記事履歴

 
 
【Vol.819】須永辰緒「夜ジャズ.Net」ゲストはUKジャズシーンで注目のマルチプレイヤー、ジョーダン・ラカイ / Jazz Clock - for the DAY」更新 / Kiefer@ビルボードライブ東京 ライブ招待
  • 発行日 2019-09-19
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2019年09月19日 Vol.819
こんにちはJJazz.Netです。

先日電車の中で女子大学生が「インスタってさー複数の単語の検索できなくない?不便だよねー。」と会話しているのを聞いて、そんな不便さを感じたこともなかった僕は、最近の世の中について良き学びとなりました(笑)。

さて、先週観てまいりました、ブルーノート・レーベルの真実に迫るドキュメンタリー映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』。これジャズ好きなら必ず楽しめます。

ブルーノート80年の歴史を当時の映像やアーティストの肉声とともに紹介、ブルーノートの名曲と共に次々と展開されるのが小気味よいです。

映画はロバート・グラスパーを中心とする若手アーティスト達で結成されたスーパー・グループ、ブルーノート・オールスターズのスタジオセッションの模様からスタート。このロバート・グラスパーのセッションにハービー・ハンコックとウェイン・ショーターという2人のレジェンドが参加するのですが、現代のアーティストにもブルーノートの精神が受け継がれているということが十分伝わってきます。

この他、ウェイン・ショーターがマイルスのモノマネをしながら彼について語ったり(これが結構似てて笑えます)、A Tribe Called Questのアリがジャズがヒップホップに与えた影響を語ったりと見所満載、ラストにコルトレーンの「Moment’s Notice」が流れるのも印象的でした。繰り返しになりますがジャズ好きなら必ず楽しめます。 とはいえ上演後、男女で来ていた方が女性に「よく寝てたねー」と言っていたところをみると、ジャズのドキュメンタリー作品なので(ストーリーがある訳ではないので)、ジャズのことを全く知らないと正直苦痛だろうな(笑)とも思いました。カップルで行くには要検討かもしれません(笑)。

さて、先日更新した番組「温故知新」はジョン・コルトレーン特集。ファラオ。サンダースによる「Moment’s Notice」も紹介していますので是非お聴きください。

それでは、今週もJJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「夜ジャズ.Net - Jordan Rakei」
9日18日 update
オーセンティックなジャズリスナー、クラブジャズ世代、そのどちらにもリンクする須永辰緒ナビゲート・選曲による番組。ゲストはロンドンを拠点に活動するオーストラリア出身のマルチ・プレイヤー、ジョーダン・ラカイ。ロンドンの最旬ポップ・シーンと、ネオ・ソウル・シーンとのハイブリッドと形容される独自のサウンドで注目されている彼が影響を受けたものとは?新世代のソウルミュージックともいえる彼の最新作について。音楽に対する真摯な姿勢を彼の生声を通して知ることができます。
新番組 「JAZZ CLOCK - for the DAY」
9日18日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。日が昇り沈むまでのアクティブなジャズセレクションをお楽しみ下さい。
市原ひかり、Alan Hampton、加藤真亜沙・・・。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
プレゼント [PRESENT]
Kiefer公演 10/14(月・祝)@ビルボードライブ東京 1st stageへ2組4名様ライブ招待!
ジャズ・ピアニスト、そしてビート・メイカーとしてLAを拠点に活動するキーファー。ロバート・グラスパーに続く次世代ジャズ・アーティストとして注目を集める中、アンダーソン・パークの楽曲にはプロデュースで参加するなど活動のフィールドを広げている。また、テラス・マーティンやマインド・デザイン(Mndsgn)のバンドメンバーとしても活躍。ビート・ミュージックのシーンをつなぎ、未来を紡ぐ彼のパフォーマンスは必見。
新宿PIT INNへリスナーご招待! [PRESENT]
新宿PIT INNへリスナーご招待!
東京のリアルなライブが楽しめるJAZZの老舗「新宿ピットイン」へ、JJazzリスナーをご招待する「Pit Inn Live Invitation」。今回は、9/25(水)「次ナルJAZZ問答」へ1組2名様をご招待。出演は、蜂谷真紀(Vo)松島啓之,類家心平(Tp)須川崇志(B)本田珠也(Ds)という強力なメンバー。たくさんのご応募お待ちしています。
トピック [NEWS]
インターネットラジオ局「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組がスタート!
KDDIとKKBOXの協業による音楽サブスクリプションサービス“うたパス”内のインターネットラジオステーション「BACK STAGE CAFE」にてJJazz.Netプロデュースの番組「Live J」がスタート。DJは昨年、菊地成孔さんプロデュースでデビューしたオーニソロジーの辻村泰彦さん。毎回スタジオから生放送、生ライブ!是非お聴きください。
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『Listeners / SCRIMSHIRE』
個人的に推しているサウスロンドンのジャズカルテット、THE EXPANSIONS 等がリリースする注目のUKレーベル”ALBERT’S FAVOURITES”の主宰者、ADAM SCRIMSHIREが多彩なゲストを迎え作り上げた新作。DJとしてもUKソウルやニュージャズシーンで活躍してきたということで、Patrick ForgeのスタイルやJazzanova的な雰囲気も。現代のニーナ・シモンとも言われるGEORGIA ANNE MULDROWや新世代のトランペッター、Emma-Jean Thackrayなどが参加していることもあり、クラブミュージックと交差するUKジャズの系譜を受け継ぎながらもしっかり現代のサウンドを聴かせてくれます。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『J-JAZZ VOL.2 - DEEP MODERN JAZZ FROM JAPAN 1969 -1983 / V.A.』
イギリスを代表する名門レーベルBBEより和ジャズにスポットを当てた逆輸入な強力コンピの第2弾『J-JAZZ VOL.2』がめでたく今月リリース。前回の第1弾からおよそ一年半ぶり。今回も60年代末から80年代前半までのセレクション。寺下誠、原信夫シャープ& フラッツ、山口真文、佐々木秀人・関根敏行、宮坂高史、松本 浩、松風紘一、ジョージ川口とビッグ・フォア、峰厚介、坂本輝、佐藤允彦、宮間利之、エレクトロ・キーボード・オーケストラ・・・一筋縄ではいかないセレクションです。和ジャズのスピリット溢れる充実した内容。CD・アナログでのリリース。是非チェックして下さい。解説はuniversoundsの尾川雄介さん。
「TOKYO JAZZ MAP」でO.A.中
CD 『Hand In Hand / Tatiana Parra & Vardan Ovsepian』
現代ブラジル音楽シーンを代表するシンガー、タチアナ・パーハと、アルメニア出身の奇才ピアニスト、ヴァルダン・オヴセピアン。二人がタッグを組んで2作目となる芸術性の高いデュオ作品。タチアナは何を歌ってもその巧さに驚きますが、ここまで彼女の素晴らしさを最大限に表現できるヴァルダンの楽曲、アレンジも圧巻です。親密だけど戦っているような場面もあり、誰にも真似できない超人プレイも。ヴァルダンの過去作品をいくつか聴くと、ヴォイスプレイヤーを輝かせることに長けてる人だという印象。その真骨頂でもある一枚だと思います。
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
CD 『A Love Requited / Myele Manzanza』
さりげない写真かもしれないが濃淡の配分やら配置やらがエレガントに計算されたこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved