記事履歴

 
 
【Vol.920】 俳優・松本妃代の出演が決定!「音楽×朗読×失恋」イベント / 「Jazz Clock」更新 / 西山瞳 はじめてのジャズ作品 / 曽根麻央 名盤解説 今月はフレディー・ハバードのアルバム
  • 発行日 2021-10-28
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2021年10月28日 Vol.920
こんにちはJJazz.Netです。

この週末、10/31(日)はついに衆議院総選挙ですね。自分の生活や仕事に密接にかかわっていることに気づいてからは関心を持たざるを得ません。本来は主役である国民の半分が選挙の権利を放棄している現状をなんとかしたいという思いから、我々JJazz.Netもお世話になり厚い信頼を抱くレーベル、origami PRODUCTIONSが投票で無料になるアルバム『Go Vote, Go Listen』を発表しました。

origami PRODUCTIONSといえば、Shingo Suzuki、mabanua、関口シンゴ、Kan Sano、Hiro-a-key、Michael Kanekoなど、ジャズやジャムセッションに影響を受けたミュージシャンが多数所属、東京から世界に発信する個性的なレーベルです。所属ミュージシャンそしてレーベルスタッフ全員が話し合い「選挙に行こう、音楽を聴こう」というメッセージを込め、一枚のアルバムをリリースすることを決めたそう。お金目的ではなくレーベルのスタンスや気持ちが強く伝わる素晴らしい企画だと思います。この週末はGo Vote!

さて、そんなorigami PRODUCTIONSのメンバーも参加してくれるイベント「READING JAZZ - Love Over Time -」が11月12日(金)@渋谷JZ Bratにて開催。「失恋」をテーマに音楽と朗読でお届けするスペシャルなライブセッション。先週お伝えした通り出演者は歌詞の世界観も魅力の大和田慧、Michael Kaneko、関口シンゴ、そしてスペシャルゲストとして坂本美雨、Hiro-a-key、さらさが登場します。そして、まだ発表していなかった最後のピース、朗読ゲストとして俳優の松本妃代さんの出演が決定!彼女は絵画アーティストとしても活躍。料理ドラマ『ひとりごとエプロン』の演技やナレーションも素敵です。
残り少なくなっていたチケットですが、緊急事態宣言が明けましたので枚数を増やしました!また当日来れないという方にも有料配信でご覧いただけます。かなりレアで豪華なこのイベント、是非ご覧ください(チケットなど詳細はこちら)

そしてそして、11/18(木)にJJazz.Netが主催するイベントを「めぐろパーシモンホール」で開催します! タイトルは「JJazz Large Ensemble」。世界的に注目のラージ・アンサンブルの”日本からの回答”という感じでお届けします。出演は林正樹さんとスガダイローさんの2組。それぞれリーダーとしてこの日だけの大編成によるラージ・アンサンブルを組みます。チケットなど詳しくは間も無くお伝えできますのでJJazz.NetのSNS をチェックしてくださいませ。

さて、今週は「Jazz Clock」 DAYとNIGHTの2番組が更新。「Jazz Clock - for the NIGHT」はJJazz.Net的ラージ・アンサンブル・ジャズ特集です。今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT: 岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「JAZZ CLOCK - for the DAY」
10月27日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。日が昇り沈むまでのアクティブなジャズセレクションをお楽しみ下さい。
Sam Yahel Trio、山中一毅、Roberto Gatto Quartet・・・。
新番組 「JAZZ CLOCK - for the NIGHT」
10月27日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。自分を取り戻す時間をあなたに。夜に映えるジャズセレクションです。
今回はラージ・アンサンブル・ジャズを特集。JJazz.Net的な視点によるセレクションです。 大西順子 presents オーケストラ、三木俊雄 Frontpage Orchestra、Ryan Porter・・・。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
トピック [NEWS]
音楽×朗読×失恋。「READING JAZZ - Love Over Time -」11月12日(金)@渋谷JZ Brat
「失恋」をテーマに音楽と朗読でお届けするライブセッション。出演者は歌詞の世界観も魅力の大和田慧、Michael Kaneko、関口シンゴ。そしてスペシャルゲストとして坂本美雨、Hiro-a-key、さらさが登場。そして朗読ゲストとして俳優の松本妃代の出演が決定しました。淡い物語を音楽と朗読で綴ります。限られた席数のプレミアチケットです。この機会お見逃しなく。
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第19回目更新!
トランペッター・ピアニスト・作曲家、曽根麻央による「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がします。今回はトランペットの名手フレディー・ハバードの名演奏が集約されたアルバム『Hub-Tones』をご紹介。ジャズ・トランペットを勉強するなら絶対に聴いておくべき作品です。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚、オススメの1枚を語ってもらうコンテンツ。今回はジャズピアニスト西山瞳さんのMY First Jazz。「ピアノのジャズって、こんなに格好良くてソリッドで刺激的なものなのかと。アルバムを通して、とにかく何が起こっているかわからない。そのわからなさが格好良い。そんな感じで、当時の私にとって刺激物でした。」
トピック [NEWS]
インターネットラジオステーション「Backstage Café」にてJJazz.Netの番組がスタート
日本初の本格的音楽専門インターネットラジオステーション「Backstage Café (BSC)」にてJJazz.Netの番組がスタートしました。タイトルは『JJazz.Net SELECTION』(毎週日曜日20:00〜21:00)、JJazz.Netでお送りしている人気の番組を週替わりで放送中。是非こちらでもお楽しみください。
トピック [NEWS]
SHOP PAGEオープン!
JJazz.NetやJAZZ UNITEDオリジナルのジャズグッズを揃えたショップページが完成。我々が欲しいジャズグッズを作りたい!ということでジャズ周辺のデザイナーさんたちとコラボレートしてオリジナルのグッズを制作しました。先日開催したイベント”JAZZ UNITED”シリーズは世界のどこかにある架空のジャズレーベルみたいなイメージ。いつか海外の著名ジャズミュージシャンが身につけてくれることを夢見ています。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Tales from The Trees / 加藤真亜沙』
NY在住、気鋭ジャズ・ピアニスト/コンポーザーの加藤真亜沙。先日行われた挾間美帆さんの“m_unit”ではピアノで参加しておりましたが(YouTube映像はこちら)、作曲家としても素晴らしく、ニュースクール大在学中から数々の賞を受賞した楽曲たちがこのデビュー作に収録されており彼女の音世界を堪能することができます。自身のヴォーカルやスキャット、そしてキップ・ハンラハンとの共演でも知られるヨスヴァニー・テリー(!!)から教えてもらったというアフリカのチャントを取り入れるなど、とにかく多彩でユニーク。NYの空気を吸い込んだコンテンポラリー・ジャズ・アンサンブルを聞かせてくれます。SNSをみると新しいアルバムのレコーディングをされたそう。今から新作が楽しみです。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『Hearing The Blood / Barney Mcall』
ニューヨークを拠点に活動するグラミーノミネート経験もあるピアニスト、バーニー・マコールの2017年のアルバム『Hearing The Blood』。洗練された都市型JAZZ、モダンなアレンジとコンテンポラリーなアンサンブル、咆哮するサックスなどアバンギャルドな一面などをも、見事にブレンドされた作品。タイトルの通り血の通った充実作品。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『Bate rebate〜ピアノとギターの響き / Roberto Taufic & Eduardo Taufic』
ヨーロッパで活躍する才能豊かなタウフィッキ兄弟によるデュオ・インストゥルメンタル作品。ピアノは水の雫のように、ギターは澄んだ風のように、音が踊っています。全編ふたりのオリジナルで、プロデューサーはアンドレ・メマーリ。(アコーディオンでゲスト参加も!)ピアノとギターデュオといえば、キケ・シネシ&カルロス・アギーレのデュオが思い浮かびますが、それに匹敵するような素晴らしい作品。兄弟ならではの親密でナチュラルな対話。お気に入りの一枚です。
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
CD 『Truth and Beauty / Sam Yahel Trio』
トリオ編成であえてフィーチャリングとして二人記載されている。その表れなのか三人並んでの写真かと思いきやコピー&反転させ更にぼかした一人の写真。三位一体の演奏を聴いてくれとでも言わんとしているこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved