記事履歴

 
 
【Vol.908】 「Jazz Clock」更新 / 竹村一哲カルテット@ COTTON CLUB ライブご招待 / 中島朱葉 はじめてのジャズ作品 / 曽根麻央 名盤解説
  • 発行日 2021-07-29
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2021年07月29日 Vol.908
こんにちはJJazz.Netです。

SF、特にタイムトラベルものが好きで、つい先日、日本のSF金字塔、広瀬正『マイナス・ゼロ』とケン・グリムウッド『リプレイ』を読み終えたばかり。インスタのハッシュタグをチェックしていたら札幌にタイムトラベル専門書店(!!)というのがあるのを知って即フォロー。この共感力がこれからの時代のヒントな気がしました。

さて話は変わりますが、みなさんインテリアってどうされていますか?家具やポスターなど、できれば自分の好きなものに囲まれて生活したいですよね。
僕は今はなき(涙)原美術館での展覧会で購入した大判のCy Twomblyのポスターを気に入って飾っています。ポスターとはいえ展覧会のタイミングを逃すとかなり高額ですし、額縁にこだわれば、さらに高くなってしまいます。

音楽関連でもうひとアイテム何かないかと探っていた中、トークボクサーのLUVRAWさんのSNSでみかけた「LP見開きジャケット(Gatefold Sleeve)サイズの木製フレーム」が僕の琴線に触れまくり早速購入。先に結論を言うとこれすごく良かったです。

いわゆるLPサイズのフレームは結構ありますが、これはLP見開きジャケットサイズ。つまりLPのアートワークを存分に味わえるというもの。前面はガラス板というハンドメイドの木製フレーム。気分によって中身を変えることができるのもいいですよね。

手持ちのレコードから選ぶわけですがリイシューものなど結構スリーヴものが多く、見開きジャケットの中でクレジットなどの表記があまりなく、アートワークとして飾りたいもの、という縛りの中で悩んだのがマイルスの『BITCHES BREW』とセウ・ジョルジの『SEU JORGE AND ALMAZ』。セウ・ジョルジの内面のアートワークがとても素晴らしく(意外な発見!)、とりあえず今はこれを飾っております。

本当はジャズ系でピックアップしたかったのですが、LP見開きで文字要素があまりないものとなるとなかなか難しい。これがいいよ!というジャズの作品がありましたら是非こちらのメールアドレスまで教えてください(club@jjazz.net)。
せっかくなのでJJazz.Netへの感想やこのメールマガジンの感想などもお伝えいただければ嬉しいです。

さて、今週は「Jazz Clock」 DAYとNIGHTの2番組が更新。朝から夜まで、あなたの時間と寄り添うジャズをお楽しみください。

TEXT: 岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「JAZZ CLOCK - for the DAY」
7月28日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。日が昇り沈むまでのアクティブなジャズセレクションをお楽しみ下さい。
Samara Joy、須田晶子、Gregory Privat・・・。
新番組 「JAZZ CLOCK - for the NIGHT」
7月28日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。自分を取り戻す時間をあなたに。夜に映えるジャズセレクションです。
今回のテーマは「Summer in TOKYO」。いろんな意味で熱い今年の東京の夏。クールダウンしたチルなジャズセレクションを。
荻原亮、中島朱葉、渡辺翔太・・・。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
プレゼント [PRESENT]
「竹村一哲カルテット@COTTON CLUB 8月12日(木)1st show 2組4名様ご招待!
渡辺貞夫のレギュラー・メンバーとして活躍するドラマー、竹村一哲。峰厚介、板橋文夫、藤井郷子をはじめ、これまで数多くのミュージシャンの期待に応えてきた竹村が7/1に1stアルバムをリリース!レコーディングメンバー、魚返明未(p)、井上銘(g)、三嶋大輝(b)という同世代のトップ・プレイヤーとともにお送りするカルテットのライブです。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚、オススメの1枚を語ってもらうコンテンツ。今回は6/30に初のリーダー作『Looking For Jupiter』をリリースされたサックス奏者、中島朱葉さんのMY First Jazz。「今でも迷ったときはこのアルバムを聴きます。美しい音楽とはこういうものだという一つの指標になっていますし、私は音楽が好きなんだ、という気持ちを再確認させてもらえる、とても大切なアルバムです。」
トピック [NEWS]
Garage Concerts Ride 010:「Never Say Never」小林香織(Alto Sax)×藤田義雄(g)
東京・六本木にあるこだわりのカーグッズショップ「ル・ガラージュ」でのライブシリーズ「Garage Concerts」。vol10が公開!サックス小林香織さんとギター藤田義雄さん演奏は今回がラストです。高音質によるジャズライブをお楽しみください。
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第16回目更新!
トランペッター・ピアニスト・作曲家、曽根麻央による「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がします。今回は「洗練されたブルースピアノの真髄を聴く」ということで、曽根さんが小学生時代一番影響を受け今でも尊敬しているピアニスト、レイ・ブライアントの作品『プレイ・ザ・ブルース』を紹介。ポイントは”ピアノの88鍵、全部の音域を使う豊かなサウンド”、”ブギウギ” 、”ストライド”、”完成された構成”。
トピック [NEWS]
インターネットラジオステーション「Backstage Café」にてJJazz.Netの番組がスタート
日本初の本格的音楽専門インターネットラジオステーション「Backstage Café (BSC)」にてJJazz.Netの番組がスタートしました。タイトルは『JJazz.Net SELECTION』(毎週日曜日20:00〜21:00)、JJazz.Netでお送りしている人気の番組を週替わりで放送中。是非こちらでもお楽しみください。
トピック [NEWS]
SHOP PAGEオープン!
JJazz.NetやJAZZ UNITEDオリジナルのジャズグッズを揃えたショップページが完成。我々が欲しいジャズグッズを作りたい!ということでジャズ周辺のデザイナーさんたちとコラボレートしてオリジナルのグッズを制作しました。先日開催したイベント”JAZZ UNITED”シリーズは世界のどこかにある架空のジャズレーベルみたいなイメージ。いつか海外の著名ジャズミュージシャンが身につけてくれることを夢見ています。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『With My Soul / 荻原亮』
ジャズ・ギタリスト、荻原亮さん待望の新作が8月にリリースされます。テーマはソウルミュージック。宮川純(org)、福森康(ds)とのスリーピースによる音のフィーリングが最高です。リズムをキープするドラムはシンプルながらそれがジャンルレスな印象と現代的なサウンドを生み出しています。荻原さんのエッセンスを十分に感じるソウルミュージック。早くもお気に入りの作品です。番組ではこのアルバムから2曲紹介していますので是非お聴きください。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『Flor / Gretchen Parlato』
ボーカリスト、グレッチェン・パーラト10年ぶりのスタジオ録音最新作。コンテンポラリーなジャズとポップス、ブラジルの要素が絶妙にミクスチャーされる最新型のネオ・ソウルミュージック。軽やかなリズムとメロディが織り成す、抜けの良いサウンドがひたすら心地よいです。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『Serpentina / Andre Mehmari, Juan Quintero, Carlos Aguirre』
南米におけるもっとも先進的な作編曲家、マルチ奏者が一堂に会した奇跡の一枚。日本でもそれぞれの名義でツアーを成功させるようなトップクラスの人気と実力を誇る3人。じっくり準備期間をかけ、それぞれの楽曲、そしてそれぞれが多数の楽器を駆使し、すべてを3人の演奏により作り上げたクリエイティブな作品。器楽と歌曲のどちらも呼応しあい、高めあうような一枚のストーリーとなっていて、南米音楽の枠にとらわれることのない、色彩豊かな現在の音楽です。
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
CD 『村雨/Murasame / 竹村一哲』
村雨。なんで「村」なのかは改めて不思議だが、なぜ日本人はここまで多くの名前を雨に付けたのだろうと色々数えてしまうこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved