記事履歴

 
 
【Vol.942】「温故知新」ピアノジャズ特集更新 / 林正樹 Large Ensemble LIVE音源 / 追悼 「鈴木勲 特別番組」公開中
  • 発行日 2022-04-14
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2022年04月14日 Vol.942
こんにちはJJazz.Netです。

最近久しぶりに下北沢へ。ミカン下北という新高架下施設ができ、小田急線の跡地にはリロードができ、町も随分様変わりしてしまい、どこに何があったかも分からないくらい記憶もあいまいに。再開発の刷新具合はすごいですね。それにしても商店街の古着屋(的なチェーン店風な?)の数はちょっと驚きですね。これも時代なんだな~と思いつつ。自分の昔からのお気に入りの場所といえば、新台北と新雪園、ルーイン、マザー。お店も人も変わらない雰囲気でほっとします。

さて、今月末はInternational Jazz Day (April 30)がありますね。世界各地でJAZZの祭典が行われますが、日本でも素敵なイベントが決定。ここ最近はコロナ渦で生活様式も代わり、ジャズのライブもいよいよオンラインで楽しめる時代に。4/29、4/30と「JAZZ AUDITORIA ONLINE」が開催されます。
面子もベテランから若手まで、ジャンルレスに音楽を楽しめそうなフレッシュなラインナップで楽しみです。

しかし、そう考えると、JJazz.Netは長きに渡ってオンラインでJAZZのコンテンツを発信していますね。今週更新した「Jazz Today」など、良質なライブ音源を毎月更新しています。ちなみに今月は、林正樹さんの Large EnsembleのLIVE。JJazz.Netが主催した「JJazz Large Ensemble LIVE」での演奏です。場所は、めぐろパーシモンホール 大ホールということで音質のクオリティも会場の響きも素晴らしいです。(演奏はいうまでもなく最高です!)是非こういったコンテンツも、自分好みにセッティングしたオーディオ環境でじっくりと楽しんで頂けたらと思います。人気番組「温故知新」も更新中です。あわせてお楽しみください。

TEXT: Hiroshima

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「温故知新 - 卯月 -Piano Jazz- 」
4月13日 update
世代を超え愛されてきたヴィンテージジャズ。ジャズ・スタンダード・ナンバーの数々をお送りします。今回は、ピアノ特集。スタンダードナンバーを素材に展開される、素晴らしいピアニストたちの音世界をたっぷりとお楽しみください。年月をかけ受け継がれる音の響き・・・そんな深みを楽しむ贅沢な時間をお過ごし下さい。
新番組 「JazzToday - 林正樹 Large Ensemble LIVE」
4月13日 update
進化するジャズの姿を、リアルに体験するJazzToday。拡張し混在するジャズのイメージをとらえるライブシリーズです。今回お送りするのは、ジャズをベースに様々なフィールドで活動するピアニスト・作編曲家、林正樹が率いる「林正樹 Large Ensemble」のLIVEをご紹介します。昨年11月、JJazz.Netが主催した「JJazz Large Ensemble LIVE」での演奏。この演奏会のために、林正樹が信頼する音楽家が一同に会した特別なラージアンサンブル。各方面で話題となったライブです。林正樹が描く極上のアンサンブル。大ホールならではの臨場感と共にお楽しみください。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚、オススメの1枚を語ってもらうコンテンツ。今回はオルガン奏者 金子雄太さんのMy First Jazz。「オルガンという楽器にはこのような表現力も有るのか!と思わされました。」
トピック [NEWS]
鈴木勲OMA SOUND年表公開!
鈴木勲"OMA SOUND"はメンバーが流動的ということもあり系統立ててまとめられてはいませんでした。JJazz.Netでは2015年、石渡久美子さんを中心に歴代参加メンバーの協力を仰ぎOMA SOUNDの年表を作成。ジャズ史においても貴重な記録です。
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第24回目更新!
トランペッター・ピアニスト・作曲家、曽根麻央による「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がします。今回はデイヴ・ブルーベック、おすすめライブ盤。有名盤ではないが人の心を熱く燃え上がらせる不思議な力がある作品。
トピック [NEWS]
SHOP PAGEオープン!
JJazz.NetやJAZZ UNITEDオリジナルのジャズグッズを揃えたショップページが完成。我々が欲しいジャズグッズを作りたい!ということでジャズ周辺のデザイナーさんたちとコラボレートしてオリジナルのグッズを制作しました。先日開催したイベント”JAZZ UNITED”シリーズは世界のどこかにある架空のジャズレーベルみたいなイメージ。いつか海外の著名ジャズミュージシャンが身につけてくれることを夢見ています。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Green Chorus / 間を奏でる』
林正樹さんのプロジェクト、”間を奏でる”。アイリッシュ・ハープ、ヴァイオリン、フレットレス・ベース、パーカッション、そしてピアノという編成による五重奏楽団です。どこか南米音楽を感じさせる郷愁感溢れるサウンドが印象的。番組エンディングでは林さんの代表曲のひとつ「Bluegray road」を紹介。ハープや鍵盤の反復によるミニマルな高揚感が高まる中、ヴァイオリンによるテーマが幽玄で本当に美しい曲だと改めて感じました。
「Jazz Today」でO.A.中
CD 「Gathering / 馬場智章」
若き俊英サックス奏者・馬場智章の新作がリリース。本作は、ダブルテナーでコード楽器無しというチャレンジングな内容。片方のサックスを務めるのは、盟友 西口明宏。2本の音が線となり絡み合い広がる旋律はガチンコでありながら息ぴったり。ファンキーでパワフルなグルーヴにぐいぐいとのめり込むんでしまう演奏が最高です。Days of Delightからリリースです。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『LITTLE GIRL BLUE / 松本茜』
キャリア初となるピアノソロ作品。自身が特に影響を受けたというオスカー・ピーターソンをはじめ、リチャード・ロジャース、エリントンなどの有名曲を収録。ハッピーなジャズをやりたいというスタンスを持つ彼女ならではの音の花束。自身が描いたCDジャケットのように可愛らしく瑞々しい感性で、寛ぎと情熱を奏でます。春がきたなぁと感じられるおすすめ作品です。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Forest Floor / Fergus McCreadie』
ロゴの入り方やデザインの一貫性などECM的なブランド力を感じるレーベル。前作に続き無機質な床に自然界から切り取ってきたばかりのような要素のギャップが程よい緊張感を生み出しているこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「PICK UP」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved