記事履歴

 
 
【Vol.839】須永辰緒「夜ジャズ.Net」ゲストは2000年代伝説のユニット、テリー&フランシスコ / 「Jazz Clock - for the DAY」更新 / LIVE Jイベント決定! / 高澤綾が初めて触れたジャズ
  • 発行日 2020-02-20
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2020年02月20日 Vol.839
こんにちはJJazz.Netです。
2月も後半へ。東京の日中はポカポカ陽気で「もう春なのかな?」と戸惑う日が多いです。そして”アレ”、花粉がもう飛び始めてて辛いです。花粉症の皆さん今年も共に闘いましょう!

最近の私はハービー・ハンコックを掘っていて、70年代前半のアフロな作品や70年代後半から80年代のロン・カーター、トニー・ウィリアムスとのトリオ作品はむしろ今っぽいサウンドだなと色々気づきが多いです。やっぱりハービーって革新的でジャズの歴史の中でも凄いミュージシャンなんですね。

さてそんなハービー・ハンコックもインタビュー出演している、マイルス・デイビスのドキュメンタリー映画『Miles Davis: Birth Of The Cool』の新たな映像が公開(YouTube)されました。
この作品については以前もこのメールマガジンで紹介しましたが、ハービーの他、ロン・カーターやカルロス・サンタナなどマイルスの影響を受けたアーティストたちのインタビューと共にマイルス・デイビスという人間に迫ったドキュメンタリー。

日本での公開は未定ですが、この映画のサウンドトラック『マイルス・デイビス:バース・オブ・ザ・クール』が日本で2/19に発売されたばかり!海外では2/21に発売となります! SavoyやBlue Note、Prestigeなどレーベルの枠を超えたベストヒッツで、マイルスの未発表音源をもとに新たにレコーディングされた新曲「Hail To The Real Chief」(YouTube)1曲が収録されています(ジョン・スコフィールドやマーカス・ミラーが参加)。

興味深いのは、曲間にハービー・ハンコックやクインシー・ジョーンズ、カルロス・サンタナ、元妻のフランシス等々、マイルスと接点があった関係者たちによる音声が挿入されてるところ。
本日時点(2/20)ではサブスク解禁されていないので、どういう感じなのか分かりませんが、マイルス好きには非常に気になるサントラ、そしてドキュメンタリー映画です。

さて今週も新しい番組が更新されています。JJazz.Netでジャズをお楽しみください。

TEXT:岡村サトキ

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「夜ジャズ.Net - テリー&フランシスコ」
2日20日 update
オーセンティックなジャズ、そしてクラブミュージックをミックスしてお送りしている須永辰緒ナビゲート・選曲による番組。ゲストは2006年のデビュー当時、シティポップや70年代のウエストコースト・サウンドを感じさせる音楽性で一部の音楽ファンの間で絶大に支持されたテリー&フランシスコ。伝説と言われた彼らの貴重なインタビューです。
新番組 「JAZZ CLOCK - for the DAY」
2日20日 update
移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある。日が昇り沈むまでのアクティブなジャズセレクションをお楽しみ下さい。
NHORHM、Alexandre Andres、後藤浩二・・・。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
トピック [NEWS]
「Live J スペシャルライブ決定!2/28(金)」
KDDIとKKBOXの協業による音楽サブスクリプションサービス“うたパス”内のインターネットラジオステーション「BACK STAGE CAFE」にて、オーニソロジーの辻村泰彦が毎回生放送でお送りしているJJazz.Netプロデュースの番組「Live J supported by CASIO」。2/28(金)はスタジオ併設のカフェに坪口昌恭(p)、宮嶋洋輔(g)を迎えスペシャルセッションを行います!観覧無料ですので是非足をお運びください。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらうコンテンツ。今回はトランペット奏者、高澤綾さんのMy First Jazz。「ジャズのトランペットはなんだか音もかすれていてよくわからないなぁ、、、となかなかピンとこなかったのですが、この一曲を聴いてジャズのイメージが一新。」
新宿PIT INNへリスナーご招待! [PRESENT]
新宿PIT INNへリスナーご招待!
東京のリアルなライブが楽しめるJAZZの老舗「新宿ピットイン」へ、JJazzリスナーをご招待する「Pit Inn Live Invitation」。今回はピアニストでありトラックメイカーとしても活動するAaron Choulaiと、サックス奏者吉本章紘による、ジャズバンドとビートメイカーのコラボイベントへのご招待です。
トピック [NEWS]
2020年CASIO電子楽器40周年!
2020年、CASIO電子楽器が40周年を迎えます。それに伴い40周年記念スペシャルサイトがオープン。CASIO電子楽器の歴史や楽器の特徴などが紹介されています。今後ジャズ周辺のミュージシャンによるアニバーサリーコメントが随時掲載されていきます。その他、これから1年間に渡り様々なコンテンツが登場するこのスペシャルサイト、是非チェックしてください!
トピック [NEWS]
JJazz.Netで告知、PRしませんか?
リリース情報やライブのPR、告知をJJazz.Netでしませんか?レーベルさんやプロモーターさん、ミュージシャンの方々に問い合わせいただくことが多い為、比較的廉価なPRメニューをご用意しました。新しいジャズ情報は意外と得られないもの。まずはジャズファンのみなさんに知ってもらう。そんなPRのご協力をいたします。お店情報やスポット情報など、個人店さんも是非ご活用ください。よく聴いているJJazz.Netの番組の中でも紹介できます!
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『another town / n'sawa-saraca』
ピアニストの唐沢 寧によるジャズプロジェクト、n'sawa-saraca。タイトなドラムやループ感が心地よいです。グラデーション的に展開するエレピやサックスの抑制された洗練さも好み。深夜のドライブやBGMに最高だと思います。番組で紹介している「another town」はヴォイスもコラージュされた、まさに夜ジャズ的な1曲です。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『 New Heritage Of Real Heavy Metal II / NHORHM』
ピアニスト西山瞳がヘヴィメタルの楽曲をピアノトリオでカヴァーするプロジェクトNHORHM。ヘヴィメタルが持つエネルギー・エモ-ショナルな要素が華麗に再構築。番組ではHelloween「All Over the Nations」を紹介しています。ちなみに西山さんはMikikiで連載【西山瞳の鋼鉄のジャズ女】執筆中。Mikiki内の記事アクセス・ランキングではなんと首位を獲得されているそうですよ。凄い!(今月紹介していたVenom Prisonというバンド。よかったです)NHORHMはツアー(4/30甲府、5/1名古屋、5/2大阪)も決定しているようです。気になった方は是非チェックを。
「Jazz Clock - for the DAY」でO.A.中
CD 『Wonderbloom / Becca Stevens』
ベッカ・スティーヴンスの最新作。前作「レジーナ」で新しい局面を迎えた彼女が、更にクリエイティブなサウンドを求めアップデート。スナーキー・パピー等のプロダクションに携わるニック・ハードとの共同プロデュース。ベッカのメロディメイク、コーラスワークは相変わらず素晴らしく、今回はプログラミングも加わり鮮やかで華やかな進化を遂げています。ここ数年の人脈が集結したような超豪華なアーティスト達が参加し、多彩でパワフルな一枚に仕上がりに。亜熱帯雨林地域にて数年に一度、二日程度しか咲かない巨体花からインスパイアされた「Wonderbloom」というタイトル。強さと儚さという意味合いがこの作品を導いているようです。来日公演も決定!3/9、3/10、ブルーノートにて!これは聴かなくては。
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
CD 『夜霧 / ウワノソラ』
風刺画というわけではないが俳句に対して川柳のようなこの絵画はなんと呼べば良いのだろう。お〜なるほどね〜おもしろ〜いと顔を綻ばせる魅力があるこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「夜ジャズ.Net」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved