記事履歴

 
 
【Vol.873】11月の新譜紹介「PICK UP」宮本貴奈、片倉真由子、栗林すみれ… / JJazz.Net開局20周年企画 「追悼 近藤等則」インタビュー
  • 発行日 2020-11-05
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2020年11月05日 Vol.873
こんにちはJJazz.Netです。

早いもので今年もあと2ヶ月…だんだんと東京も冬の気配を感じるようになってきましたが、アメリカは大統領選が凄いことになっていますね。まっぷたつになってこんな熱い戦いになるとは。世界の縮図も大きく変わるかも知れないこの選挙、この配信が済んだころには終えてるのだろうか…。

大統領といえば、ミシェル・オバマ元大統領夫人の密着ドキュメンタリー『マイ・ストーリー(原題:Becoming)』がNETFLIXで今年5月頃に公開されました。これは彼女が出した自叙伝のブックツアーに同行しつつ、8年間の大統領夫人だった日々や彼女の家族との時間を振り返るドキュメンタリーなんですが、これをみると大衆が持つエネルギーや価値観の違い、集結する力を改めて肌身に感じます。(ブックツアーなんかは有名司会者とのトークショーのみなのにアリーナークラスの会場はどこも満員。老若男女人種も様々でアメリカという国の巨大さが伝わってきます)コロナ後の様変わりしていく世界の中でひとつの指針として今見ておくべき作品といえるかも。

この作品の音楽を手がけているのが、カマシ・ワシントン(Kamasi Washington)。彼女のメッセージを随所で引き立たせる素晴らしい音楽にも注目です。ちなみにこの音楽作品を16人編成のロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団と共に披露したパフォーマンス映像(約46分)が現在公開中。良い音で楽しめるライブ映像、こちらもお勧めです。

さて、今週は新譜紹介番組「PICK UP」が更新。どの作品も自信を持ってお勧めできる内容です。中でも『Live at Classics / 栗林すみれ×福盛進也×黒沢綾』こちらは映像美もクオリティーの高い作品です。是非チェックしてみてください。

今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT: HIROSHIMA

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「PICK UP - NOVEMBER」
11月4日 update
今、注目の音楽をたっぷりご紹介する大人気プログラム。今月のラインナップは、ピアニスト・作編曲家 宮本貴奈の 7 年ぶりのリーダー作、アメリカの若手ベーシスト、ジョシュア・クランブリー、Days of Delightからリリースした片倉真由子の対極的なテーマに挑む作品 『plays Coltrane』 『plays Standards』、ピアニスト七ッ谷ゆみとヴィオラ法橋泰子の絶品のクワイエット・ミュージック、栗林すみれ×福盛進×黒沢綾トリオでのライブ録音、南ロンドン注目のサックス奏者、BINKER GOLDING、新進気鋭のサックスプレイヤーでコンポーザーである、ませひろこのアルバムなど。ぜひチェックして下さい。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
My First Jazz [NEWS]
40名のミュージシャンが選ぶ「My Favorite Jazz(1980-2020)」
今年はCASIO電子楽器40周年ということで、ジャズ周辺のミュージシャン40名が選んだ1980-2020の40年間でのジャズの1曲を紹介しています。「1曲挙げるとしたらやはりこれでしょうか。キースジャレットが99年にリリースした『The Melody at the night, with you』から「 I Loves you Porgy」。」秋田慎治
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第7回目更新!
トランペッター、ピアニスト、作曲家、曽根麻央さんによる「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がします。
今回紹介するのは現代の中規模編成のジャズの名盤ということで、SFJAZZ Collectiveの『2』というアルバムを取り上げます。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今回は11/11に7年振りの新作をリリースするジャズ・ピアニスト、宮本貴奈 さんのMy First Jazz。高校生の時に聴いたという思い入れのあるアルバムを特別に2枚紹介してくれました。
トピック [NEWS]
20th Anniversary JJazz.Net ARCHIVEリクエスト&メッセージ募集中!
JJazz.Net開局20周年ということで現在特別番組「JJazz.Net ARCHIVE」では毎月過去の番組アーカイブより紹介しています。過去20年でもう一度聴いてみたい番組や印象的な放送回、JJazz.Netのエピソードがあれば是非こちらよりおきかせください。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『plays Standards / 片倉真由子』
片倉さんが敢えてジャズスタンダードを、それも”スタンダード”といえば真っ先に挙げられるような超有名曲ばかりを演奏しています。トリオのメンバーは粟谷巧(b)、田中徳崇(d)。アルバム通して聴きましたが、付け焼き刃的なジャズスタンダード演奏ではなく、非常にクリエイティヴで練られた演奏であることが伝わります。知っている曲ばかりなのに全てフレッシュでオリジナルのよう。音もとても良いです。”ジャズの醍醐味”といえば陳腐な表現になってしまいますが、まさに醍醐味が詰まった作品。これは本当に是非聴いて欲しい1枚です。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Abstractions Of Reality Past And Incredible Feathers / Binker Golding』
南ロンドンから注目のサックス奏者、BINKER GOLDING のアルバム。先日は英国Jazz FMアワードにおいて【最優秀インストゥルメンタリスト賞】を受賞。他、ドラマーMoses Boydとのユニット、Binker And Mosesでも先鋭的な作品が注目され、現在のUKジャズシーンの若手キーマンの一人。今作はBrad Mehldauなどを手がけるJames Farberをプロデュースに迎え、BROWNSWOODからのアルバムも好評だったJoe Armon-Jonesも参加したカルテット編成。 アルバムからJoe Armon-Jonesとの小気味良い掛け合いが素晴らしい「Strange Beautiful Remembered」を紹介しています。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Live at Classics / 栗林すみれ×福盛進也×黒沢綾』
渋谷公園通りクラシックスの支援のために収録したライブ映像作品。8月に限定公開したものに、未公開楽曲やトークを新たに含んだ1時間強の充実の内容です。新しい芸術の形をサポートするプラットフォーム「keshiki」よりリリース。映像、音作りはstudio dedeチームによるもの。ライブ一発撮りの緊張感の中、繊細に紡がれる3人の叙情的な音の連なり、そして息遣いが伝わってきます。コロナ禍に生まれた美しくあたたかい表現を見て聴いて感じてください。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『First Contact / ませひろこ』
圧倒的な存在感で森羅万象の中心に鎮座するお顔。ご本人の小柄な佇まいからは想像できないバイブスの演奏を聴くと、このアートワークで正解なんだと思わせてくれるこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「PICK UP」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved