記事履歴

 
 
【Vol.869】10月の新譜紹介「PICK UP」古川初穂 奥平真吾 市野元彦 アンドレ・メマーリ… / 20th Anniversary JJazz.Net ARCHIVE「夜ジャズ.Net 100回記念」
  • 発行日 2020-10-08
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2020年10月08日 Vol.869
こんにちはJJazz.Netです。

先日ピアニストの海野さんがNYで暴漢達に襲われるというニュースが…幸い命に別状は無いということですが、大怪我を負わされ入院。怪我が演奏に支障をきたさないのか心配です。日常生活を身勝手に破壊する通り魔の行為は本当に許せません。一刻も早く平穏な日常に戻れるよう祈っております。 (クーリエジャポンの海野さんへのインタビュー記事が公開されており海野さんのNY生活への理解が深まりました)

さて、10月に入り東京もすっかり秋めいた日が続くようになりました。まだコロナが終息しきっていない中でも、演奏はオンラインで配信されたり、人数を少なくしての開催など徐々に前に進んでいる感じです。そんな中、音楽の町下北沢では、今週末オンラインフェスティバル 「AION」 (愛と平和の音楽祭) が開催されます。下北沢の8箇所のライブハウスを繋いで60組以上のアーティストが集結。ジャンルもロック、ジャズからアイドル、大道芸までさまざま。曽我部恵一さん、竹中直人さん、奇妙礼太郎さんなど下北といえば!な方々も出演されます。ジャズ関連の方々ではTOKUさん、小沼ようすけさん、小林香織さん、ジャズバイオリンの北床宗太郎さんなどが名を連ねています。ライブ配信はその時間であればどこからでもアクセスできるのがメリット。下北沢の雰囲気を音楽とともにオンラインで味わうというのも新感覚なのでは?そして何よりこのフェスに込められたメッセージ「LOVE&PACE」でつながる地域密着のオンラインフェスとして注目です。興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT: Hiroshima

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「PICK UP - OCTOBER」
10月7日 update
今、注目の音楽をたっぷりご紹介する大人気プログラム。今月のラインナップは・・・ブラジルが生んだ現代最高峰のピアニスト、アンドレ・メマーリの最新作、ドラマー奥平真吾リーダー作、ギタリスト市野元彦のグループSweet Herringbone、ピアニスト古川初穂のトリオ作、ピアニスト嶋津 健一の2枚組作品「夢想」、NYで活躍するピアニスト泉川貴広のソロアルバム、UKゴンドワナレーベルから新世代の実力派ジャズトリオ、ママル・ハンズなど。今月も良質かつ注目の作品をたっぷりお届けします。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
My First Jazz [NEWS]
40名のミュージシャンが選ぶ「My Favorite Jazz(1980-2020)」
今年はCASIO電子楽器40周年ということで、ジャズ周辺のミュージシャン40名が選んだ1980-2020の40年間でのジャズの1曲を紹介しています。「ジャズの歴史も120年経とうとしていますが、この40年の最も好きなジャズの曲/レコーディングは、Kenny Kirklandの「Steepian Faith」という曲です。」曽根麻央
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今回はジャズ・ヴァイオリニスト、maikoさんのMy First Jazz。「私はそれまでジャズに触れたことがなかったから全体のサウンドの響きがとても大人っぽく感じて。しかもヴァイオリンでこう表現できるんだ!と衝撃を受けました。」
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第6回目更新!
トランペッター、ピアニスト、作曲家、曽根麻央さんによる「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がするかもしれません。
今回紹介するのはスタンダード曲の真意に迫ることができるまさしく名盤『Chet Baker Sings』。
トピック [NEWS]
20th Anniversary JJazz.Net ARCHIVEリクエスト&メッセージ募集中!
JJazz.Net開局20周年ということで現在特別番組「JJazz.Net ARCHIVE」では毎月過去の番組アーカイブより紹介しています。過去20年でもう一度聴いてみたい番組や印象的な放送回、JJazz.Netのエピソードがあれば是非こちらよりおきかせください。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Bar Music × CORE PORT Promising Time for 24:00 Later / V.A.』
グレッチェン・パーラト、ベッカ・スティーヴンス、カミラ・メサ、スワヴェク・ヤスクウケといったJJazz.Netでもよく紹介している、ジャンルを越境する新世代ミュージシャンの作品を数多く手掛けるレーベル「コアポート」。記念すべき100作目となるのがこちらのコンピレーション。選曲は渋谷の一角で幅広い音楽ファンのオアシスとして知られるBar Musicの中村智昭さん。日付の変わる0:00ミッドナイト。その時間、その空気感をイメージ。流れもとても美しいです。ジャケ写にみえるのはハニャ・ラニのアナログですね。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『SPACESAILORS / Rymden』
ノルウェーのレーベルJAZZLANDを主宰、ヨーロピアンジャズの最先端を担ってきたキーボード奏者ブッゲ・ヴェッセルトフトが、e.s.t. のダン・ベルグルンド、マグヌス・オストロムと組んだピアノトリオ【RYMDEN】。前作からの続編となるアルバム「Space Sailors」 。壮大な宇宙空間をテーマにした本作は、プログレとフュージョン、60年代のサイケデリアとパンクのエネルギーの要素が土台となっており、e.s.t.の系譜で語られる北欧ジャズの現在進行形のスタイル、その到達点なんだと改めて確認。とにかく演奏力が凄いです。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Musica Para Uns Tempos De Colera / Andre Mehmari』
ブラジルが生んだ現代最高峰のピアニスト・作曲家アンドレ・メマーリの新作がリリース。「コレラ時代の音楽」と題された本作は、今年の1月から5月の間、ほぼ検疫期間中に制作。自身が様々な楽器をマルチに演奏し、楽曲ごとにレギュラートリオとゲストプレイヤーを招き、色彩感と疾走感、エモーショナルな世界観が広がっています。先日亡くなったライル・メイズへ捧げた楽曲も収録。SNS等でも世界中に演奏を届けていたメマーリ。その集大成がここにあります。待ってました、という感じです。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『After Ten / Sweet Herringbone』
小さい画像を見て何だこの柄のようなものは?と拡大写真を見てさらに一瞬分からなかった。日常も切り取り方によってこうまで異様に見えるのかと見入ってしまうこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「PICK UP」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved