコミュニケーションがとれて、音楽・作品へも一歩踏み込んだ形で理解が得られるであろう、このラボ。新たなミュージシャンとファンの交流の仕組みとしても非常に注目です。

さて今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:Hiroshima

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「PICK UP - JUNE」
6日3日 update
今、注目の音楽をたっぷりご紹介する大人気プログラム。今月はアゼルバイジャンのピアニスト、エルチン・シリノフ、ベーシスト清水昭好の初リーダー作、イタリアのシンガーファビアナ・ロッシグリオーネ、渡辺貞夫が80年代にオーディションで選出したB.Bモフランを父に持つヴォーカリストCHKO、土岐英史クインテットのリズムセクションで結成されたRST Trio、Kan Sanoのできたての新曲「DT pt.3」、スコットランド発のポストジャズグループグラハム・コステロ・ストラータ、名門ストーンズスローからデビューした天才ピアニストジャメル・ディーンなどなど。今月も良質かつ注目の作品をたっぷりお届けします。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
トピック [NEWS]
20th Anniversary JJazz.Net ARCHIVEリクエスト&メッセージ募集中!
JJazz.Net開局20周年ということで現在特別番組「JJazz.Net ARCHIVE」では毎月過去の番組アーカイブより紹介しています。過去20年でもう一度聴いてみたい番組や印象的な放送回、JJazz.Netのエピソードがあれば是非こちらよりおきかせください。
My First Jazz [NEWS]
40名のミュージシャンが選ぶ「My Favorite Jazz(1980-2020)」
今年はCASIO電子楽器40周年ということで、ジャズ周辺のミュージシャン40名が選んだ1980-2020の40年間でのジャズの1曲を紹介しています。「自分が落ち込んでいるときも、その逆に満ち足りた気分でいるときも、いつ聞いても何度聞いても涙が出ます。イントロのピアノメロディを聴くといつも思いますが、こんな説得力のある演奏がいつかできるようになりたいものです。」森田真奈美
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第2回目更新!
トランペッター、ピアニスト、作曲家、曽根麻央さんによる「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がするかもしれません。
今回は師と仰ぐトランペッター、タイガー大越さんの1998年のアルバム。「トランペット奏者の多くが、ヘビー・ウェイトのダークなトランペットを求め、ジャズではそちらが主流になっていく中で、明るい音色がいかにトランペットらしい音楽を奏でることができるか証明しています。」
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今回はジャズヴォーカリスト、須田晶子さんのMy First Jazz。「こんなにもお互いが無理なく絶妙なバランスで交わっている、特にバラードの曲などでは正確なテンポが無いにもかかわらず(Rubato)、同じ足並みで一つの絵や物語を描いてゆくような2人の音楽表現は、言葉にならないほどです。」
トピック [NEWS]
クラシック専門インターネットラジオ OTTAVAにてJJazz.Net プロデュースのジャズ番組がスタート!
日本のインターネットラジオにおける、ジャズとクラシックの専門チャンネルがコラボレート!クラシック音楽専門インターネットラジオ、OTTAVAにて、JJazz.Netがプロデュースする生放送番組「OTTAVA jazz」が4/1(水)より開始。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『plays TOKI / RST Trio』
このRST=”Rhythm Section of Toki”とは、土岐英史のリズム隊で知られる片倉真由子(p)、佐藤'ハチ'恭彦(b)、奥平真吾(d)のトリオ。“管楽器のいない土岐バンド" が、土岐英史の楽曲を演奏するという珍しいコンセプトによる作品です。収録曲の半分は2018年にリリースされたクインテットのアルバム(『Black Eyes』)と同じものを収録、聴き比べると同じ曲でも印象が全然違います。誰がメロディーをとるか?管楽器がある時とない時のトリオの意識。その場の空気を捉え、変幻自在に形を変えるジャズの醍醐味を、同じメンバーが同じ楽曲を演奏することでより強く感じとることができます。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『 Waiting / Elchin Shirinov Trio』
アヴィシャイ・コーエン・トリオのピアニストとして東京JAZZやブルーノート東京など来日公演も多数経験のあるアゼルバイジャンのピアニスト、エルチン・シリノフの自身のトリオ名義作。ヨーロッパと中東アジアの流れ汲む流麗なメロディ。緻密な構成で練り上げられた、美しいサウンドは必聴です。これはもともと自主制作で会場での手売り販売でしか入手できなかった作品。今回初流通となってお目見えです。ぜひチェックを。オリエンタル模様のジャケットもナイスです。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Satya / 清水昭好』
数多のミュージシャンから必要とされ活躍するベーシスト清水昭好の初リーダー作。サティアとはサンスクリット語で「真理」を意味する言葉。美醜という二面性をテーマにしたそう。サックスの加納奈実とトロンボーンのジェイムス・マコーレーをフロントに、あえてハモらせない自由な絡みはそんな心の情景を描いているようにも感じます。テクニカルであり叙情的、そして個性あるメンバーが際立つ作品。収録曲すべて清水のオリジナルということで、プレイヤーとしても作曲家としてもその魅力を発揮しています。全体的に妖艶な香り。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Lyra / Graham Costello's STRATA』
小さな画像では何だかわからず目にもとまらなかった。いざ顔とわかると構図やら色ズレがなんともニクイこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「PICK UP」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved