記事履歴

 
 
【Vol.867】須永辰緒「夜ジャズ.Net」ゲスト西山瞳 / 「Jazz Clock - for the DAY」更新 / 曽根麻央の名盤解説 今月はチェット・ベイカー『Chet Baker Sings』/
  • 発行日 2020-09-17
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2020年09月17日 Vol.867
こんにちはJJazz.Netです。

先日外出した際、秋の匂いを感じました。深呼吸すると木々の香りや空気が本当に清々しくて、なんだかジーン。コロナをきっかけに色々気づかされる日々です。

さて、そんなコロナをきっかけに音楽シーンに変化をもたらしのが「ライブストリーミング」。ヴェニューによって内容は様々です。

例えばブルーノート東京では特別企画として、ロン・カーターがブルーノートNYから行う無観客ライヴの生配信「Live Streaming from Blue Note New York : RON CARTER GOLDEN STRIKER TRIO」を9月23日(水)に行います。当日は、NY在住のシンガーソングライター、Monday満ちるさん(ご存知かと思いますが秋吉敏子さんの娘さんです)がナビゲーターを務めるそうです。

またこのライヴ・ストリーミングを目前に控え、先日「BLUE NOTE JAPAN YouTubeチャンネル」のトークプログラム『U of BNJ』(映像視聴できます)では、NYのロン・カーターのご自宅をZOOMで繋ぐというちょっとした企画が行われ、MCとしてShihoさん(ex. Fried Pride)、そしてパネリストとして納浩一さんが参加。ロンの興味深い話もきけますし、普段着のチェックのシャツも可愛いです。
ライブ配信だけでなく視聴者も参加できるこういう企画もこれから増えそうですよね。

そして、東京の老舗ジャズクラブ、PIT INNも今月9月から「ライブストリーミング」を開始!一定期間においてアーカイブもみることができ、なんと料金は定額の月額¥1,000(+税)というめちゃめちゃお得な内容です。

不要不急の外出を控えている方や東京に来るのが難しい人にとってはありがたいですし、個人的にも忙しくてお店にいけなかったり、興味はあるけれど観たことがないバンドの音を知ることができるという点で、とても役に立ちそうです(予算的にもランチ一食分!)。

ライブはもちろん生で体感するのが一番ですが、それを踏まえた上で新たな価値を提供してくれる「ライブストリーミング」を利用してみるのもいいかもしれません。

さて今週も新しい番組が更新されています。JJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT: 岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「夜ジャズ.Net - 西山瞳」
9月16日 update
オーセンティックなジャズ、そしてクラブミュージックをミックスしてお送りしている須永辰緒ナビゲート・選曲による番組。ゲストはジャズピアニスト・作曲家の西山瞳さん。9/23にジャズヴォーカリスト、東かおるさんとの共同名義でのアルバム『FACES』をリリース。このユニットの特徴、コロナ騒動直前に録音されたアルバム『FACES』について詳しく伺いました。
新番組 「JAZZ CLOCK - for the DAY」
9月16日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。日が昇り沈むまでのアクティブなジャズセレクションをお楽しみ下さい。
Harold Mabern、vusik、太田朱美 Risk Factor・・・。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第6回目更新!
トランペッター、ピアニスト、作曲家、曽根麻央さんによる「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がするかもしれません。
今回紹介するのはスタンダード曲の真意に迫ることができるまさしく名盤『Chet Baker Sings』。
My First Jazz [NEWS]
40名のミュージシャンが選ぶ「My Favorite Jazz(1980-2020)」
今年はCASIO電子楽器40周年ということで、ジャズ周辺のミュージシャン40名が選んだ1980-2020の40年間でのジャズの1曲を紹介しています。「様々な音楽体験の中から、一つのアウトプットとして2015年に私が作曲した曲を紹介します。」木村イオリ
「オフィス・ズー」クラウドファンディングによる支援のお願い [NEWS]
「オフィス・ズー」クラウドファンディングによる支援のお願い
これまで数多くの新世代ジャズ・ミュージシャンを日本に招聘してきた「オフィス・ズー」が新型コロナウィルスの影響により海外アーティストの招聘が困難な状況に直面しています。ラーゲ・ルンドやアンブローズ・アキンムシーレ、シャイ・マエストロ、リオーネル・ルエケなどなど「オフィス・ズー」の目利きで来日したジャズミュージシャンは数知れず。ジャズシーン、そして文化の消失ともいえることだと思っており、僕らとしても声を大にして今回の支援をお願いしております。
NYからのラブレター [NEWS]
NYCからのジャズライブ配信「NYからのラブレター」
祝ニューヨーク東京60周年企画「NYからのラブレター」。2020年夏、伝説のイタリア製ピアノFAZIORIを配したニューヨークの「クラヴィアホール」からジャズピアニストの井川弥生が案内役となり10人の精鋭ジャズピアニストの世界初演のコンサートをオンラインで配信中。配信は7月19日から9月27日の毎週日曜日の朝10時から。水曜日 夜20:00から再放送しています。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今回はジャズピアニスト、Jacob KollerさんのMy First Jazz。「誕生日にキース・ジャレットの『At the Blue Note』という6枚セットのアルバムを買ってもらって、夏休みに毎日毎日ずっとこればかり聴いていた。」
トピック [NEWS]
20th Anniversary JJazz.Net ARCHIVEリクエスト&メッセージ募集中!
JJazz.Net開局20周年ということで現在特別番組「JJazz.Net ARCHIVE」では毎月過去の番組アーカイブより紹介しています。過去20年でもう一度聴いてみたい番組や印象的な放送回、JJazz.Netのエピソードがあれば是非こちらよりおきかせください。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Silent Rain, Silent Sea / vusik』
ギタリスト・コンポーザー、 関口シンゴ(Ovall)によるソロプロジェクト。ポストロックやアンビエントな要素を携えた現代ジャズ的なサウンド。2012年の作品ですがいつ聴いても心地よいです。空間をデザインした音楽、イメージが膨らみます。そういう意味ではタイトルも素敵。こんなタイトルのイベントしたいです。ちなみに「silent」の代わりに反対語の「noisy」にすれば、それはそれでアヴァンギャルドなイベントになりそうですね(笑)。なんのこっちゃ。
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
CD 『Kahil El’Zabar’s America the Beautiful / Kahil El'Zabar』
エスニック・アフリカンをバックボーンに、前衛的なリチュアルアンサンブルを前面に出した作品を多くリリースしているシカゴの下町育ちのレジェンドパーカッショニスト、KAHIL EL ZABAR。これまでにArchie SheppやPharoah Sandersをフィーチャリングした作品をリリースしたり、積極的なコラボも話題になりました。Strata-East Recordsの作品を彷彿とさせるBLACK JAZZな潮流の中で発表された彼の最新作は、ストリングス・カルテットを組み込んだパワフルでスピリチュアルなアルバム。当然ながらBLMの運動にも共鳴する力強いメッセージを感じます。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『Tales Of Cyparis / Gregory Privat』
フランス領マルティニーク島生まれのピアニスト、グレゴリー・プリヴァ。2013年作品なのですが、リリース以降ずっと聴いてます。カリブ諸島の伝統的打楽器KA(カ)を用いた、渦巻くようなリズムが特徴的なオリジナル。大地を這うような荘厳さ、美しく煌びやかなタッチ。漂っているようで、みるみる深みにはまってゆきます。ギタリスト小沼ようすけによるバンドJam Kaにも参加し来日も多々。まだ生で聴けていないので一度は聴きたいピアニストです。
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
CD 『DREAMS FULFILLED / Nimbus Sextet』
フルサイズの画像で見てみると実に彩り豊かで「緻密」「細密」「精密」の三密であるこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved