記事履歴

 
 
【Vol.863】須永辰緒「夜ジャズ.Net」ゲストTRI4TH / 「Jazz Clock - for the DAY」更新 / 曽根麻央の名盤解説 今月はマイルス『Birth Of Cool』/ ジェイコブ・コーラー初めてのジャズ
  • 発行日 2020-08-20
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2020年08月20日 Vol.863
こんにちはJJazz.Netです。

最近はすっかり自宅で完結する生活が定番化。刺激というか発見というか、インプットができない日々を過ごしていますが、先日久しぶりに訪れたジャズ喫茶で聴かせてもらい、目から鱗ならず、耳から鱗が落ちたのがこちら『Just Coolin’ / Art Blakey & The Jazz Messengers』。

ジョン・コルトレーンの『The Lost Album』に続くジャズ・レジェンドによる奇跡の発掘音源!ということで既にご存知の方も多いかと思いますが、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ黄金期の完全未発表スタジオ録音音源が先月、ブルーノートよりリリースされています。

録音は1959年。ジャズ史屈指の名盤『モーニン』(1958年10月30日)からわずか4か月後(!!)。メンバーは、アート・ブレイキー(ds)、リー・モーガン(tp)、ボビー・ティモンズ(p)、ジミー・メリット(b)そして、テナー・サックスにはバンドの初代メンバー、ハンク・モブレーが一時的に復帰。この布陣では本作が唯一の公式スタジオ録音です。

お蔵入りになった理由は、この後リリースすることになった『アット・ザ・ジャズ・コーナー・オブ・ザ・ワールド Vol. 1 & 2』があったからだとか、ドラムのREC状態が不十分だったからとか、いくつか耳にしますが、ファンキー過ぎないこの録音、好みでした。2020年夏、コロナ禍のジャズ喫茶で大音量で聴くジャズ・メッセンジャーズ。近未来的というか、なんとも時空が歪みます(笑)。

さてこの発掘音源もそうですが、映画『真夏の夜のジャズ』の4K公開や、映画『マイルス・デイヴィス クールの誕生』の公開など、最近1950年代、60年代のジャズ黄金期のトピックスが目に止まります。

ラジオでもいくつか特集があるようで、この週末、8月23日(日) 22:00からはJ-WAVEにて、マイルス・デイヴィスを特集した特別番組「J-WAVE SELECTION – MILES DAVIS, HIS LIFE AND MUSIC」が、そして8月29日(土)24:00からはα-STATION(FM京都)にて、日本のジャズ評論家の第一人者、故 油井正一さんが ブルーノートの作品を解説付きで紹介した貴重な音源を紹介する特別番組「the amazing shoichi yui – Introducing JAZZ from Blue Note Records-」が放送されます。こちらはジャズDJ、大塚広子さんのコメントも紹介されるそうです。

2020年の夏もそろそろ終わりですね。今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「夜ジャズ.Net - TRI4TH」
8月19日 update
オーセンティックなジャズ、そしてクラブミュージックをミックスしてお送りしている須永辰緒ナビゲート・選曲による番組。今回もZOOMを利用してのリモート収録。ゲストに今や日本を代表するジャズバンド、TRI4THから伊藤隆郎さんと藤田淳之介さんをお迎えしました。オンラインライブシリーズ「TURN On The LIVE」をスタート。彼らが強い意思をもって始めたこの配信ライブ、そしてその裏側など、いまのコロナ禍におけるミュージシャンのリアルをお伝えします。
新番組 「JAZZ CLOCK - for the DAY」
8月19日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。日が昇り沈むまでのアクティブなジャズセレクションをお楽しみ下さい。
八木隆幸、Pascal Schumacher / Jef Neve、大口純一郎トリオ・・・。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第5回目更新!
トランペッター、ピアニスト、作曲家、曽根麻央さんによる「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がするかもしれません。
今回は、おそらく6管編成(トランペット、アルト・サックス、バリトン・サックス、フレンチホルン、トロンボーン、チューバ)のジャズ・アルバムの最高峰で、ジャズの作曲・アレンジを勉強する人は絶対に聴かないといけないアルバムです。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今回はジャズピアニスト、Jacob KollerIさんのMy First Jazz。「誕生日にキース・ジャレットの『At the Blue Note』という6枚セットのアルバムを買ってもらって、夏休みに毎日毎日ずっとこればかり聴いていた。」
My First Jazz [NEWS]
40名のミュージシャンが選ぶ「My Favorite Jazz(1980-2020)」
今年はCASIO電子楽器40周年ということで、ジャズ周辺のミュージシャン40名が選んだ1980-2020の40年間でのジャズの1曲を紹介しています。
「ジャズの黒さと格好良さがピアノプレイとアレンジで全面に表現され、ループして聴いて踊りたくなるクラブジャズの気持ち良さが永遠続く1曲。」YoYo the "Pianoman"
トピック [NEWS]
チャーリー・パーカー生誕100周年を記念しジョー・ロヴァーノがNYCよりストリーミング配信!
チャーリー・パーカー生誕100周年を記念し、ジョー・ロヴァーノがマンハッタン、ミッドタウンに位置するニューヨーク最新のピアノホールからストリーミング配信を行います。日時は日本時間8月30日(日)朝10:00。配信は日本の専門プラットフォーム"MUSER"ということで、チケット購入も日本語で可能です。2020年のコロナ禍に行われるこのスペシャルな配信ライブ、是非チェックしてください。
トピック [NEWS]
20th Anniversary JJazz.Net ARCHIVEリクエスト&メッセージ募集中!
JJazz.Net開局20周年ということで現在特別番組「JJazz.Net ARCHIVE」では毎月過去の番組アーカイブより紹介しています。過去20年でもう一度聴いてみたい番組や印象的な放送回、JJazz.Netのエピソードがあれば是非こちらよりおきかせください。
トピック [NEWS]
クラシック専門インターネットラジオ OTTAVAにてJJazz.Net プロデュースのジャズ番組がスタート!
日本のインターネットラジオにおける、ジャズとクラシックの専門チャンネルがコラボレート!クラシック音楽専門インターネットラジオ、OTTAVAにて、JJazz.Netがプロデュースする生放送番組「OTTAVA jazz」が4/1(水)より開始。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Love's Last Chance / Taylor McFerrin』
Brainfeederからリリースされたファーストで一躍注目を集めたマルチ・プレイヤー、テイラー・マクファーリン待望のセカンドアルバム。先月こちらの日本盤がリリースされました。固めのドラムが印象的、ギターのカッティングフレーズも心地よく、全体的にメロウ。R&B、ネオソウルが好きな方は是非。彼のアーバンでほどよくクールな歌声も好みです。これも父、ボビー・マクファーリンから受け継ぐ血でしょうか。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『BIG SMILE / 大口純一郎トリオ』
ピアニスト大口純一郎による2001年にリリースされたリーダー作。ビル・エバンス、アントニオ・カルロス・ジョビンに影響を受けたという氏ならではの繊細でリリカルなタッチはドラムス本田珠也、ベース米木康志という素晴らしいリズムセクションの中でさらにクリアに響きます。タイトル曲「BIG SMILE」はレジェンド植松孝夫が参加した艶やかなバラードです。
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
CD 『PORTRAITS / Dario Carnovale』
シチリア州パレルモ出身のダーリオ・カルノヴァーレによる、ピアノ・ソロ作品。リリカルな瑞々しいタッチで奏でる、コンテンポラリーな楽曲が揃います。欧州クラシックの伝統や地中海の静けさがたたずむ、ひっそりとした独特の湿気と豊かをも含んでいるのですが、亡くなった2人の娘に捧げる楽曲/アルバムであるそうです。感傷や雰囲気に左右されず、抑制の効いた優美なメロディとテクニックが光り、音が弾ける瞬間の連続。とても尊い音が詰まっている気がします。
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
CD 『Meghalaya / Tiana Khasi』
黄色の背景に真っ赤な半円と何本かのよたった線。たったこれだけなのに水面に沈む太陽のような動きとエネルギーを感じるこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved