記事履歴

 
 
【Vol.778】アントニオ・カルロス・ジョビン特集 / 注目の若手ピアニスト 魚返明未トリオライブ音源 / 新宿PIT INNへご招待⇒ピアニスト西山瞳ライブ
  • 発行日 2018-11-15
うまく表示されない方はこちら
JJazz.Net メールマガジン facebook twitter
2018年11月15日 Vol.778
こんにちはJJazz.Netです。

サックス奏者、片山広明さんピアニスト、佐山雅弘さんの連日の訃報。片山さんも佐山さんも最近まで作品をリリースをされていただけに驚きました。JJazzでも片山さんの『Happy Hour』や佐山さんのピアノトリオ『B'Ridge』など、近作のエネルギッシュな演奏を聴いていただけに誠に残念です・・・。ご冥福をお祈り致します。

最近、我が家では子供に水木しげるの「のんのんばあとオレ」を読み聞かせるのが日課だったのですが、昨晩読みおえました。水木しげるが境港で過ごした幼少期を描いた自伝漫画なのですが、印象的だったのがラストで小6の水木少年が、父に「母は進学進学というが勉強で生きていくんじゃなくて、絵を描いて生きていきたい」好きなことをやりたいんだ!と打ち明けるシーン。父はそんなしげる少年の目標を認めそっと後押ししてくれるわけですが、この話しに繋がる前段の流れも含めてのとてもいい内容なので興味を持った方はご一読おススメします。ちなみに現在小1息子の感想は「いろんな妖怪がでてきて面白かった~」でした(笑)とにかく、好きなことやり続けて人生を全うするというのは偉大だなと改めて感じた今週でした。

さて、今週のJJazz.Netは2番組が更新。「Jazz Today」では今注目のピアノトリオ「魚返明未トリオ」のライブを紹介。エモーショナルで素晴らしい内容なので是非チェックして下さい。そして「温故知新」ではボサノヴァ誕生60周年を記念したA.C.Jobimのスタンダード特集。ちなみにボサ・ノヴァといえば、今月はいよいよ纐纈歩美のボサノヴァアルバム「O Pato」発売記念ライブが、26日(月)NAGOYA Blue Note、29日(木)Motion Blue YOKOHAMAで開催されます。それから22日には、TAXI SAUDADEの豪華なスペシャルライブがサラヴァ東京にて行われます。どちらもおススメのライブです。

TEXT:弘島憲

西原商会
NEW PROGRAM毎週水曜日に更新される番組のテーマとコンセプトをいち早くお届け!
新番組 「温故知新 - 霜月 - dedicated to Antonio Carlos Jobim -」
11月14日 update
世代を超え愛されてきたヴィンテージジャズ。 ジャズ・スタンダード・ナンバーの数々をお送りします。今回は、ボサノバを創った人物の一人、アントニオ・カルロス・ジョビン特集。ジャズに影響を受けたハーモニー、囁くようなソフトな歌声、ポルトガル語が紡ぎだす軽快なリズムを伴った美しいメロディー。年月をかけ受け継がれる音の響き・・・そんな深みを楽しむ贅沢な時間をお過ごし下さい。
新番組 「Jazz Today – 魚返明未Trio LIVE」
11月14日 update
進化するジャズの姿を、リアルに体験する、Jazz Today。拡張し混在するジャズのイメージをとらえる、ライブシリーズです。今回は今注目の若手ピアニスト、魚返明未(おがえり・あみ)のLIVEをご紹介。東京藝術大学作曲科在籍時より活躍。ジャズや現代音楽、映画音楽の作曲、編曲なども行う多才さ、そしてチック・コリアを彷彿とさせる美しい旋律とアグレッシブな演奏が魅力な気鋭のジャズ・ピアニストです。お送りするのは同世代のドラマー、石若駿、ベーシスト、楠井五月とのトリオによるライブです。
TOPICプレゼント企画、ライブ情報、アーティストコメントなどなど新着情報!
新宿PIT INNへリスナーご招待! [PRESENT]
新宿PIT INNへリスナーご招待!
東京のリアルなライブが楽しめるJAZZの老舗「新宿ピットイン」へ、JJazzリスナーのみなさまをご招待する「Pit Inn Live Invitation」。今回はピアニスト西山瞳によるへヴィメタル楽曲カバープロジェクト「NHORHM」へのライブへご招待です!先月にはNHORHMの3rdアルバムもリリースし、このプロジェクトは一旦完結ということで、その集大成ともいえる今回のライブ。是非お見逃し無く!
トピック [NEWS]
J-Squad JAPANツアー決定!
ニューヨーク・ジャズ界の最前線で活躍する若手日本人ミュージシャンで結成されたスペシャル・ユニットJ-Squadが、2018年10月に待望の2ndアルバム「J-SquadⅡ」をリリースし、1年半ぶりとなる全国ツアーが決定。 テレビ朝日系「報道ステーション」のオープニング・テーマも担当している彼らの白熱のライヴ・パフォーマンス。とにかく多忙な精鋭が集まるこのユニット、お近くにお越しの際は是非!
トピック [NEWS]
『バスキア、10代最後のとき』12月22日(土)より全国順次公開
ジャン=ミシェル・バスキア没後30年記念製作ドキュメンタリー映画『バスキア、10代最後のとき』が12月22日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA ほかで全国順次公開。 マイルス・デイヴィスやチャーリー・パーカーに親近感を覚えるなどJAZZ好きだったバスキア。NY70年代後半~80年代前半にかけての経済、音楽、アートシーンが濃く描かれ、いかにしてバスキアが有名になっていったかを描いたこの作品。いろんな側面から楽しめそうです。この機会に是非劇場でお楽しみください。
My First Jazz [NEWS]
初めてジャズに触れた1枚「My First Jazz」
ミュージシャンはもちろん、プロデューサー、ライターなど様々な方にジャズに触れた1枚を語ってもらう新コンテンツ。今回は菊地成孔さんのプロデュースで今年メジャーデビューを果たした市川愛さんの「My First Jazz」。
[NEWS]
Barbara Morrison GINZA Jazz and Blues Festival
今なお精力的に活動を続け衰えること知らない伝説のジャズ - ブルース・シンガー、バーバラ・モリソンの来日公演が決定!LAで活躍中の日本人ギタリスト大岡遊をバンドリーダーに、LAでのセッションそのままにお届け。また東京とマニラで活躍する女性ジャズ・ヴォーカリスト、Charitoをゲストシンガーに迎えスペシャルなステージでお送りします。
RECOMMEND CDスタッフおすすめCD
CD 『The Stone Skipper / Shai Maestro』
ECMからの新作(!!)を引っさげての日本公演を終えたばかりのシャイ。今や”イスラエル・ジャズ・シーンを牽引する”や”アヴィシャイ・コーエンやマーク・ジュリアナとの共演”といった紹介も必要のないほど目覚ましい活躍です。このアルバムは一つ前の作品。新作はマンフレート・アイヒャーがプロデュースを手がけ、ECMらしい静謐さを感じられる内容で素晴らしいのですが、この『The Stone Skipper』は電子楽器やヴォーカル、SEなども取り入れ、タイトな質感も持つ現代的なサウンドです。JJazz.Netで以前行ったインタビューも是非どうぞ。
「Jazz Clock - for the NIGHT」でO.A.中
CD 『Mercurius / 遠藤定』
横浜にある日本最古のジャズ喫茶「ちぐさ」が主催する若手の登竜門コンテスト「ちぐさ賞」受賞の経歴を持つ若手ベーシスト、遠藤定のセカンドアルバム。 ピアノトリオを基盤にぐいぐいとダイナミックにグルーブしていくプレイスタイルは爽快な印象。 低域の鳴りにぐっと焦点を絞った楽曲構成。フルート+トロンボーンという珍しい二管によるホーンアレンジも新鮮に聴こえます。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『Solo Guitar / 井上銘』
次世代ジャズシーンを牽引するギターヒーロー、井上銘。バンドSTEREO CHAMPのセカンドアルバム『MONO LIGHT』と同時リリースのソロ作品。バンド活動と並行して4年間続けてきたソロギターライブの集大成とも言え、アコースティックギター1本で奏でるリラックスしたムードに心がみるみるほぐれます。ジャズ、ボサノバ、ブルースなどボーダレスな選曲で、すぐ近くで演奏してくれているようなインティメイトな世界観。ライフワークとしてずっと続けていってほしいですね。
「PICK UP」でO.A.中
CD 『For The Moment / Bob Mintzer Big Band』
ブラジリアンビートにノッて激しく踊るダンサーが情熱的な色使いとタッチで描かれたこのジャケットが今週一番のお気に入り!
「温故知新」でO.A.中
JJazz.Net へのご意見・ご要望はclub@jjazz.net へ。
◇メールマガジンの登録・解除はこちら
◇メールアドレス及び登録内容の変更はこちら
SESSION: MUSIC & LIFESTYLE  https://www.jjazz.net/ Copyright SYNERGY,INC. All Rights Reserved