記事履歴

 
 
【Vol.923】 須永辰緒「夜ジャズ.Net」ゲストは今年デビュー20周年ジャズシンガーakiko / 曽根麻央 名盤解説 今月は独特の躍動感とグルーヴ、エロール・ガーナーのライブアルバム
  • 発行日 2021-11-18
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2021年11月18日 Vol.923
こんにちはJJazz.Netです。

11月は我々イベント続きです。
先週末に無事終了したのは「失恋」をテーマに音楽と朗読でお届けするライブセッション「READING JAZZ - Love Over Time -」。かなり実験的な内容でしたが、素敵な小説の読了感といいますか、心地よい余韻が残る一夜となりました。(ダイジェスト映像はこちら)明日11/19(金)23:59まで有料配信(リンクはこちら)で観ることができます。朗読と音楽がどうマリアージュしているのか?是非ご覧ください。

そしてJJazz.Net史上最大、今年一番の衝撃ともいえる(ジャズミュージシャン界隈でもざわついている)ラージ・アンサンブルイベント、「JJazz Large Ensemble LIVE」がついに本日、めぐろパーシモンホール(大ホール)で開催となります。

ギル・エヴァンス直系、NYの作曲家・マリア・シュナイダー・オーケストラの活躍、そして日本人作曲家、挾間美帆さんが昨年、グラミー賞の最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム部門にノミネートされるなど、世界的に注目されている"ラージ・アンサンブル・ジャズ”ですが、今回の企画では日本からの回答という感じで、独自の世界観を持つ日本人ジャズミュージシャン、林正樹さんとスガダイローさんの2人がリーダーを務めるラージアンサンブルをフィーチャー。

林正樹さんは弦楽をフィーチャーしたアコースティックな編成。リーダーとしてこれだけの規模でやったことはないとのことです。またスガダイローさんの方はクインテットW+ダンサー2名、そして演奏途中で配置がトランスフォーム!?と、こちらもすごいことになりそう。

我々JJazz.Netスタッフが観てみたい、こんな組み合わせだったら面白いかも!という他では観ることのできない内容になっています。18:30からは林正樹さん、そして19:40からスガダイローさんのラージアンサンブル となっています。 当日券もあります。気になる方は是非そのまま会場にお越しください。

後日アーカイブ配信もありますが、素敵なホールで2度とないこの機会を是非目撃していただきたいです。明日は我々スタッフ一同お待ちしております!

さて今週も新しい番組が更新されています。JJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT: 岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「夜ジャズ.Net#158 - akiko」
11月17日 update
オーセンティックなジャズ、そしてクラブミュージックをミックスしてお送りしている須永辰緒ナビゲート・選曲による番組。今回のゲストはジャズシンガーのakiko。2021年はデビュー20周年ということで関連の企画がたくさん進行中。既存のジャズの枠にとどまらない活動を続けるakikoの20年を感じることができるインタビューです。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
トピック [NEWS]
本日開催!JJazz Large Ensemble LIVE」2021年11月18日(木)18:30開演 @ めぐろパーシモンホール(大ホール)
JJazz.Netが企画、主催するイベント。この規模そしてこのメンバー!2度とないかもしれないこの機会をお見逃しなく。世界的に注目"ラージ・アンサンブル"の日本からの回答。ジャズシーンを越境する2人の異能、林正樹とスガダイローがリーダーを務める2組のラージ・アンサンブルによるライブ。当日券あります!
トピック [NEWS]
音楽×朗読×失恋。「READING JAZZ - Love Over Time -」アーカイブ配信期間 : 今週11.19(金) 23:59まで
「失恋」をテーマに音楽と朗読でお届けしたライブセッション。出演者は歌詞の世界観も魅力の大和田慧、Michael Kaneko、関口シンゴ。そしてスペシャルゲストとして坂本美雨、Hiro-a-key、さらさが登場。そして朗読は俳優の松本妃代。豪華メンバーによるスペシャルな内容となりました(ダイジェスト映像はこちら)!このイベント、有料アーカイブ配信中です。明日11.19(金) 23:59まで 視聴可能です。
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第20回目更新!
トランペッター・ピアニスト・作曲家、曽根麻央による「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がします。今回はエロール・ガーナーが1958年にライブ録音した音源『コンサート・バイ・ザ・シー』。圧倒的なカリスマ性を発揮するライブアルバムです。
トピック [NEWS]
sense of quiet MUSIC LAB presents 畠山美由紀&藤本一馬11/23(火・祝)@WWW X【会場観覧+配信ライブ】
本格的なデュオ名義としては初となるプレミアムなライブが急遽決定。"Port of Notes" "Double Famous"の声の人であり、シンガーソングライターとして唯一無二の活動を続ける畠山美由紀。オレンジペコーのギタリスト・コンポーザーであり、個性的なリーダー作によって「東京の新しい室内楽」を牽引する藤本一馬。二人のオリジナル曲をはじめ国内外の選りすぐりのレパートリーが、ギターと声のデュオ、そしてチェロ・ヴィブラフォンやパーカッションを加えたアンサンブルによって、新たな響きを獲得する。その静かなる萌芽、初演となる貴重なライブをお見逃しなく。
トピック [NEWS]
インターネットラジオステーション「Backstage Café」にてJJazz.Netの番組がスタート
日本初の本格的音楽専門インターネットラジオステーション「Backstage Café (BSC)」にてJJazz.Netの番組がスタートしました。タイトルは『JJazz.Net SELECTION』(毎週日曜日20:00〜21:00)、JJazz.Netでお送りしている人気の番組を週替わりで放送中。是非こちらでもお楽しみください。
トピック [NEWS]
SHOP PAGEオープン!
JJazz.NetやJAZZ UNITEDオリジナルのジャズグッズを揃えたショップページが完成。我々が欲しいジャズグッズを作りたい!ということでジャズ周辺のデザイナーさんたちとコラボレートしてオリジナルのグッズを制作しました。先日開催したイベント”JAZZ UNITED”シリーズは世界のどこかにある架空のジャズレーベルみたいなイメージ。いつか海外の著名ジャズミュージシャンが身につけてくれることを夢見ています。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『GroundUp Music × CORE PORT / V.A.』
スナーキー・パピーのマイケル・リーグが主宰するレーベルGroundUp Musicが日本のCORE PORT とタッグを組み、初のコンピレーションをここ日本だけで発売。ベッカ・スティーヴンスやバンダ・マグダ、コリー・ヘンリーなど、ジャンルを超え活躍するミュージシャンが数多く参加。まさにマイケル・リーグがハブとなっている証拠です。中東っぽい雰囲気のものから80’s、ソウル、R&Bとこのレーベルの魅力を存分に感じられる1枚。選曲は音楽評論家、柳樂光隆さん。流れが本当にスムーズで、最近サブスク一色だった自分にとって、曲順も練られたコンピレーションの良さを堪能、何度もリピートしています。歌もの、そしてラジオフレンドリーな楽曲が多いのでラジオ/FM関係者にも強くおすすめしたいです。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『Dialogue / Painting of Notes(maiko&山田貴子)』
ピュアシルクのような滑らかさ。まろやかで安定した帯域の歌声。独特のムードに一瞬で引き込まれた若干21歳のJAZZボーカルの新星Samara Joyのアルバムは、いつ聴いても落ち着きを取り戻せます。今回の温故知新はジャズバラード特集。彼女が歌う「BUT BEAUTIFUL」が切なくも美しく、心に染み入ります。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『うた、ピアノ、ベース、ドラムス。/ 矢舟テツロー』
シンガーソングライターであり、ジャズピアニストの矢舟テツロー。2019年にPIZZICATO ONEにピアニストとして参加した縁から、小西康陽が全面プロデュースした一枚。さらにゲストに野宮真貴を迎えてデュエットも2曲収録。完全ピアノトリオ編成による、ジャズとしてもポップスとしても上質な作品です。オリジナルのほか、細野晴臣や山下達郎のカヴァーなども収録。シティポップ、渋谷系の流れをくみつつ、SSWとしての個性が光る一枚です。お洒落だなぁ。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『Soul Jazz Records Presents Kaleidoscope: New Spirits Known & Unknown / V.A.(SOUL JAZZ RECORDS PRESENTS KALEIDOSCOPE)』
タイトル通り万華鏡で覗いたような庭園。見ていると視力回復できそうなこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved