記事履歴

 
 
【Vol.858】温故知新「SUMMER JAZZ」特集 / 待望のリーダー作を発表したベーシスト清水昭好クインテット LIVE音源
  • 発行日 2020-07-09
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2020年07月09日 Vol.858
こんにちはJJazz.Netです。

先日知人から「ダライ・ラマのアルバムがすばらしいよ」とラインがあり、何故ダライ・ラマが音楽家に?と驚いたのですが、調べたらちょっと違ってました。【チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が85歳を迎えた6日、ファーストアルバムをリリース

ニュージーランドの音楽家ジュネル・クニン(Junelle Kunin)という人の熱意ある呼びかけで実現した「Inner World」という音楽プロジェクト。ダライ・ラマは、音楽に合わせてマントラ(=祈り)を唱えているという構成なんですが、これがどうして素晴らしく、楽器(ドラム・弦楽器・シンセ・コーラス)の演奏・音階と見事に融合しています。インスタの映像などをみるとシタール奏者のアヌーシュカ・シャンカールの演奏の姿も。

不安や恐怖の時代に「安全な感覚」を作り出すことを目指し、人々に希望と勇気を与えるためにリリースされたという「Inner World」。ダライ・ラマの発するマントラの低い声を聴いていると、自然と心が落ち着き、チューニングされる感覚。声のパワーを感じます。

"Music has the potential to transcend our differences. It can return us to our true nature of warm-heartedness”というダライラマの言葉を頭に浮かべながら、今週末はこのアルバムをゆっくりと聴いてみようと思います。何より85歳、おめでとうございます。

さて、今週のJJazz.Netは、温故知新は「SUMMER JAZZ」特集。ライブ・プログラムJazzTodayでは 「清水昭好クインテット LIVE」をご紹介しています。

今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:Hiroshima

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「温故知新 - 文月 - SUMMER JAZZ」
7日8日 update
世代を超え愛されてきたヴィンテージジャズ。ジャズ・スタンダード・ナンバーの数々をお送りします。今回は、夏を彩る珠玉のジャズ・スタンダード・ナンバーをお送りします。年月をかけ受け継がれる音の響き・・・そんな深みを楽しむ贅沢な時間をお過ごし下さい。
新番組 「JazzToday - 清水昭好クインテット LIVE」
7日8日 update
進化するジャズの姿を、リアルに体験するJazz Today。拡張し混在するジャズのイメージをとらえるライブシリーズです。今回は、待望のリーダー作をリリースした ジャズ・ベーシスト、清水昭好率いるクインテットのLIVEをご紹介します。お送りするのは、アルバムレコーディング直前のライブ。個性豊かなメンバーとの美しいアンサンブルをお楽しみください。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
My First Jazz [NEWS]
40名のミュージシャンが選ぶ「My Favorite Jazz(1980-2020)」
今年はCASIO電子楽器40周年ということで、ジャズ周辺のミュージシャン40名が選んだ1980-2020の40年間でのジャズの1曲を紹介しています。
「僕ら世代は学生時代に聴きまくったって人多いのでは...若かりしロイ・ハーグローブとジョシュア・レッドマンの2ホーンという今となっては夢の様なメンバーの演奏も聴きどころです。」宮川純
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらう新コンテンツ。
今回はジャズ・ギタリスト、西藤ヒロノブさんのMy First Jazz。「この作品はストリングやオーケストレーションが入りつつもポップで、ウェスが縦横無尽にギターを弾いているんです。」
トピック [NEWS]
曽根麻央による「Monthly Disc Review」第3回目更新!
トランペッター、ピアニスト、作曲家、曽根麻央さんによる「Monthly Disc Review」。曽根さんが選ぶ名盤をアーティスト目線で解説。新たな音の聴こえ方がするかもしれません。
今回はトランペットの名手、トム・ハレルの1992年のアルバム。「時代背景としても、アコースティック・ジャズが再び注目を集め始めていました。なおかつその中で新しいサウンドを求めようとするトム・ハレルのアプローチが、Bebopやそれ以前のアコースティック・ジャズとは全然違ったものとなっています。」
トピック [NEWS]
20th Anniversary JJazz.Net ARCHIVEリクエスト&メッセージ募集中!
JJazz.Net開局20周年ということで現在特別番組「JJazz.Net ARCHIVE」では毎月過去の番組アーカイブより紹介しています。過去20年でもう一度聴いてみたい番組や印象的な放送回、JJazz.Netのエピソードがあれば是非こちらよりおきかせください。
トピック [NEWS]
クラシック専門インターネットラジオ OTTAVAにてJJazz.Net プロデュースのジャズ番組がスタート!
日本のインターネットラジオにおける、ジャズとクラシックの専門チャンネルがコラボレート!クラシック音楽専門インターネットラジオ、OTTAVAにて、JJazz.Netがプロデュースする生放送番組「OTTAVA jazz」が4/1(水)より開始。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『THE BON BONES meets TWO BONES / THE BON BONES』
女性ジャズトロンボーン奏者、上杉優と駒野逸美による2トロンボーンユニット、THE BON BONESとスイスの巨匠ユニット、TWO BONESとのコラボレーションアルバム。このコラボはTWO BONESの結成30周年記念として、上杉優と駒野逸美がスイス・ツアーに招かれたことで交友がはじまり、その後今度はTWO BONESを日本に招き日本ツアーが開催されました。この作品は、その日本での再会ツアーの中から厳選された音源が収録されています。トロンボーンという楽器本来が持つあたたかさもあるのかもしれませんが前編ハートウォーミング!
「PICK UP」でO.A.中
CD 『 Remembering Shelly #2 Live At Alexanderplatz Jazz Club, Roma / Roberto Gatto』
今月の温故知新は「サマージャズ」特集。冒頭を飾る1曲が夏の恋を歌ったスタンダード「SPEAK LOW」。イタリアの巨匠ドラマー、ROBERTO GATTOのクインテットアルバムからです。ライブ盤ならではの臨場感で突き進む強靭なスウィングと、MARCO TOMBURINI(tp)、MAX IONATA(ts)の2管で盛り上がる随所のプレイが光ります。「低い声でそっとささやくように・・・」なんて歌詞とは正反対なご機嫌なテンポ感。これもまた夏の勢いを感じさせてグッドです。
「温故知新」でO.A.中
CD 『Home / Hania Rani』
ポーランドのピアニスト、ハニャ・ラニの新作。ベース、ドラム、ストリングス、自身のボーカルやエレクトロニクスを導入し、前作のピアノソロ「Esja」の続編でありながらそのサウンドは進化、拡張されています。「Leaving(旅立ち)」に始まり「Come Back Home(帰還)」で締めくくる。今や世界的に【Home】が重い意味をもっているけれど、自分をしっかり振り返り心が平静であれば、心の中にホームを見出すことができる、という希望のメッセージが込められています。絶望的な暗闇から壮大で幻想的な風景へと、想像力が無限に掻き立てられる素晴らしい作品です。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Solo Piano vol.3 〜 紡がれた印象 / 中村真』
蝉が鳴き始めたが今年は夏に対するこちらの気持ちが準備できていない。今年はどんな夏が来てどんな思い出が残るのだろうと夜空を見上げたくなるこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「温故知新」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved