記事履歴

 
 
【Vol.943】 須永辰緒「夜ジャズ.Net」ゲストは沖縄民謡歌手の仲村奈月 / ピアニスト松本茜のMy First Jazz / 曽根麻央による名盤解説はオーネット・コールマンの音楽を受け継ぐバンド
  • 発行日 2022-04-21
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2022年04月21日 Vol.943
こんにちはJJazz.Netです。

先日、千葉の知人に会うついでにそのまま房総半島を南に館山まで。ワーケーションという感じで久々に旅気分を味わってきました。途中温泉に入りつつ、気になった神社に寄ったり、浜焼きを食べたりしながら千葉を満喫。
運転のお供に聴いていた石橋英子さんがこれまた最高で、千葉の海岸線の風景と絶妙にシンクロ。そういえば石橋さんは千葉県茂原市出身だったなと何故か思い出し「幼い頃、遊んだ海は」(←石橋さんの好きな曲)きっとこういう感じだったんだろうなと妙に納得しておりました。ちなみに『ドライブ マイ カー』のサントラはめちゃドライブに合いました。

さて、そんなことはさておき、ジャズの話題。
先週のメールマガジンでも触れましたが毎年4月30日は『International Jazz Day』。もうご存知かと思いますが、これはハービー・ハンコックが提唱し、2012年からスタートしたユネスコ主催のジャズを祝う国際ジャズ・デー。世界各地でジャズライブやイベント、ワークショップなどが開催されます。

過去、オバマ大統領時代に、世界各国の著名なジャズ・ミュージシャンをホワイトハウスに迎えて、一夜限りの「オールスター・グローバル・コンサート」が開催された時は、ジャズの歴史なども踏まえかなり感慨深いものがありました。

今年は今の世界の情勢を反映し、音での対話やお互いを尊重する姿勢等、平和を達成する手段としてのジャズの重要性が強調された内容になりそうです。グローバルコンサートはNYの国連本部で開催。初めて開催された10年前に立ち返るという意味と対話や外交的な象徴という意味も込められているようです。

出演はHERBIE HANCOCKはもちろん、TERRI LYNE CARRINGTON、BRIAN BLADE、MARCUS MILLER、DAVID SANBORN、GREGORY PORTER、MARK WHITFIELD、LIZZ WRIGHT、JOEY ALEXANDER等、総勢30名のミュージシャン達。そしてその中に、上原ひろみさんと寺久保エレナさんが入っているのも日本人としては注目です。

時間は現地時間4/30(土)の夕方5時(日本時間は翌日5/1(日)の早朝)から。ユネスコのWebサイトやYouTube、Facebookなどで世界配信されます。世界が揺れている今、平和というキーワードが一層リアルに感じられるジャズライブになりそうですね。

さて今週も新しい番組が更新されています。JJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT: 岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「夜ジャズ.Net#163 - 仲村奈月」
4月20日 update
オーセンティックなジャズ、そしてクラブミュージックをミックスしてお送りしている須永辰緒ナビゲート・選曲による番組。今回のゲストは、沖縄を拠点に活躍されている 沖縄民謡歌手の仲村奈月さん。沖縄民謡とジャズを融合させたバンド、NATSUKI TRIOとしても活動。4/23のレコードストア・デイでは、NATSUKI TRIOの楽曲が須永辰緒さんのレーベル、DISC MINORから7インチがリリースされます。沖縄民謡の重鎮、故・登川誠仁さんの知られざるエピソードなども!
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚、オススメの1枚を語ってもらうコンテンツ。今回はピアニスト松本茜さんのMy First Jazz。「どんな音楽がやりたいか、聞きに来てくれたお客さんにどんな表情で帰ってもらいたいか、全てこの一枚からはじまりました。」
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第25回目更新!
トランペッター・ピアニスト・作曲家、曽根麻央による「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がします。今回はオーネット・コールマンのサイドメン達が集まり結成したバンド「Old and New Dreams」1979年の作品を紹介。
トピック [NEWS]
鈴木勲OMA SOUND年表公開!
鈴木勲"OMA SOUND"はメンバーが流動的ということもあり系統立ててまとめられてはいませんでした。JJazz.Netでは2015年、石渡久美子さんを中心に歴代参加メンバーの協力を仰ぎOMA SOUNDの年表を作成。ジャズ史においても貴重な記録です。
トピック [NEWS]
SHOP PAGEオープン!
JJazz.NetやJAZZ UNITEDオリジナルのジャズグッズを揃えたショップページが完成。我々が欲しいジャズグッズを作りたい!ということでジャズ周辺のデザイナーさんたちとコラボレートしてオリジナルのグッズを制作しました。先日開催したイベント”JAZZ UNITED”シリーズは世界のどこかにある架空のジャズレーベルみたいなイメージ。いつか海外の著名ジャズミュージシャンが身につけてくれることを夢見ています。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『ネイルの島 / さらさ』
湘南出身、若きシンガーソングライター、さらさのデビューEP。音は全体的にメロウ。メジャーシーンとアンダーグランドを行き来するような独特の雰囲気と世界中の同世代とリンクする現在の音を感じています。インスタでは彼女の音楽をバックにストリートダンスする投稿などもあり、そういうシーンともリンクしているのもいいなと思いました。いま気になる若手SSWの一人。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『COUNTERFLOW / 越智巌 ORGAN TRIO』
2020年Sam Yahel参加の話題作でソロデビューを果たした気鋭ジャズ・ギタリスト越智巌、結成11年の自身のオルガントリオによる新作。メンバーは、越智巌 (gt) 西川直人(org) 横山和明 (dr)オルガンとギターのファンキーでスリリングな掛け合いがじっくり楽しめる内容。番組では去年惜しくも他界したオルガンレジェンドLonnie Smithのファンクチューン「Play It Back」を紹介。ミッドテンポで心地よくグルーブして行く最高な1曲です。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『BLOOM / Rosie Frater Taylor』
ロンドンを拠点にする若きシンガー・ソングライター&ギタリスト、ロージー・フレイター・テイラー。現地トップジャズメディアでも賞賛される注目株。オーガニックでポップな感性、清涼感のある歌声のマッチング。 確かなテクニックで聴かせるスキャット&ギターのユニゾン・ソロもあり、ジャズ要素も充分に魅せてくれます。誰誰のような、という謳い文句でくくれない、この時代の唯一無二なシンガーだと思います。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『La Selva (LP重量盤) / 松田美緒』
断面なのか空間なのか?どんな大きさであったり素材であったりまでも未知。何か時間を止めた状態のようなこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved