記事履歴

 
 
【Vol.864】JJazz.Net開局20周年企画 「鈴木勲 OMA SOUNDを語る」スガダイロー 纐纈雅代 / 「Jazz Clock - for the NIGHT」更新 / ジョー・ロヴァーノ NYCからストリーミング配信
  • 発行日 2020-08-27
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2020年08月27日 Vol.864
こんにちはJJazz.Netです。

相変わらず暑いですが夜中になるとピークは超えたかも?という瞬間がありますね。気のせいかもしれませんが。

さてこのコロナ禍。我々のような音楽業界、エンタメ業界はまともに影響を受けています。中でもイベンターさんやプロモーターさん、特に海外ミュージシャンの招聘をメインにされているところは、現在、出入国制限解除の見通しが立っておらず、業務がストップしているという状況です。

そんな中飛び込んできたのが、数多くの新世代ジャズ・ミュージシャンを日本に招聘する「オフィス・ズー」さんのクラウドファンディングによる支援のお知らせ

ラーゲ・ルンドやアンブローズ・アキンムシーレ、シャイ・マエストロ、リオーネル・ルエケなどなど、JJazz.Netでも「オフィス・ズー」さんが招聘されたミュージシャンのライブ招待やインタビューなどで大変お世話になってきましたが、現行のジャズシーンを追っている人にとっては、ほんとにこの人来るの!?というような来日公演をたくさん手がけられてきました。

足繁く通ったお店や愛着のあるお店とはまた違うので、「オフィス・ズー」のことをよく知ってる!という方は少ないかもしれませんが、日本のジャズリスナー、ジャズシーンにとっては長い目で見なくても必要で大切な存在であることは間違いありません。無形ですが文化の消失ともいえることだと思っており、僕らとしても声を大にして今回の支援をお願いしたいです。

詳しいことは音楽評論家、柳樂光隆さんのnoteに詳しく紹介されているのでそちらも是非一読ください。

さて、話は変わり、今週8/30(日)朝10:00から、サックス奏者、ジョー・ロヴァーノが今年生誕100周年を迎えたチャーリー・パーカーの追悼コンサートを、マンハッタン、ミッドタウンに位置するニューヨーク最新のピアノホール、クラヴィアホールよりストリーミング配信します(「JOE LOVANO DUO LIVE from NYC」)。

配信は日本の専門プラットフォーム"MUSER"ということで、チケット購入も日本語で可能です。2020年のコロナ禍に行われるこのスペシャルな配信企画、是非チェックしてください。

さて今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「20th Anniversary JJazz.Net ARCHIVE」
8月26日 update
2020年はJJazz.Net開局20周年のアニバサーリーイヤー!ということで特別企画「JJazz.Net ARCHIVE」として番組アーカイブを解放!過去20年の中から厳選した番組を毎月紹介。
今回は2015年7月にお送りした特別番組「鈴木勲 OMA SOUNDを語る」。現在87歳(当時82歳)の鈴木勲さん、そしてメンバーでもあったスガダイローさん、纐纈雅代さんを迎え、知られざる"OMA SOUND"について語って頂きました。この番組をきっかけに"OMA SOUND"の年表が完成しました!
新番組 「JAZZ CLOCK - for the NIGHT#106」
8月26日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。自分を取り戻す時間をあなたに。夜に映えるジャズセレクションです。今回は「Summer Of Goodbye」というテーマで選曲。暑さのピークを越え、夜風に新しい季節の気配を感じる。そんな夏の終わりの風景をイメージさせる楽曲をお届け。
橋爪亮督グループ、John Carroll Kirby、伊藤ゴロー・・・。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
My First Jazz [NEWS]
40名のミュージシャンが選ぶ「My Favorite Jazz(1980-2020)」
今年はCASIO電子楽器40周年ということで、ジャズ周辺のミュージシャン40名が選んだ1980-2020の40年間でのジャズの1曲を紹介しています。「ヨーロッパ・ツアーを共にしたばかりのドイツの電子音楽家ヤン・イェリネックと、個人的に昔から大好きだった、スウェーデン出身の伝説のジャズ・ドラマーのスヴェン・アケ・ヨハンソンが共演した作品。」ASUNA
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第5回目更新!
トランペッター、ピアニスト、作曲家、曽根麻央さんによる「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がするかもしれません。
今回は、おそらく6管編成(トランペット、アルト・サックス、バリトン・サックス、フレンチホルン、トロンボーン、チューバ)のジャズ・アルバムの最高峰で、ジャズの作曲・アレンジを勉強する人は絶対に聴かないといけないアルバムです。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今回はジャズピアニスト、Jacob KollerさんのMy First Jazz。「誕生日にキース・ジャレットの『At the Blue Note』という6枚セットのアルバムを買ってもらって、夏休みに毎日毎日ずっとこればかり聴いていた。」
トピック [NEWS]
チャーリー・パーカー生誕100周年を記念しジョー・ロヴァーノがNYCよりストリーミング配信!
チャーリー・パーカー生誕100周年を記念し、ジョー・ロヴァーノがマンハッタン、ミッドタウンに位置するニューヨーク最新のピアノホールからストリーミング配信を行います。日時は日本時間8月30日(日)朝10:00。配信は日本の専門プラットフォーム"MUSER"ということで、チケット購入も日本語で可能です。2020年のコロナ禍に行われるこのスペシャルな配信ライブ、是非チェックしてください。
トピック [NEWS]
20th Anniversary JJazz.Net ARCHIVEリクエスト&メッセージ募集中!
JJazz.Net開局20周年ということで現在特別番組「JJazz.Net ARCHIVE」では毎月過去の番組アーカイブより紹介しています。過去20年でもう一度聴いてみたい番組や印象的な放送回、JJazz.Netのエピソードがあれば是非こちらよりおきかせください。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Optics / Alice Ricciardi』
イタリアの実力派女性ヴォーカル、アリス・リシャルディ。彼女の歌声は、上品で色気のある独特の雰囲気。派手ではないのに引き込まれる不思議なトーン。グレッチェン・パーラトに代表される新世代ジャズヴォーカリストが好きな人はきっとフィットすると思います。番組でお送りしているのは「Lovely Summer Day〜」と歌うタイトルナンバー「Optics」。過ぎ行く夏に思いを馳せるにふさわしい名曲だと思います。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『Alligator / Bastien Keb』
一度聴くと病み付きになる個性的なボイス。ボン・イヴェールやMockyを彷彿とさせるチルな温もりと、ソウルフルでドリーミーな歌声。注目のマルチ・インストゥルメンタリスト、バスティン・ケブ(Bastien Keb)。UKのレーベルGearbox Recordsから新曲「Alligator」の配信リリースと、アルバム発売が決定しています。夏の終わりから秋ごろしっくりとはまりそうな作品です。絵画のようなジャケット・デザインもはまっています。不思議な魅力を放つこの人の今後の活動に注目です。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Togetherness / Monica Dominique /Palle Danielsson』
スウェーデンのピアニスト、作編曲家であり、歌手や女優としても活躍したモニカ・ドミニクが、実弟でベース奏者、パレ・ダニエルソンと吹き込んだ2012年のデュオ・アルバム。ジャズ、ポップス、映画音楽などのカヴァーを主体とし、終始穏やかで優しい雰囲気、二人の仲睦まじさを感じ取れる一枚です。決して派手ではないのだけれども、うっとりとする柔らかさが滲み出ていて、時を越えて愛される作品だと思います。幼少期の写真をつかったジャケットが微笑ましく、内容と同様、幸福感があります。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『Lights Out / Jesse Forest』
ピンクと水色のダブルトーンが涼しげで可愛さもある。いつもより暑くそして辛い思いをしているこの夏を乗り切れそうな清涼感のあるこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved