記事履歴

 
 
【Vol.861】新譜紹介番組「PICK UP」 / JJazz.Net開局20周年企画 2011年放送「AIRPORT」アンドレ・メマーリ / 初めてのジャズ【SHANTI】 / 曽根麻央マンスリーディスク
  • 発行日 2020-08-06
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2020年08月06日 Vol.861
こんにちはJJazz.Netです。

今週からあっというまに夏日になりましたね。暑い・・・そんな中、子供は夏休みですが、コロナで休校した分の遅れを取り戻す為の補習続きでがんばって登校しています。

最近読んでいるのが『子供たちの階級闘争』。イギリスの無料託児所で働いていた著者が、イギリスの中流層から下層の生活圏、貧困層で育つ子供たちが、どんなシステムの中で成長しているのか現場の視点で書かれた社会派ドキュメンタリーです。コロナ前に書かれた本ですが、今の日本にも当てはまるメッセージがたくさん学びとれてとても勉強になります。労働党時代→保守党に政権が変わり、下層・貧困で生活せざる得ない人々の為の受け皿となっているセーフティネットがどんどんと削られていく様を、現場の託児所周辺で見せ付けられる描写はちょっとぞっとする感じです。人種も思想も多様化の社会で育つ今の子供たちに必要なものはなんだろうと考えさせられます。

と、ちょっと堅苦しい感じですが、そんなことを感じつつ、今週聴いてたのが、サウスロンドンのジャズアーティストKamaal Williamsのアルバム『Wu Hen』。彼は、祖母が台湾系の家系だそうで、台湾の名前だと「呉(wu)」名前をタイトルにしているんですね。「ジャズを学んだのは街角」と公言しています。彼の生い立ちや音楽を始めた詳しい背景はしりませんが、テーマは「マインドの革命」だそうで。音楽のスタイルも多様化し、日々様々なジャンルの曲がリリースされていきますが、JAZZを新しい高みに到達するための自己表現とするならば、時代は変わっても変革を求める場所には残り続ける必要な音楽なんだと。そんな事を考えた今週でした。彼の運営するレーベル「Black Focus Records」も注目作が多いので要チェックです。

今週は新譜紹介番組「PICK UP」が更新されています。
今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:HIROSHIMA

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「PICK UP - AUGUST」
8月5日 update
今、注目の音楽をたっぷりご紹介する大人気プログラム。今月は良質かつ注目の作品をたっぷりお届けします。今月のラインナップは・・・サックスプレイヤー西口明宏が結成した バンド”Akihiro Nishiguchi FOTOS”/ボビー・マクファーリンを父に持ちフライング・ロータス主宰の〈ブレインフィーダー〉からリリースも記憶に新しいテイラー・マクファーリン/ボン・イヴェールやMockyを彷彿とさせる、注目のマルチ・インストゥルメンタリスト、Bastien Keb/ Days of Delightからリリースの広瀬未来のクインテット作品/ノラ・ジョーンズ、ソランジュ、フランク・オーシャン、シャバズ・パレセズらとコラボレーションする伴盤奏者、ジョン・キャロル・カービーなど。要注目作品ぜひチェックして下さい。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今回はシンガー、SHANTIさんのMy First Jazz。「この作品は、恋の始まりから終わりに向かって進み、アルバム通して一つの長いストーリーになっているんです。」
My First Jazz [NEWS]
40名のミュージシャンが選ぶ「My Favorite Jazz(1980-2020)」
今年はCASIO電子楽器40周年ということで、ジャズ周辺のミュージシャン40名が選んだ1980-2020の40年間でのジャズの1曲を紹介しています。「僕の気に入っている曲はEdward Simon のPoesiaです。僕は二十歳から彼の事が大好きなのですが、この曲でかなり興奮して踊り狂っていたのを今でも覚えています。」渡辺翔太
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第4回目更新!
トランペッター、ピアニスト、作曲家、曽根麻央さんによる「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がするかもしれません。
今回は、いわゆる"ジャズの名盤"、Herbie Hancock1964年リリースのアルバム『Inventions And Dimensions』をピックアップ。この作品の制作にあたりベーシストを探していたハンコックは、マイルス・デイビスに誰か心当たりはいないかと相談しました。するとマイルスは即答で「ポール・チェンバース!」と答えたそうです。
トピック [NEWS]
20th Anniversary JJazz.Net ARCHIVEリクエスト&メッセージ募集中!
JJazz.Net開局20周年ということで現在特別番組「JJazz.Net ARCHIVE」では毎月過去の番組アーカイブより紹介しています。過去20年でもう一度聴いてみたい番組や印象的な放送回、JJazz.Netのエピソードがあれば是非こちらよりおきかせください。
トピック [NEWS]
クラシック専門インターネットラジオ OTTAVAにてJJazz.Net プロデュースのジャズ番組がスタート!
日本のインターネットラジオにおける、ジャズとクラシックの専門チャンネルがコラボレート!クラシック音楽専門インターネットラジオ、OTTAVAにて、JJazz.Netがプロデュースする生放送番組「OTTAVA jazz」が4/1(水)より開始。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『My Garden / John Carroll Kirby』
ノラ・ジョーンズやソランジュ、フランク・オーシャンらと共演、そしてこの度Stones Throwからファースト・ソロアルバムをリリースということで、すでに耳の早いリスナーの間で注目されている鍵盤奏者、John Carroll Kirby(ジョン・キャロル・カービー)。この作品は派手さはないもののR&Bやエレクトロ、そしてジャズの要素が混ざり合った独特の世界観。アルバム1曲目に収録されている「Blueberry Beads」は日本を代表するジャズ・ベーシスト、鈴木良雄さん(チンさん!)が80年代にリリースしたアンビエント・ジャズから多大なるインスピレーションを得て生まれたそうです。日本限定CDはボーナストラックを加えたハイレゾCD仕様となっています。ちなみに彼がカセットでリリースしているアンビエント作品も最高ですので是非チェックを!
「PICK UP」でO.A.中
CD 『 FOTOS / 西口明宏』
サックスプレイヤー西口明宏が結成した バンド”Akihiro Nishiguchi FOTOS”のニューアルバム。メンバーは西口と近年多く共演をしているピアニストのハクエイ・キム、ドラムスに吉良創太。オーストラリア出身で日野皓正や石若駿のグループにも参加するベースのMarty Holoubekに、Martyと長く活動を共にするトロンボーンプレイヤージェームスマコーレイが参加。全編ユニークかつオリジナリティ溢れるサウンドが詰まった力作です!
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Lasse Schjerning meets Pedro Martins & Frederico Heliodoro 』
発売前からチェックしていた一枚。デンマーク在住のドラマー、ラッセ・シャーニングのデビュー作。ブラジル新世代の若き天才、ペドロ・マルチンスと、ブラジリアンジャズ最注目ベーシスト、フレデリコ・エリオドロが参加。両名ともカート・ローゼンウィンケルのCAIPIバンドに参加し、またフレデリコはアントニオ・ロウレイロ・トリオで昨年のピアノ・エラで来日するなど、生で体感していた天才だっただけに、その2人がサポートするこの作品は気になっていました。淡々とドリーミーな世界観でありながら、ペドロ・マルチンスのジャズギタリストとしての才能と魅力が発揮されているのが特徴的。本人のリーダー作ではこういったシンプルなアプローチを聴くことはできない気がします。よくぞこの2人を召喚して下さいました!と言いたくなります。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Alligator / Bastien Keb』
Will Morrisonという人の絵画。カオスと思いきや意外と日常風景のような落ち着いた人物がみてとれる。そんな雰囲気が楽曲にもピッタリお似合いなこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「PICK UP」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved